Counter
Yesterday 
Today 
QRcode
2018/09/30 23:59
WindEurope Summit 2018 / WindEnergy Hamburgの報告

(↑写真はクリックすると拡大)

2018年9月25~30日にドイツのHamburgで風力発電の国際会議と展示会が開催されました。
国際会議はWindEuropeが主催、展示会はHamburg Messe主催で、前回2年前から併催になっています。

展示会は、出展1482社(40ヶ国)・来場者3.5万人(100ヶ国)。体育館9棟分・約8万m2です。
参考:東京のWindExpo2017は 出展1378社・来場者6.2万人(但し太陽光等も含む)。
日本からの出展は福島県のみ。
JWPAはHamburg MesseとLOIを締結しており、その割引を利用して約30人が参加しました。
展示場の外にはオランダLagerwey社の自己昇降式クレーンが実物展示されていました。
http://log.jwpa.jp/content/0000289532.html

国際会議は、参加者は500人程度(内日本人は10数人)。
昨年のAmsterdamと同規模、2年前よりは小規模でした。
主なテーマは、IT技術活用による風車の信頼性と発電量の向上(Digitalization)でした。
ドローンやヘリコプター(エアバス社)の活用も多数提案されています。
JWPAは9月28日14時のOffshore wind:Outside Europe Sessionで日本の状況を発表しました。

なお展示会に合わせて、各社から以下の発表が行われました。

MVOW: V164の10MWへのUpgrade
http://www.mhivestasoffshore.com/mhi-vestas-launches-the-first-10-mw-wind-turbine-in-history/

GE: 分割翼(twi-piece blade)採用の陸用の新5MW級風車Cypress
https://www.genewsroom.com/press-releases/ge-renewable-energy-launches-cypress-onshore-wind-platform-designed-grow-adapt-thrive

SGRE: エネルギー貯蔵(蓄熱)実証
https://www.siemensgamesa.com/en-int/newsroom/2018/09/20180926-sgre-storage-hamburg-etes

WindEurope: 将来予測の新報告書 Breaking the new ground を発表
https://windeurope.org/wp-content/uploads/files/about-wind/reports/WindEurope-breaking-new-ground.pdf
 2030年に陸上風力は110万ユーロ/MW(14.3万円/kW,30%減)、洋上風力は220万ユーロ/MW(28.5万円/kW,23%減)へ。

GWEC: 洋上風力Task Forceを発足
http://gwec.net/gwec-creates-taskforce-to-accelerate-global-offshore-wind-deployment/


【関連報道】
業界紙のWindpower Monthlyが開催中(25~27日)の様子をレポートしています。
(タイトルをCopy&PasteしてGoogle検索して再表示すると読めます。)
https://www.windpowermonthly.com/article/1493844/windenergy-hamburg-day-one-briefing
https://www.windpowermonthly.com/article/1494026/windenergy-hamburg-day-two-briefing
https://www.windpowermonthly.com/article/1494152/windenergy-hamburg-day-three-briefing
https://www.windpowermonthly.com/article/1497113/reflections-windenergy-hamburg-2018


【入手資料】
以下の資料を現地で入手しました。閲覧希望者はJWPA事務所に申し出てください。

WindEuropeの報告書
・Breaking new ground, P55(P55に2050年までのCAPEX低減カーブ)
https://windeurope.org/wp-content/uploads/files/about-wind/reports/WindEurope-breaking-new-ground.pdf
・Driving cost reductions in offshore wind、2017/11/27、P71(P26・27にJackup船運用法)
https://windeurope.org/about-wind/reports/driving-cost-reductions-offshore-wind/
・LCOE reduction for the next generation offshore wind turbines 2017/10 P100
https://windeurope.org/confex2017/networking/lcoe-reduction/
・Offshore Wind in Europe、key trends and statistics 2017 P38
https://windeurope.org/wp-content/uploads/files/about-wind/statistics/WindEurope-Annual-Offshore-Statistics-2017.pdf
・Wind energy in Europe: Outlook to 2022 P41
http://eletaen.gr/wp-content/uploads/2018/09/2018-09-12-wind-energy-in-europe-outlook-to-2022.pdf

