Counter
Yesterday 
Today 
QRcode
2018/03/30 23:55
NEDOが 洋上風況MAP改訂、環境アセス短縮、故障予知 を発表
NEDOが3月30日に以下の3件を発表しました。


NeoWins(洋上風況マップ)の改訂版を公開
―海岸線付近の風況と制約情報の追加―
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100938.html

風力発電と地熱発電を対象とした「環境アセスメント迅速化手法のガイド」を公表
―環境アセスメントの期間半減へ―
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100937.html

事故対応から故障予知へ、新たな風力発電のメンテナンス技術を確立
―風車の状態監視データとAIの活用による故障予知技術―
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100939.html

2018/03/30 22:00
沖縄電力がトンガ王国に可倒式風車を納入
色々なトラブルを乗り越えて、日本の沖縄電力がJICA補助を受けて、
太平洋のトンガ王国に台風に強い風車の納入に漕ぎ着けました。
快挙だと思います。

トンガ王国へ沖縄の可倒式風力発電設備を納入 2018年3月30日 沖縄電力
https://www.okiden.co.jp/shared/pdf/news_release/2017/180330_01.pdf
・フランスのベルニエ社(Vergnet)の2枚翼・起倒式風車275kW×5台。
 タワーは日本で製造。2018年7月着工、2019年4月竣工の予定。

沖縄の可倒式風力発電機が、大洋州のトンガに導入されます! 3月30日 JICA発表
https://www.jica.go.jp/okinawa/topics/2017/ku57pq00000ip6lg.html
https://www.jica.go.jp/okinawa/press/ku57pq00000guaf5-att/ku57pq00000ip54g.pdf

「倒れる」風力発電をトンガ王国に、沖縄の台風対策ノウハウを活用
4月6日 Smart Japan
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1804/06/news023.html

【現地報道】

Another milestone in improving Tonga’s energy security、2018年2月5日 PCREE
http://www.pcreee.org/article/another-milestone-improving-tonga-s-energy-security

HONOURABLE DR. SAIA MA’U PIUKALA CONCLUDES SUCCESSFUL TRIP TO TOKYO AND OKINAWA.
http://www.tongapower.to/NewsRoom/HonourableDrSaiaMauPiukalaconcludessuccess.aspx

【沖縄電力の過去の取組み】

粟国可倒式風力発電設備が運転を開始しました 2014年 沖縄電力
https://www.okiden.co.jp/environment/report2015/pdf/sec3/sec3.pdf

㈱プログレッシブエナジー 可倒式風力発電システム(建設)
http://pec.ne.jp/business/wind/

台風に強い風力発電の沖縄・トンガ王国への設置 2014年12月 Asia Biomass Office
https://www.asiabiomass.jp/topics/1412_03.html

【JICAの取り組み】

トンガ王国 風力発電所整備計画準備調査報告書 2017年4月 JICA
http://open_jicareport.jica.go.jp/pdf/12288221.pdf

【フランスのベルニエ社のここ数年の動き】

※中国のSinovel社と協力
 French Vergnet to start offering Sinovel turbines 2015年7月23日
  https://renewablesnow.com/news/french-vergnet-to-start-offering-sinovel-turbines-485257/
 Signing of an exclusive distribution agreement 2016年5月30日
  http://www.sinovel.com/english/content/?189.html
 Vergnet Technical Team Visit Sinovel 2017年6月2日
  http://www.vergnet.com/fr/news/tag/sinovel-partnership-fr/

※カリブ諸島に進出
 VERGNET solutions to improve Islands Disaster Resilience、2017年10月23日
  http://www.vergnet.com/news/vergnet-solutions-improve-islands-disaster-resilience/
  http://www.vergnet.com/fr/news/vergnet-solutions-improve-islands-disaster-resilience-2/

※キャッシュフローが回らず、2017年8月末に倒産状態へ(半年の再建猶予)
 BRIEF-Vergnet declares itself insolvent to Tribunal de Commerce d'Orleans、2017年8月31日 ロイター
  https://www.reuters.com/article/brief-vergnet-declares-itself-insolvent/brief-vergnet-declares-itself-insolvent-to-tribunal-de-commerce-dorleans-idUSFWN1LH0RZ
 Vergnet enters into receivership、2017年9月4日 Windpower Monthly
  http://www.windpowermonthly.com/article/1443606/vergnet-enters-receivership

