Counter
Yesterday 
Today 
QRcode
2018/08/28 17:45
風力発電設備の安全性の確認・確保について(対応のお願い)
平素より弊協会の活動にご協力、ご支援を賜り誠にありがたく、心より御礼申し上げます。

さて、去る8月24日に兵庫県淡路市北淡震災記念公園内に設置されていた風車の倒壊事故が確認されました。事故原因などの究明はこれからなされるものと思われます。
一方で昨日、この事故発生を踏まえて経済産業省産業保安グループ電力安全課長及び資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部新エネルギー課長の連名により、風力発電設備設置者各位に宛てて、指示文書が発出されたことは、既に弊協会ホームページでもお知らせした通りです。

※経済産業省ホームページ
・平成30年8月24日に兵庫県内で発生した風力発電設備の倒壊事故を踏まえた指示について(8月27日)
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2018/08/300827.html
・指示書(平成30年8月27日付)
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2018/08/300827.pdf

※弊協会ホームページ
・風力発電設備の倒壊事故を踏まえた指示について(8月27日)
 http://log.jwpa.jp/content/0000289614.html

風力発電設備の安全確保は最優先の事項であることに鑑み、改めて弊協会としましても、以下の通り会員各位への周知を徹底し、安全の確認・確保へのご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

○周知文書
1.「風力発電設備の安全性の確認・確保について」
http://jwpa.jp/pdf/20180828_JWPA_notice.pdf
2.「経済産業省指示文書」
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2018/08/300827.pdf

なお、会員以外で風力発電設備をご所持の方々に置かれましても、安全の確認・確保に十分な注意を願いたく、宜しくご高配をお願いいたします。

【ご参考】

大型風車を持つ自治体組織「風力発電推進市町村全国協議会(全協)」も同様に注意喚起を呼びかけています。

所有風力発電設備等の点検及び管理の徹底について 8月27日 全協事務局
http://jwpa.jp/pdf/20180827_Zenkyo_notice.pdf

2018/08/27 21:17
風力発電設備の倒壊事故を踏まえた指示について
8月24日に兵庫県淡路市で発生した風車倒壊事故を受けて、
経済産業省から風車設置者に対して以下の指示が出ています。(9月18日に追加指示)

平成30年8月24日に兵庫県内で発生した風力発電設備の倒壊事故を踏まえた指示について
8月27日 経済産業省 電力安全課長・新エネルギー課長
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2018/08/300827.html

平成30年8月24日に兵庫県内で発生した風力発電設備の倒壊事故を踏まえた追加の指示について
9月18日 経済産業省 電力安全課長・新エネルギー課長
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2018/09/300918.html

平成30年8月24日に兵庫県内で発生した風力発電設備の倒壊事故を踏まえ、以下のとおり指示する。

1.風力発電設備について、改めて技術基準への適合性を確認し、技術基準への不適合のおそれがある場合には必要な処置を行うとともに、速やかに産業保安監督部に報告すること。

2.台風の接近等による影響が見込まれる場合には、安全対策に万全を期すこと。必要に応じて、停電時においてもヨー制御が可能となるような予備電源の設置や、万一風車が倒壊した場合に備えた周辺への人の立入りを防止するような措置等の対策を講じること。

3.日常点検や定期点検の際に設備全体の健全性を確認すること。特に基礎と支持物の接合部及び基礎の構造について設計図とも照らし合わせ、健全性を確認すること。
また、運転開始から10年以上経過した風力発電設備については、特に慎重に確認すること。

4.設置している風力発電設備の設計図書等を確認し、基礎の構造が(追加指示の)別紙の図1、図2、図3及びその他のいずれに該当するかを、各産業保安監督部まで、速やかに報告すること。その際、風力発電設備所名、基数、機種、連絡先を合わせて報告すること。


補足説明:

なお、一部の報道で「基礎が小さすぎる」旨のコメントがありますが、誤解です。
TV・新聞等の写真に写っているのは、基礎の一部(ペデスタル)です。

風車の基礎は断面で見ると凸型をしており、その上の突起部分が折れた状態です。
折損部の下には、より大きなフーチング基礎が地面の中に埋っています。
(「風車」「基礎」でGoogle検索すると、典型的な写真や図面が見つかると思います。)

2018/08/26 23:59
英国・ポルトガル・日本・ノルウェー・米国で浮体式洋上風力発電の計画が進行中

これまで日本(NEDO、北九州)とフランス(Floatgen)の浮体式洋上風力を紹介しました。
 http://log.jwpa.jp/content/0000289611.html
 http://log.jwpa.jp/content/0000289593.html

さらに最近、英国、ポルトガル、日本(長崎五島)、ノルウェー、米国でも、浮体式洋上風力開発が具体化しています。
2年以内にさらに10台以上の浮体式洋上風車が運転を始めることになりそうです。

