Counter
Yesterday 
Today 
QRcode
2017/03/31 23:00
経団連が洋上風力向けに一般海域のガイドライン整備を提言
経団連が3月31日に11分野・149項目にわたる規制改革要望を内閣府の「規制改革ホットライン」に提出しました。
これは全会員企業・団体に対するアンケート調査に基づいてまとめられたものです。
提言の5-(3)が「洋上風力開発に向けた一般海域のガイドライン整備」です(下記参照)。

5-(3) 洋上風力発電事業を目的とする一般海域の長期占用に関するガイドライン整備

具体的内容: 洋上風力発電施設を設置する目的で事業者が一般海域の長期間にわたる占用を求めた際、地方自治体が許可を与えるにあたり参考となるガイドラインを整備すべきである。

提案理由: 洋上風力発電施設の設置海域としては、港湾等のほか、一般海域がある。一般海域は、国有財産法が適用される公共用財産であり、財物管理が地方自治体に委ねられている状況にある。そのため各地方自治体では、任意に条例を制定して一般海域の占用許可を行っているが、占用許可が得られる期間は、概ね1~5年間程度が原則とされている。
 例えば浮体式洋上風力発電事業を実施する場合、FIT期間20年+建設2年+撤去0.5年と、長期にわたる海域の占用が必要となる。短期間の占用許可しか得られない現状では、事業の予見可能性が確保できないため、資金調達に支障を来している。
 そこで、洋上風力発電事業を目的として事業者が一般海域の長期間(20年間超)にわたる占用を求めた際、各市町村等が許可を与えるにあたって確認すべき事項等を国が取りまとめ、ガイドラインとして周知し、これに合致する場合には積極的に占用を許可するよう自治体に配慮を求めるべきである。併せて、一般海域の占用許可手続きが未整備の自治体に対しては、制度整備を呼びかけるべきである。
 ガイドラインが整備されれば、「海洋基本計画」(2013年4月26日閣議決定)に盛り込まれた海洋再生可能エネルギーの利用促進、およびそのための海域利用ルールの明確化、地域ごとの状況に応じた海域利用の調整にも資すると考えられる。
 本要望が実現し自治体の対応が進めば、洋上風力発電の導入が拡大し、わが国の低炭素電源比率が向上する。また、浮体式洋上風力発電に限っても、50兆円規模の経済効果(浮体式洋上風力発電施設1基50億円×100基×100カ所=50兆円)をもたらすと見込まれる。

典拠例等: 地方自治体の条例等


出典:2016年度経団連規制改革要望(最終結果) 3月31日 一般社団法人 日本経済団体連合会
  http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/025.html
  http://www.keidanren.or.jp/policy/2016/121_05.pdf

  各ワーキング・グループ等で更に精査・検討を要する提案事項(本文P3)
  4月14日 内閣府 規制改革推進会議ホットライン対策チーム
  http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/committee/20170414/170414honkaigi07.pdf

報道:経団連、洋上風力発電が設置しやすくなるガイドラインの整備要望 4月3日 財形新聞
  http://www.zaikei.co.jp/article/20170403/361797.html

海外報道:Business lobby seeks to clarify sea use for offshore wind
 4月5日 Windpower Monthly
 http://www.windpoweroffshore.com/article/1429743/business-lobby-seeks-clarify-sea-use-offshore-wind