※フランスの企業再生団体が救済措置
 New owners for Vergnet 2017年12月15日 Windpower Monthly
  https://www.windpowermonthly.com/article/1452999/new-owners-vergnet

2018/03/30 13:00
丸紅が台湾の洋上風力発電に参画
丸紅が台湾緑色電力(Taiwan Green Power:TGP、繊維大手の力麗 LeaLea の子会社)
他と共同で台湾の洋上風力開発(彰化県外海の28号区、600MW)に参画。
投資総額は865億元(約3171億円)を見込む。

協力先の一つの台湾の天力離岸風電科技(Tien Li Offshore Wind Technology)が
台中港にブレードとナセル組立の現地工場を開設する見込み。

丸紅、台湾で洋上風力据え付け シーメンスからタービン20基受注 5月16日 日刊工業新聞
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473541

中部・彰化に大型洋上風力発電建設へ 丸紅と台湾企業が協力 3月30日 フォーカス台湾
http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201803300003.aspx

力麗と丸紅、洋上風力で合弁へ 3月30日 なるほど台湾
https://naruhodo.com.tw/2018/03/30/%E2%97%8F%E5%8A%9B%E9%BA%97%E3%81%A8%E4%B8%B8%E7%B4%85%E3%80%81%E6%B4%8B%E4%B8%8A%E7%99%BA%E9%9B%BB%E3%81%A7%E5%90%88%E5%BC%81%E3%81%B8/

丸紅が台湾で洋上風力発電を開始 4月11日 総合商社の世界
http://sougoushousha.seesaa.net/
・丸紅が50%株式を持つ Seajacks社はSEPを5隻保有。台湾にも投入の予定。

TGP, Marubeni to co-develop offshore wind farm in Taiwan 3月30日 DigiTimes
https://www.digitimes.com/news/a20180330VL201.html

天力離岸風電擬砸重金打造台中港生產基地 2018年1月12日 中時電子報
http://www.chinatimes.com/realtimenews/20180112004884-260410


【参考】台湾の洋上入札結果(各サイトを落札した開発事業者)は、
    下リンクの台湾の地図を拡大してサイトをクリックすると表示されます。
    https://www.4coffshore.com/offshorewind/

2018/03/30 12:30
台湾洋上風力でSGREとMVOWが大口受注と現地生産を発表
台湾の洋上風力開発が本格化して、発表が相次いでいます。
洋上風車メーカ大手の SiemensGamesa と 三菱Vestas が、夫々GW規模の内定と、
台湾企業と組んでブレード、タワー、基礎を現地生産するMOU締結を発表しました。

【SiemensGamesa】
 上緯、シーメンス子会社と風力発電機生産で覚書、3月30日 NNA Asia
 https://www.nna.jp/news/show/1744508

※より詳細な英文報道:
 Siemens Gamesa inks MOU for Formosa II wind farm off Taiwan、
 3月28日 Renewables Now、Offshorewind Biz
 https://renewablesnow.com/news/siemens-gamesa-inks-mou-for-formosa-ii-wind-farm-off-taiwan-606693/
 https://www.offshorewind.biz/2018/03/27/siemens-gamesa-swancor-ink-formosa-ii-deal/
 ・Siemensが台湾上緯(Swancore)グループの澎湖(Folmosa)洋上(第1期120MW(2020年)、
  第2期300~500MW、第3期1.9GW)の第1期分を受注。現地生産推進のMOUも締結。

 Taiwan: Swancor Sets Its Offshore Wind Bar at 2.6GW by 2025、3月14日
 https://www.offshorewind.biz/2018/03/14/taiwan-swancor-sets-its-offshore-wind-bar-at-2-6gw-by-2025/
 ・SwancoreはFormosa PlasticsとTaiwan Heavy Industriesの2社と
  ブレードと基礎の現地生産でMOUを締結。