英文のまとめ記事
How to Commercialise Floating Offshore Wind?、2018年10月17日 Offshorewind Biz
https://www.offshorewind.biz/2018/10/17/how-to-commercialise-floating-offshore-wind/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+OffshoreWindNews+%28Offshore+Wind+%C2%BB+News%29

1. 英国 Scotland の Kincardine Offshore Wind Farm 【1台目が出港】
 (Aberdeen沖15km、2018-19年に運開予定、WindFloatセミサブ浮体、2MW×6台+8.4MW×1台=20.4MW)

※英国スコットランドDundee港から浮体式洋上風車の1台目(V80 2MW)が出航
WATCH: Kincardine Offshore Wind Farm pulled into North Sea(含むニュース動画)
8月17、24日 Offshorewind Biz 、Energy Voice、
https://www.offshorewind.biz/2018/08/17/first-kincardine-floating-wind-turbine-sets-off/
https://www.energyvoice.com/video-2/179440/watch-kincardine-offshore-wind-farm-pulled-into-north-sea/
サイト情報:Kincardine Offshore Wind Farm
https://www.4coffshore.com/windfarms/kincardine-offshore-windfarm-project-united-kingdom-uk2h.html


2. 米Principle Power社がポルトガルで WindFloat Atlantic計画【浮体の建造開始】
 (ポルトガル北部のViana do Casteloの約20km、2019年下半期に運開予定。
  WindFloatセミサブ浮体でV164 8.4MW×3台=25.2MW)

※Windfloat Atlantic浮体式洋上風力向けにスペインNavantia社が浮体を建造
Navantia Building Windfloat Atlantic Floating Foundation 8月6日 Offshorewind Biz
https://www.offshorewind.biz/2018/08/01/navantia-building-windfloat-atlantic-floating-foundation/
サイト情報:Windfloat Atlantic(WFA)
https://www.4coffshore.com/windfarms/windfloat-atlantic-(wfa)-portugal-pt03.html
出典:Construction of WindFloats to supply WindPlus’ WindFloat Atlantic project begins in Portugal and Spain 8月6日 WindFloat/Principle Power 発表
http://www.principlepowerinc.com/en/news-press/press-archive/2018/08/06/construction-of-windfloats-to-supply-windplus-windfloat-atlantic-project-begins-in-portugal-and-spain

※三菱VestasがV164供給を発表
MHI Vestas to supply turbines for WindFloat Atlantic Floating Offshore Wind、9月10日 WE
https://www.windpowerengineering.com/business-news-projects/mhi-vestas-to-supply-turbines-for-windfloat-atlantic-floating-offshore-wind/

※係留策はFirst Subsea社が担当。
(注:欧州は係留策は3本/浮体。日本では6~9本に冗長化しています。)
First Subsea supplies platform mooring connectors for Windfloat Atlantic Project、9月24日 WPE
https://www.windpowerengineering.com/construction/first-subsea-supplies-platform-mooring-connectors-for-windfloat-atlantic-project/

WindFloat Atlanticには、日本の三菱商事と千代田化工も出資。電源開発も間接的に参加。

ポルトガル共和国における浮体式洋上風力発電事業に参画 2015年11月17日 三菱商事発表
https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2015/html/0000028943.html

仏エンジー社と幅広い協業に向けた覚書を締結
~日本での浮体式洋上風力発電を共同で検討~ 2018年9月6日 電源開発発表
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP489851_W8A900C1000000/
参考:仏EngieのOffshore wind power(浮体式ではWindFloat Atlanticと仏案件に参加)
   https://www.engie.com/en/businesses/electricity/offshore-wind-power/


3.日本の長崎県五島列島の戸田建設の計画【環境アセスが間もなく完了】

五島市沖洋上風力発電(長崎県)環境アセス書の縦覧開始 9月5日 日刊建設工業新聞
http://nikkankensetsukogyo2.blogspot.com/2018/09/blog-post_64.html
・コンクリ製スパー型浮体で、日立の2.1MW×8台+5.2MW×1台=22MW
・環境アセスの評価書縦覧が、2018年9月4日~10月4日
・2018年10~11月から係留設備や浮体の設置、受変電設備工事、浮体の浜出しと海上運搬
・2019年1月から海底ケーブルを敷設、2021年4月頃の運開を見込む。


4.ノルウェーの Equinor社のHywind Tampen計画【検討中で建設は未着手】
 (スパー型浮体、8MW×11台=88MW。 2019年に最終の投資決定。日本の出光興産も参加。
  SnorreとGullfaksの海上油田5施設に35%分の電力を供給予定。)

エクイノールや出光、ノルウェーに洋上風力 油田の電力に 8月29日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34736160Z20C18A8TJ2000/