2017/03/28 13:04
風力発電設備の定期安全管理検査に関する説明会(札幌)の開催
本年4月から、風力発電設備の定期安全管理検査制度が施行されます。この制度は、風力
発電設備のメンテナンスに新たに導入されることから、経済産業省電力安全課、日本風力
発電協会(JWPA)では、定期安全管理検査が的確かつ円滑に実施されるように、定期安全
管理検査制度について説明会を開催することとしましたので、ご案内申し上げます。
----------
Ⅰ.第一部(経済産業省電力安全課、無料)
  定期安全管理検査制度(省令、解釈、内規)について説明します。
 1.日時・場所
  ・日時:2017年4月25日(火)13:30~14:30(受付開始:13:00)
  ・場所:TKP札幌ビジネスセンター カンファレンスルーム5B
   〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西3丁目1-44 ヒューリック札幌ビル5F
         TEL:011-600-2614
   http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/bc-sapporo/access/
 2.プログラム 1時間(質疑含む)
  風力発電設備の定期安全管理検査制度について
  ・電気事業法施行規則(第94条、定期安全管理検査)
  ・使用前・定期安全管理審査実施要領(内規)、定期事業者検査の方法の解釈、発電用
   風力設備の技術基準の解釈について
 3.講師
  ・経済産業省電力安全課
 4.定員
  ・96名(定員になり次第締め切り)
 5.申込み方法
  ・ホームページからの事前申込み
   下記申込フォームをお使いいただき送信して下さい。
   http://jwpa.jp/attendance/form.php?k=sapporo-METI
   ※JWPA主催の講習会(有料)にも参加を希望する場合は、次ページURLより申込み
    願います。
  ・申込み期限:4月19日(水)
 6.問合せ先
  ・経済産業省商務流通保安グループ 電力安全課 小川、正影
      電話:03-3501-1742 FAX:03-3580-8486
----------
Ⅱ.第二部(日本風力発電協会、有料)
  定期事業者検査及び定期安全管理審査の実務的な対応について解説します。
 1.日時・場所
  ・日時:2017年4月25日(火)15:00~17:30(受付開始:14:30)
  ・場所:TKP札幌ビジネスセンター カンファレンスルーム5B
  (経済産業省電力安全課主催の説明会と同じ会場です。13:30から開始する説明会
   終了後に再度受付をします。)
 2.プログラム 2時間30分(質疑含む)
  風力発電設備の定期事業者検査及び定期安全管理審査について
  ①風力発電設備の定期点検指針(民間規格)の解説 75分(質疑含む)
  (定期点検指針は定期事業者検査において参照することができる民間規格)
  ・定期点検指針の概要
  ・定期点検の方法
  ②風力発電設備の定期安全管理審査受審の手引き(JWPA)の説明 75分(質疑含む)
  ・定期安全管理審査試行の結果(2015年度実施)
  ・定期安全管理審査において必要となる書類
  ・定期安全管理審査における審査基準(法定審査6項目)の解説
 3.講師
  ・JWPA風車検査スキーム検討委員会メンバー、JWPA事務局
 4.参加費
  ・JWPA会員:15,000円(テキスト代含む)
  ・JWPA会員以外:25,000円(テキスト代含む)
  ・使用テキスト:「風力発電設備の定期点検指針JEAG5005-2017」(日本電気協会)他
  ※定期点検指針は4月3日以降販売されますが、テキスト代を含む参加費をお支払い
   いただきます。
 5.定員
  ・96名(定員になり次第締め切り)
 6.問合せ先
  ・一般社団法人 日本風力発電協会(http://jwpa.jp/) 技術部:上田純、海津信廣
   E-mail:office@jwpa.jp TEL:03-5733-2288(代表) FAX:03-5733-2511
 7.申込み方法
  ・申込み期限:4月19日(水)
  ・ホームページからの事前申込み、振込み
 【ホームページからの申込方法】
  ・下記申込フォームをお使いいただき送信して下さい。
   http://jwpa.jp/attendance/form.php?k=sapporo-JWPA
 【振込み先】
  ・参加費は、申込み後に下記銀行口座へお振込み下さい。
  ----------------------------------------
  ・口座名義:(一社)日本風力発電協会
         シヤ)ニホンフウリヨクハツデンキヨウカイ
  ・銀行名:みずほ銀行 東京中央支店
  ・口座番号:普通 1770334
  ----------------------------------------
  ・ご入金は4月21日(金)までにお願い致します。
  ・振込みの際には、振込み名と共に、必ず受付No(登録完了のメールに記載)又は
   氏名を併せてご記入下さいますようお願い申し上げます。
  ・振込み手数料は申込者負担でお願い致します。
  ・お支払いいただいた受講料は返金致しかねますが、代理の方の参加は差し支えありません。
  ・参加費を間違ってご入金された場合のご返金振込み手数料は、申込者のご負担になります。
  ・領収証は銀行振込みの控えをもって代えさせていただきます。別途ご入用の場合はお申し
   付けください。
----------
【追記】
 ・定期安全管理検査に関する説明会は、下記の日程で開催します。
  博多(4/17)、札幌(4/25)、仙台(5/15)、大阪(5/22)、東京(5/29)
2017/03/27 19:55
自作風車のコンテスト
風力発電は、理科教育・工学実習の教材としても注目されています。
そこで国内の著名な自作風車コンテストをいくつか紹介します。

1.風力発電コンペ「WINCOM2017」
  http://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/event/wincom
 ・日本大学生産工学部が主催。今年で10回目になる伝統のある競技会です。
 ・毎年11月上旬に日本大学で開催。参加申込は7~9月頃です。
   一昨年の第8回WINCOM2015の観戦記
   https://www.jstage.jst.go.jp/article/jwea/39/4/39_535/_pdf
 ・このコンペに参加した中学生が、2015年に「小型風車制作記」で
  第17回全国中学高校Webコンテストの最優秀賞も獲得しています。
   http://webcon.japias.jp/library/17win/team170009.html
   http://contest.japias.jp/tqj17/170009/index.html
   http://contest.japias.jp/tqj17/170009/staff.html