【三菱Vestas】
 三菱重工、台湾の洋上風力発電所に設備納入 3月29日 NNA Asia
 https://www.nna.jp/news/show/1743926
 ・まず台湾の中国鋼鉄(CSC)、デンマークのCopehagenInfrastructure Partbers(CIP)、
  Diamond Generating Asia(DGA:三菱商事子会社)の3社が彰化県沖で開発中の
  海峡29号(中能、500MW)サイトにに三菱VestasのV164-9.5を供給する(約360億円)。
  海峡27号(彰芳、600MW)、西島(410MW)にも供給の見込み。

 三菱VestasのTwitter:
  https://twitter.com/MHIVestas/status/978903406927581185
  https://twitter.com/MHIVestas/status/978987863181221888

※三菱Vestasはブレードとタワーを台湾で製造します。
 MHI Vestas Offshore Wind Pens Sweeping Series of MOUs in Taiwan、3月28日三菱Vestas
  http://www.mhivestasoffshore.com/mous-in-taiwan/
 MHI Vestas signs MOUs with Taiwanese suppliers、3月30日 Taipei Times
  http://www.taipeitimes.com/News/biz/archives/2018/03/30/2003690297

※デンマークCIPとBladtが台湾 中国製鉄(CSC)と1.5GW分のジャケット基礎の協力で合意
 CIP Picks Offshore Wind Foundation Team in Taiwan、4月2,4日 OffshorewindBiz,4COffshore
 https://www.offshorewind.biz/2018/04/02/cip-picks-offshore-wind-foundation-team-in-taiwan/
 http://www.4coffshore.com/windfarms/cip-sign-agreement-for-150-jacket-foundations-nid7384.html

※台湾CSC新総経理に林弘男氏 風力発電向け投資も決定 4月2、14、17日 鉄鋼新聞、Taipei Times、YS
 https://this.kiji.is/353379227405698145
 http://www.taipeitimes.com/News/biz/archives/2018/04/16/2003691385
 https://www.ys-consulting.com.tw/news/76487.html
 ・「興達海洋基礎股分有限公司」を新設、高雄興達港にジャケット基礎の生産ラインを作る。
  34.21億台湾ドル(約125億円)を投資する。今年4月から計画を進め、来年末に竣工予定。


2018/03/24 12:00
Carbon Trustがハンマー不要な洋上基礎杭打設法の実証試験(BLUE PILOT)を開始

(↑上図はクリックすると拡大)
Rev2. 2018年8月21日 最新動向を追記。  元記事は3月3日付け。

英国の研究機関Carbon Trustが新しいEU洋上風力研究プログラム(BLUE PILOT)の開始
を発表しました。OWA(Offshore Wind Accelerator)研究プログラムの一部です。

これは、上部に被せたタンク内でガス爆発させてモノパイル基礎を打ち込む新手法です。
2018年夏に実際に洋上で実機規模(Full scale)のモノパイルを打設する予定。
BLUE Hammerは業界注目の筋の良い技術なので、短時間に普及すると思います。

Carbon Trust Offshore Wind Accelerator launches new project to reduce costs
and underwater noise in offshore wind construction 3月13日 Carbon Trust
https://www.carbontrust.com/news/2018/03/offshore-wind-accelerator-blue-pilot/

【最新動向】2018年8月に Rotterdam港で実機サイズの打設試験を完了
 BLUE Hammer Keeps The Noise Down、2018年8月21日 Subsea World News, BBC
 https://subseaworldnews.com/2018/08/21/blue-hammer-keeps-the-noise-down/
 https://www.bbc.com/news/uk-scotland-highlands-islands-45257711

 BLUE Hammer Strikes at Maasvlakte 2、 7月23日 Offshorewind Biz、Rotterdam港
 https://www.offshorewind.biz/2018/07/23/blue-hammer-strikes-at-maasvlakte-2/
 https://www.portofrotterdam.com/en/news-and-press-releases/blue-piling-drives-monopiles-into-the-sea-bed-the-smarter-way