Equinor、N.Sea油田に動力を与える浮動風力タービンを探る 8月28日 World Energy News
http://ja.worldenergynews.com/news/equinor%E3%80%81n-sea%E6%B2%B9%E7%94%B0%E3%81%AB%E5%8B%95%E5%8A%9B%E3%82%92%E4%B8%8E%E3%81%88%E3%82%8B%E6%B5%AE%E5%8B%95%E9%A2%A8%E5%8A%9B%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%82%8B-261444

※Equinor(旧Stadtoil)が北海石油採掘施設に浮体式洋上風力で電力供給へ。
Equinor explores floating wind turbines to power N.Sea oilfields 8月28日 ロイター
https://af.reuters.com/article/africaTech/idAFL8N1VJ0K1
出典:Wind farm being considered at Snorre and Gullfaks、8月28日 Equinor発表
 https://www.equinor.com/en/news/27aug2018-hywind-tampen.html
世界初!石油ガス生産設備での洋上風力発電による電力確保事業計画に参加します
 8月29日 出光興産発表
 http://www.idemitsu.co.jp/company/news/2018/180829.html

Equinorはこのプロジェクトには政府の50%補助が必要だと言っています。
なお前回の Hywind Scotland(30MW)では、英国のRenewable Obligation Certificate
(ROC)で費用の約2/3の165.27ポンド/ MWh(23.7円/kWh)の補助を受けているそうです。

Floating wind set for deep cost cuts, high subsidies、9月5日 Montel News
https://www.montelnews.com/en/story/floating-wind-set-for-deep-cost-cuts-high-subsidies/931793



5.ノルウェーのエネルギー石油大臣が浮体式洋上実証サイト2か所を選定【海域選定】

Norway opens up to offshore wind – plans floating projects to help industry
8月16日 Energy Market Price
https://www.energymarketprice.com/energy-news/norway-opens-up-to-offshore-wind-%E2%80%93-plans-floating-projects-to-help-industry

追記:
この内の片方は元Siemens CTOのStiegel氏のTetrastar計画です。
※元Siemens CTOのStiesdal氏のTetraSpar浮体式風車がInnogyとShellの支援を受けてノルウェーで実証試験へ
 (2019年にノルウェー沖。SGREの3.6MWギアレス風車を搭載予定)
 Innogy and Shell Back Stiesdal’s TetraSpar Concept、10月5日 Offshorewind Biz
 https://www.offshorewind.biz/2018/10/05/innogy-and-shell-back-stiesdals-tetraspar-concept/


もう片方はノルウェーのSeaTwirl社の1MW垂直軸風車で、2020年にHaugesundで試験開始の予定。
 Floating wind firm SeaTwirl lines up power buyer for 1-MW project、10月11日 Renewables Now
 https://www.renewablesnow.com/news/floating-wind-firm-seatwirl-lines-up-power-buyer-for-1-mw-project-629692/



6.米国カリフォルニア・ハワイでも徐々に交渉が進む【まだ構想段階】

カリフォルニア州は2045年までに電力の再生可能エネルギー100%化を提唱しています。
一方で海はすぐに深くなっているため、着床式洋上風力は適地が少ないです。
浮体式が期待されますが、同州沖は海軍の演習海域なので、許認可が問題でした。
最近、交渉が進みつつあるという英文記事が出ています。

※米国カリフォルニア沖の浮体式洋上風力開発は、海軍と漁民との交渉が進みつつある
Navy now considering plans for ocean wind farms — and Morro Bay is a top prospect
2018年9月3日 SanLuis Tribune
https://www.sanluisobispo.com/latest-news/article217403980.html

A Floating Offshore Wind Farm Is Coming to California、2018年4月13日 News Deeply
https://www.newsdeeply.com/oceans/community/2018/04/13/a-floating-offshore-wind-farm-is-coming-to-california

※浮体式洋上コンソーシアム(Principal Power・EDPR・Aker等)がフンボルト湾海域賃貸を米海洋エネルギー管理局(BOEM)に申請
Northern California submits lease application for floating offshore wind、9月13日 WPE
https://www.windpowerengineering.com/business-news-projects/northern-california-submits-lease-application-for-floating-offshore-wind/

※ドイツのEnBW社が米国カリフォルニア沖の浮体式洋上風力開発に進出
EnBW takes its first steps in the North American market for offshore wind、6月11日 EnBW
https://www.enbw.com/company/press/press-releases/press-release-details_188032.html

同様に100%再生エネ化を狙っているハワイ州でも浮体式洋上風力が検討されています。

Hawaii Floating Offshore Wind、Alpha Wind Energy社、デンマーク State of Green
http://alphawind.dk/the-hawaii-offshore-projects/
https://stateofgreen.com/en/partners/alpha-wind-energy/solutions/hawaii-floating-offshore-wind/