ドイツ風力協会(BWA)の報告書
・Wind Industry in Germany 2018 P225

La Tene Maps社の地図
・欧州の洋上風力発電所
・バルト海の洋上風力発電所
・欧州の陸上風力発電所

2018/09/21 09:39
ハンブルグ展示会のJWPA優待入場券について
JWPAメールマガジン等で紹介していた首記のJWPA会員向けの優待入場券は、
9月19日夜からご連絡いただいていた方々にメール連絡しています。
もしまだ連絡が届いていない方があれば、JWPA事務局上田まで連絡ください。

注:JWPAはハンブルグ展示会事務局とLOIを締結しているので優待あり。
  但しこれは展示会のみ有効で、WindEuropeの論文発表聴講は別料金です。

2018/09/06 23:00
日本企業が相次いで欧州洋上風力への参画を発表
8・9月に日本企業4社が洋上風力で4件のプレス発表をしています。
1と2は着床式の開発案件への出資、3と4は将来の浮体式洋上風力開発での協力表明です。
洋上風力開発は規模が大きく、特に欧州の着床式は産業的にも成熟しているので、
大手の電力会社、石油会社、商社から見ても魅力的な事業になっています。

1.英国Triton Knoll洋上風力発電事業への参画について 8月13日 電源開発、関西電力
http://www.jpower.co.jp/news_release/2018/08/news180813.html
http://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2018/0813_1j.html
関連:子会社の増資(特定子会社化)に関するお知らせ 9月6日 電源開発
   http://www.jpower.co.jp/news_release/2018/09/news180906_2.html
サイト情報:
 英国33km沖。MVOW V164 9.5MW×90台=860MW、水深10~18m、モノパイル基礎
 投資総額20億ポンド(2900億円)、現在建設中。
 https://www.4coffshore.com/windfarms/triton-knoll-united-kingdom-uk30.html

2.ベルギーにおける洋上風力発電事業(ノースウェスタ―2)への事業参画について
 8月27日 住友商事
https://www.sumitomocorp.com/ja/jp/news/release/2018/group/10610
参考:欧州における数々の洋上風力発電プロジェクトに参画 ドイツ/ベルギー/英国
   https://www.sumitomocorp.com/ja/jp/business/case/group/wind-power
サイト情報:
 ベルギー46km沖。MVOW V164 9.5MW×23台=224MW、水深25~40m、モノパイル基礎
 投資総額10億ユーロ(1290億円)、現在建設中。
 https://www.4coffshore.com/windfarms/northwester-2-be-be12.html

3.世界初!石油ガス生産設備での洋上風力発電による電力確保事業計画に参加します
 8月29日 出光興産
http://www.idemitsu.co.jp/company/news/2018/180829.html
サイト情報:
 ノルウェーのEquinor(旧Ststoil)のHywind Tampen計画。
 SGRE 8MW×11台=88MW、スパー型浮体
 同国沖135km。投資額50億クローネ(670億円)。計画段階で投資決定は2019年。
 https://www.4coffshore.com/windfarms/hywind-tampen-norway-no57.html

4.仏エンジー社と幅広い協業に向けた覚書を締結 
~日本での浮体式洋上風力発電を共同で検討~ 9月6日 電源開発
http://www.jpower.co.jp/news_release/2018/09/news180906.html
参考:欧州のサイト情報(注:発表の対象は日本)
 Engie社はWindFloat Atlantic計画の参加企業の1社(三菱商事や千代田化工も参加中)
 ポルトガル20km沖。V164 8.4MW×3台=25MW、水深85~100m、セミサブ浮体
 投資額1.25億ユーロ(161億円)、現在は浮体の建造を開始。
 https://www.4coffshore.com/news/contracts-on-windfloat-atlantic-(wfa)-pt03.html

2018/09/04 16:32
「風力発電導入拡大セミナー」のご案内
風力発電推進市町村全国協議会(全協)と日本風力発電協会(JWPA)は
共同でセミナーを下記日程にて開催することといたしました。
つきましては、多数の方々のご参加をお待ちしておりますので、よろしくお願い申し上げます。

1.開催日時:平成30年 9月26日(水)、27日(木)、28日(金)
       各日3回開催;11:00~11:45、13:00~13:45、15:15~16:00

2.開催場所:インテックス大阪 3号館 
        「第2回関西風力発電展」会場内特設セミナー会場
(住 所 大阪府大阪市住之江区南港北1-5-102)

3.内容:添付開催案内参照願います
http://jwpa.jp/pdf/20180926_semina.pdf

4.定員:各回50名

5.参加費:無料

6.申込方法:本セミナーは申込不要です