【期待される効果】
・720MWの洋上サイトで3300~4000万ユーロ(43~52億円)・
0.09~0.12ユーロセント(0.12~0.16円)/kWhのコスト削減
・打設時の騒音を20dB低減
・モノパイルの疲労損傷を90%低減

【技術の詳細】
・元々はオランダHuisman社のベンチャー子会社Fistuca BVが2011年に開発。
・杭の上に水入りの鋼製タンクを被せ、内部で天然ガスを爆発させて、落水時の力積で杭を打つ。
・ハンマー打ちよりも、静音化(海棲哺乳類対策)と品質(杭の上面が痛まない)で利点あり。

https://www.huismanequipment.com/en/products/renewables/offshore_wind/fistuca_new_pile_driving_technology
 https://fistuca.com/technology/
 https://www.youtube.com/watch?v=ascYsnoyWS0

【関連・対比】
ハンマー不要な別の工法 Suction Bucket も実用化が進みつつあります。

洋上風力のコストを削減する基礎工法、設置可能エリア拡大にも期待 2018年3月13日 Smart Japan
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1803/13/news036.html

2018/03/23 23:50
2018年度のFIT買取価格が正式発表されました

2018年度のFIT買取価格が正式発表されました(クリックすると拡大)。

再生可能エネルギーの2018年度の買取価格・賦課金単価等を決定しました
3月23日 資源エネルギー庁 
http://www.meti.go.jp/press/2017/03/20180323006/20180323006.html


また2018年4月以降は、FIT認定取得後は4年以内(環境アセス中は8年以内)
の運転開始が義務付けられます。

風力発電事業に係る環境影響評価手続の着実な実施について
(FIT 制度における運転開始期限の設定等に伴う対応等)4月2日 経済産業省通達
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/electric/files/furyoku_fit2.pdf



2018/03/21 23:50
報道ステーションの「"洋上風力発電"をベースロード電源に」特集・拡大版
3月21日(祝)夜にテレビ朝日の報道ステーションで「"洋上風力発電"をベースロード電源に」特集が放送されました。
欧州の洋上風力発電事業者(オーステッド)や送電会社(50Hz)、日本のレノバや日本風力開発が取材されています。

「"洋上風力発電"をベースロード電源に」特集 テレビ朝日(動画 約8分)
http://www.tv-asahi.co.jp/dap/bangumi/hst/feature/detail.php?news_id=204314
https://www.msn.com/ja-jp/video/entertainment/%E3%80%90%E5%A0%B1%E3%82%B9%E3%83%86%E3%80%91%E2%80%9C%E6%B4%8B%E4%B8%8A%E9%A2%A8%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E2%80%9D%E3%82%92%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E9%9B%BB%E6%BA%90%E3%81%AB/vi-BBKwxKu

「"洋上風力発電"をベースロード電源に」特集 3月21日 ABC,Livedoor News
https://www.asahi.co.jp/webnews/ann_e_000123399.html
http://news.livedoor.com/article/detail/14466120/

3月31日(土)に拡大版を公開。

“洋上風力最前線”報ステ拡大版 前後編 3月31日
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000124131.html
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000124130.html

2018/03/20 14:08
ドイツの陸上風力入札制度の試行錯誤
日本でもFITから入札制への移行が検討されていますが、
先行して移行した欧州でも、入札制は順風満帆ではありません。

「入札制」は単なる手段であり、自動的にコストが下がる「打出の小槌」
ではありません。周到な準備と細部への配慮が無いと失敗します。
特に「資格審査なしの単純な価格入札」と「キャンセル時の罰則が軽い」
が重なると、一種の空抑えが横行して、計画穏座が頻発します。
価格以外も加味した総合評価で、当事者能力の無い無責任な事業者の
入札参加を排除する工夫が大切です。

「国民負担軽減」は重要ですが、やり過ぎて地域内の関連産業が壊滅すると、
国富流出(輸入に依存)と失業という形の国民負担が増えてしまいます。
欧州の再生エネ産業育成策は、太陽光では失敗しましたが、風力発電(特に
洋上風力。型式認証と融資審査で有効な非関税障壁を構築)では大成功です。