Floating Offshore Wind in Hawaii: Potential for Jobs and Economic Impacts from Two Future Scenarios、NREL
https://www.nrel.gov/docs/fy16osti/65481.pdf

2018/08/23 23:00
米国エネルギー省(DOE)が2017年の風力年間報告書を発表

DOE 2017 Wind Market Reports Indicate Strong Wind Power Installation Trends and Falling Prices 2018年8月23日 DOE発表
https://www.energy.gov/articles/doe-2017-wind-market-reports-indicate-strong-wind-power-installation-trends-and-falling
https://www.energy.gov/eere/wind/downloads/2017-wind-technologies-market-report
https://www.energy.gov/sites/prod/files/2018/08/f54/2017_wind_technologies_market_report_8.15.18.v2.pdf

Key findings
・2017年の新規導入量は7017MW/年、投資額は年間110億ドル(1.23兆円)
・全米の年間電力需要の6.3%を供給。10%を越える州が14州、30%を超える州が4州ある。
・ロータ直径が急速に増大(2008年平均80m→2017年123mと10年間で約1.5倍)
 一方で平均定格出力は2.32MWと微増
 このため立地のClassⅢ化にもかかわらず、設備利用率は35%に上昇
・2017年に風車の機器代は800~950ドル/MW(8.9~10.6万円/kW)、
 建設費は1611ドル/MW(18.0万円/kW)と2009・10年のピーク値から33%下落。
・好条件の地域では売電価格は約2セント(2.2円)/kWhへ低下。
・風力関連雇用(常勤)は全米で10.55万人
・PTCが有効な2018~20年の建設待ち案件が合計33GW(8~11GW/年)ある、

2018/08/10 22:57
NEDOの次世代浮体式洋上3MW風車が完成

NEDOとコンソーシアム(丸紅、日立造船、グローカル、エコ・パワー、東京大学、九電みらいエナジー)が開発を進めていた次世代浮体式洋上風車(3MW・2枚翼)が北九州港で完成し、披露会が開催されました。
浮体は大阪堺の日立造船のドックで建造されましたが、そこで風車を付けるとハブ高72mで本四架橋(桁下65m)をくぐれないため、風車は北九州に着いてから据付けられました。8月24日頃に沖合15kmの係留先に移動し、9月末頃から発電を始める見込みです。
今回の実証試験のポイントは次の3点です。、
・50~100mの浅海向けのMoonpool式バージ型浮体を採用。開口部と外部の水位差のダンピング効果で小型化
  フランスの先行例:http://log.jwpa.jp/content/0000289593.html
・独 Aerodyn 設計の 2枚翼 + Super Compact Drive(中速PMSG) を採用して風車を軽量化
  SCD 3.5-100の仕様:https://www.wind-turbine-models.com/turbines/1119-aerodyn-scd-3.5-100-nearshore
  中国MingYangの例:https://nawindpower.com/china-ming-yang-connects-two-bladed-offshore-wind-turbine-prototype-to-grid
・係留方法も浅海向けにアンカーの把駐力(錨と海底土質の間で生む抵抗力)を強化

【NEDO発表】2018年8月10日
日本初のバージ型浮体式洋上風力発電システム実証機が完成
―北九州市沖に設置後、実証運転開始へ―
 http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101008.html
次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究(特設Webサイト)
 http://floating.nedo.go.jp/
同上の動画
 https://www.youtube.com/watch?v=hpUZgqpxEWo

【日立造船発表】8月10日
日本初のバージ型浮体式洋上風力発電システム実証機が完成 ―北九州市沖に設置後、実証運転開始へ―
http://www.hitachizosen.co.jp/news/2018/08/003104.html

【ブレード搭載工事のYoutube動画】
起重機船第五十吉田号による浮体式洋上風力発電のブレード搭載作業
NEDO Floating offshore wind power generation blade Installation work
https://www.youtube.com/watch?v=968rb-1-IN0

【報道状況】
浮体式なら日本勢 洋上風力で負けられない理由(動画) 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34039700Q8A810C1000000/

洋上風力発電 “新型”は浅瀬でも設置可能に(動画) テレビ朝日
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000133746.html
https://www.youtube.com/watch?v=UL-Bv7ZGxmk

次世代の洋上風力発電 海に浮かぶ“浮体式”に注目 北九州市で公開 福岡県(動画) テレビ西日本
https://www.tnc.co.jp/news/articles/NID2018081002436

独自開発の「バージ型」浮体を利用した洋上風力発電機が完成、今秋から北九州沖で実証運転 Smart Grid Forum
https://sgforum.impress.co.jp/news/4584

NEDO・丸紅など、浮体式洋上風力の実証機を北九州市沖で公開 8月14日 電気新聞
https://www.denkishimbun.com/sp/31346

浅い海域に導入できる新型洋上風力、実証機が完成 8月20日 Smart Japan
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1808/20/news030.html