ドイツでも、再生可能エネルギー導入拡大と地域内関連産業育成という
最終目的に合致するように、不具合点を順次試行錯誤しています。

【ドイツの陸上風力の入札制の経緯】

① 風力発電でFITを導入【成功】
 → 順調に導入が増える。国内風車メーカも成長。

② 太陽光にもFITを適用【失敗】
 → バブルが発生して太陽光が急増。負担額も増えた。
 → 負担額の割に発電量が少ない/風力より費用対効果が悪い と酷評される。
 → 中国の太陽光パネルメーカが輸出攻勢。ドイツのQセルズは負けて倒産。

③(②の反省から)国民負担抑制(コスト削減)のために入札制を導入。
  陸上風力では小規模な市民風力に配慮して、優遇措置(許認可未取得での
  入札参加、落札後の建設猶予期間を4年に延長(大手は2年))を設定【失敗】

 → 複数の市民風力が政府調査の前年度実績コストを下回る非常識な低価格で応札して
   入札枠の100%を独占。大手専門企業は1件も落札できず。
 → 余りの低価格に落札された案件の実現性に懸念が広がる。
 →「このような低価格は産業的に持続可能ではない」「4年後にキャンセルが多発すると
   市場縮小で産業が持たない」と風車工業会(特にEnercon)から政府に苦情が上がる。

④ 今年2月の第4回入札から市民風力の入札資格を厳格化。【成功に復帰しつつある】
 → 大手事業者も一部の落札に成功。落札価格も少し上昇した。

【ドイツの入札制移行の日本語の解説記事】
ドイツのFIT制度、入札で競争論理を取り入れ ベルリン@対話工房
(1)改正の概要 http://www.taiwakobo.de/neu/energie/2018/eeg_ausschr.htm
(2)陸上風力  http://www.taiwakobo.de/neu/energie/2018/eeg_ausschr2.htm
(3)市民風力  http://www.taiwakobo.de/neu/energie/2018/eeg_ausschr3.htm
(4)同上の事例 http://www.taiwakobo.de/neu/energie/2018/eeg_ausschr4.htm

【関連する英文報道】

※ドイツの8月1日の再生エネ入札の陸上風力(670MW)入札価格は
6.16ユーロセント(7.8円)/kWhと前回より7.5%(0.43ユーロセント)上昇した。
German wind auction prices rise EUR 4 in latest tender、8月20日 Montel News
https://www.montelnews.com/en/story/german-wind-auction-prices-rise-eur-4-in-latest-tender/927372

※ドイツ電力当局が2018年夏に陸上入札の市民風力優遇を見直しへ
Germany Plans to Reset Rules for Onshore Wind Farm Auctions 5月31日 Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-05-31/germany-is-said-to-reset-rules-for-onshore-wind-farm-auctions

※最近の入札制度で発電コストが下がったように見えるのは錯覚(将来価格の先取)に過ぎない(ドイツの調査)
Auctions didn’t make wind power cheaper, study finds 3月9日 Renew Economy
http://reneweconomy.com.au/auctions-didnt-make-wind-power-cheaper-study-finds-62144/

※最近の世界のニュース5件。ドイツの2月の陸上風力入札改革を含む。
5 industry trends and market developments
Germany shifts away from community projects in fourth onshore auction 3月5日 GWEC
http://gwec.net/5-industry-trends-and-market-developments/

※ドイツの制度改定後の最初の入札では落札価格は上昇した。
Germany awards higher prices in latest onshore wind power auction 2月20日 ロイター
https://af.reuters.com/article/africaTech/idAFL8N1QA4OK
・市民風力による採算割れレベルの低価格入札(4年後に実施不能でキャンセルする可能性大)
 を防ぐ改定後の初入札で、落札価格は前回3.8ユーロ/kWhから4.6ユーロ/kWhに上昇した。
・前回は全落札者が市民風力だったが、今回は大手事業者も一部を落札した。
 全132件・989MWの入札中、中小規模(市民主体)の落札は83件・709MWに留まった。

[ドイツ] 陸上風力競争入札、落札価格は低下するも制度の課題が指摘される
2017年12月14日 電気事業連合会
http://www.fepc.or.jp/library/kaigai/kaigai_topics/1257246_4115.html


【ドイツで風車工場の閉鎖が相次ぐ】

ドイツの陸上風力入札は、上限が2.9GW/年(参考:2017年陸上実績4.2GWから3割減)、
落札者に建設まで2~4年の猶予があり、キャンセル罰則も弱い、いう内容なので、
風車メーカの国内新規受注が急減しています。
このため Enerconは、ブレード、タワー、関連機器の工場閉鎖に追い込まれています。

Enercon suppliers to close、2018年3月27日 Windpower Monthly
https://www.windpowermonthly.com/article/1460614/enercon-suppliers-close

Production to end at Enercon blade supplier、2017年9月29日 Windpower Monthly
https://www.windpowermonthly.com/article/1445917/production-end-enercon-blade-supplier


NordexAccionaも厳しい状況です。

Why are turbine manufacturers doing so badly? 2018年3月28日 Bloomberg
https://www.bloomberg.com/gadfly/articles/2018-03-28/we-all-love-wind-power-unless-you-want-to-make-money

Wind turbine maker Nordex flags turnaround in German market 3月27日 ロイター
https://www.reuters.com/article/nordex-results/update-2-wind-turbine-maker-nordex-flags-turnaround-in-german-market-idUSL8N1R90M1


【世界の風車メーカは機器価格低下で利益率が減少】

ここ1,2年で風力発電の価格はドイツ以外でも世界的に劇的に下がっています。
これは一見、良い傾向に見えますが、市場の成長率を越えて低価格化が進むと、
産業界に流入する資金が細って企業体力が弱るので、持続可能でなくなります。

Bloomberg発表では世界の風力発電は、新設容量は約50GW/年を維持していますが、
年間投資額は10%程度減っています。つまり単価が低下しており、風車メーカは
売上は維持しつつも、利益率は減っている状況です。

風力発電機ベスタス、通期は7.4%減少
2月8日 NNA
https://europe.nna.jp/news/show/1723578
英文:※世界的な低価格化競争によりVestasの2017年の収益は前年比でー7.4%と低下した
   Vestas profit falls amid 'fierce' competition、2月7日 Market Watch
 https://www.marketwatch.com/story/vestas-profit-falls-amid-fierce-competition-2018-02-07
 ・2016→2017年で、利益profitは9.65億ユーロ→8.94億ユーロ、収益revenueは102.4億ユーロ→99.5億ユーロ、
  売上salesは10.494GW・95億ユーロ→11.176GW・89億ユーロになった。2017年の利益率は12.4%
 ・2018年の予測は、収益は100~110億ユーロ、利益率は9~11%。
 ・再生エネルギーの売電価格の過激な低下で世界的に競争が激化した。再生エネ産業の変化は極めて速い。
出典:Vestas Annual report 2017、2月7日 Nasdaq
  https://globenewswire.com/news-release/2018/02/07/1335083/0/en/Vestas-Annual-report-2017.html


【洋上風力の低価格入札も、まだ成否はわからない】

イギリスのエネルギー政策と再生可能エネルギー問題 2月18日 キャノングローバル戦略研究所
http://www.canon-igs.org/event/report/Article_Constable.pdf
・(英国の洋上風力の)コストが低下しているというのも「トリック」がある。
 今入札されているロジェクトの多くは、実際に建設するのが 2020 年頃の予定だ。
 その頃には温暖化対策の炭素税で火力発電コストが上がると期待して応札している。
 もし卸電力市場価格が上がらなければ、彼等は事業を実施しないだろう。
 ペナルティが緩いので「ギャンブルに参加する権利」を確保しているに過ぎない。

2018/03/09 23:50
洋上風力新法が閣議決定されました
一般海域での洋上風力発電の導入促進のための新法が閣議決定されました。

「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律案」
を閣議決定 3月9日 首相官邸 政策会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kaiyou/energy/yojo.html 
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kaiyou/energy/yojo.pdf

「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律案」
を閣議決定 3月9日 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/report/press/port06_hh_000152.html
http://www.mlit.go.jp/common/001224539.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/001224538.pdf

「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律案」
が閣議決定されました 3月9日 経済産業省
http://www.meti.go.jp/press/2017/03/20180309002/20180309002.html
http://www.meti.go.jp/press/2017/03/20180309002/20180309002-1.pdf
http://www.meti.go.jp/press/2017/03/20180309002/20180309002-2.pdf

【関連報道】

 洋上風力発電の普及へ全国統一ルール 法案を閣議決定、3月9日 日本経済新聞
 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL09HXF_Z00C18A3000000/

 洋上風力普及なるか。政府が「海洋再生エネ発電利用促進法案」を閣議決定
 3月12日 環境金融研究機構
 http://rief-jp.org/ct4/77580

 洋上風力発電を再生エネの柱のひとつに!! 秋本真利 国土交通大臣政務官
 3月9日 TBS 国会トークフロントライン
 http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/frontline/

 洋上風力の新法案、事業者と価格の決定方法は?
 新法案のポイントとFITとの関係を弁護士が解説(西村あさひ法律事務所 川本周弁護士)
 3月19日 日経エネルギーNext
 http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/031400074/031600014/?P=1

【海外報道】

 Japan: Cabinet Greenlights More Room for Offshore Wind 3月15日 OffshorewindBiz
 https://www.offshorewind.biz/2018/03/15/japan-cabinet-greenlights-more-room-for-offshore-wind/

 Japanese government to decide offshore plan 3月16日 Windpower Monthly
 https://www.windpoweroffshore.com/article/1459682/japanese-government-decide-offshore-plan

 Japan Renewable Energy Update - Offshore Wind Energy 5月11日 JDSupra
 https://www.jdsupra.com/legalnews/japan-renewable-energy-update-offshore-93420/

2018/03/08 11:06
3月10日(土)のテレビ朝日「スーパーJチャンネル」の福島特集
首記の特集内でJWPAの加藤仁 洋上TF長のインタビューが放送される見込みです。

【番組企画概要】
◆テレビ朝日: 「スーパーJチャンネル (土曜)」
◆放送日時:2018年3月10日(土)16:30~18:00
 ※特集コーナーの放送は17:00~17:30頃。
  生放送のため、放送時間・内容が変更になる場合があります。
◆特集「再エネ100%を目指せ!福島の挑戦」
  原発事故から7年。福島県では、県内のエネルギー需要量の100%以上を、
  再生可能エネルギーで発電することを目指して、大きく舵を切り始めていました。
  発電の現場を訪ねて、どうすれば再エネ比率を上げられるのか、
  その取り組みと、これからの展望を取材します。
◆JWPA取材内容
  番組が取材している、福島沖の世界最大級の洋上風力発電に関して、
  洋上風力のメリット、課題などをインタビュー。


2018/03/07 23:00
洋上風車の大型化:GEが世界最大の風車 Haliade-X の開発を発表


洋上風力発電のコスト削減の一番の鍵は、超大型風車の採用による建設台数削減です。
そこで現時点で世界最大の風車は次の通りです。

 試験機:フランス Adwen が開発した AD-180-8.0(8MW・ロータ径180m)
 商用機:デンマーク MHI Vestas の V164-9.5(9.5MW・ロータ径164m)
(開発中:ドイツの SGRE の SG 8.0-167(8MW・ロータ径167m、2020年頃実用化)

さらに最大手発電事業者Ørstedの「12~15MW風車が必要」という声に応えて、
風車メーカ各社は超大型風車の開発を進めています。

10MW超級洋上風車は欧米では、SiemensGamesa(SGRE)、MHI Vestas、GE(旧Alstom)、
Senvion の4社が開発を表明しています。(上グラフ、出典:MAKE社)

まず先陣を切って、GEが12MW風車 Haliade X(12MW・ロータ径220m)
の開発を発表しました。ブレードは子会社のLM製で長さ107m。
市場投入は2021年だそうです。

【GEの発表】 3月6,7日、和文・英文

 大きいことはいいことだ ― GE、世界最大の洋上風力向け風力タービンを発表
  https://gereports.jp/haliade/

 GE develops the largest and most powerful Wind Turbine in the World: Haliade-X
  http://gereportscee.com/post/171643637761/ge-develops-the-largest-and-most-powerful-wind

【報道】
 ※GEが4億ドル(430億円)かけて巨大風車を開発
 GE Will Spend 0M to Develop Record Giant Offshore Wind Turbine、3月7日 ENR
 https://www.enr.com/articles/44120-ge-will-spend-400m-to-develop-record-giant-offshore-wind-turbine


なお、Bloomberg NEFは超大型風車の普及時期を以下のように予測しています。
(WindExpo2018での同社発表)

2021年9MW、2022年10MW、2023年11MW、2024年12MW、2025年13MW

2018/03/05 23:00
NHKあさイチ「なぜ原発を動かすの?」
NHKの朝の人気番組がエネルギー問題を特集しました。
原子力発電派(竹内純子氏)と再生可能エネルギー派(飯田哲也氏)の両方がゲスト出演。
原発と太陽光が中心で風力発電関連は少な目ですが、一般向け番組でのエネルギー特集は珍しいです。

一般に再生エネルギーの否定派の方々は、経済性(目に見えるコスト)を重視して、
便益(環境改善、雇用創出、更には気候正義)には目をつむる傾向が見受けられます。
また欧州の太陽光の失敗を指摘する人が多いですが、風力での成功は無視しています。

NHKあさイチ「なぜ原発を動かすの?」 2018年3月5日
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/180305/1.html
http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2018085719SC000/?capid=sns001
https://www.youtube.com/watch?v=cKE-kZ90zVo

あさイチ 知りたい!ニッポンの原発を放送 まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2152021600663185301
https://tr.twipple.jp/h/c5/26/%E5%8E%9F%E7%99%BAx%E3%81%82%E3%81%95%E3%82%A4%E3%83%81.html

NHK「あさイチ」は不公平で無責任だ 3月5日 GEPR
http://agora-web.jp/archives/2031437.html
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52546

NHK「あさイチ」への手紙 3月9日 GEPR 竹内純子
http://agora-web.jp/archives/2031514.html


原子力発電に関しては賛否両論あり、簡単には決着しそうにないです。

原子力発電比率の低下が日本経済に与える影響 最大で累計13兆円GDPが減少 3月9日 President
http://president.jp/articles/-/24627

世界の自然エネルギーと原子力:2017年の動向 3月9日 自然エネルギー財団
https://www.renewable-ei.org/activities/column/20180309.html

未稼働原発に5年で5兆円超支出 費用は主に電気料金 3月8日 朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASL36624WL36UTIL03W.html

3月8日付 朝日新聞「未稼働原発に5年で5兆円」について 電気事業連合会
https://www.fepc.or.jp/about_us/pr/sonota/1257636_1511.html

考え続けている。原子力は本当に危険か? 3月14、16日 日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20150302/278140/031200004/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20150302/278140/031300005/

東日本大震災後7年目に考える原発の経済性と再エネ・ビジネスの現実
3月16日 Wedge,IEEI(著者の山本隆三氏は住友商事の石炭部門の出身)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/12226
http://ieei.or.jp/2018/03/yamamoto-blog180302/#more-43723

資源エネルギー庁がお答えします!~原発についてよくある3つの質問
3月14日 資源エネルギー庁 スペシャルコンテンツ
http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/qa_nuclear.html

ドイツは脱原発を粛々と進め非炭素化社会の実現へ向かう 3月30日 Ronza
http://webronza.asahi.com/journalism/articles/2018031300006.html
・日本でいえば、東京電力に相当するトップ企業のエーオンが、原子力・火力
 発電から事実上「撤退」し、風力や太陽光発電を基幹事業にしたわけだ。
 ドイツでは「原子力発電の時代は終わった」という社会的合意ができている。

「2050年なら、原発ゼロにできる」エネルギーの権威が語る“超現実シナリオ”
3月29日 日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/032800288/?P=4&prvArw