2.〜未来の洋上風力発電所を設計せよ〜 Mission E
  https://nsengi-mission-e.jimdo.com/
 ・新日鉄住金エンジニアリングとリバネス社が主催。2015年度から始まりました。
 ・チーム参加で1年かけて浮体式洋上風車を作り、水槽で試験して優勝者を決めます。
 ・6月頃に教師向け説明会、7月に参加校決定、地方予選を経て本選へ。
  翌3月に最終審査で優勝が決まります。
   今年の最終審査開催の記事
    https://lne.st/2017/03/20/missione/
   参加校の感想例
    http://www.tokyoseitoku.jp/js/learn/science_tsp/160506162722.html

3.洋上風力発電設備の設計・製作コンテスト
  エンジニアを目指す大学生たちが競い合う
 ・日本財団が主催の1泊2日の競技会です。
 ・2016年度に始った「日本財団 オーシャンイノベーションコンソーシアム」活動の一つ。
   直近では2017年3月15.16日に開催されました。
   http://www.nippon-foundation.or.jp/news/pr/2017/10.html

4.IoT技術を活用し風車風力発電機の発電効率の改良を試みよう!
  「神楽坂サイエンスアカデミー」の2017年度の企画
  http://www.iij.ad.jp/ksa2017/
 ・東京理科大学とインターネットイニシアティブ社(IIJ)による中高生向け理科教育イベント。
 ・チーム参加で3ヶ月かけて小形風車を改良して、発電量を競います。
 ・現在、参加者を募集中(下リンク。4月28日(金)12:00受付締切) 
  http://www.iij.ad.jp/ksa2017/index.html#block01
   関連記事
   http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2017/0322.html
   http://resemom.jp/article/2017/03/27/37283.html
 ・東京理科大学には学内で授業への風車コンテスト活用の実績があります。
   https://www.jstage.jst.go.jp/article/nagare1982/26/2/26_2_81/_pdf
   https://oae.tus.ac.jp/fd/node/439


その他の、地域や学校単位でのコンテストの例

 玉川学園風車コンテスト
 http://www.tamagawa.jp/research/academic/project/twp/

 高専・長岡技科大連携風車設計コンテスト
 http://www.nagaoka-ct.ac.jp/info/zaikou-info/28569.html

 埼玉県立川口工業高校 発電コンテスト
 http://www.kawaguchi-th.spec.ed.jp/index.php?key=jo8tvx3rx-27
 http://www.nakatyou.com/?p=5967

実施のコツ

 タービンデザインコンテスト
  http://www.gijyutu.com/kyouzai/kikai/terbin.html
  http://gijyutu.com/main/archives/639

2017/03/24 23:00
洋上風力100GW向けの送変電人工島を北海中央に建設へ
2015年12月のパリ協定を受け、欧州は2050年までに発電を低炭素化しようとしています。
その有力手段が好風況な北海での大規模洋上風力開発です。
北海の真ん中に高圧直流送電線(HVDC)の送変電設備の拠点人工島(Power Link Island)を建設して、70~100GW(7000万~1億キロワット)の連系を可能とする計画が始動しています。
この人工島はデンマーク、ドイツ、英国、ノルウェー、ベルギーの5ヶ国の排他的経済水域の交点に建設され、5ヶ国間のHVDCを繋ぐハブになります。
元々はオランダの送電会社TenneT TSO BVが2016年6月に発表した構想ですが、2017年3月23日にデンマークEnerginet.dk、ドイツTenneT TSO GmbHも含む送電会社3社がブリュッセルで三国協定を締結したことで、一気に具体化してきました。
今後は3社を中心に、この北海風力発電ハブプロジェクトを実現するコンソーシアムが形成されていく見込みです。

出典:

 Three TSOs sign agreement on North Sea Wind Power Hub 3月23日 TenneT
 http://www.tennet.eu/news/detail/three-tsos-sign-agreement-on-north-sea-wind-power-hub/

 Cooperation European Transmission System Operators to develop North Sea Wind Power Hub 3月8日 TenneT
 http://www.tennet.eu/news/detail/cooperation-european-transmission-system-operators-to-develop-north-sea-wind-power-hub/

関連報道:

 欧州3送電会社 北海のど真ん中に「人工島」建設へ。 4月4日 環境金融研究機構
 http://rief-jp.org/ct4/68939

 人工島が1億人を救う、未来の風力発電 3月29日 Smart Japan
 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1703/29/news108.html

 TenneT: 北海の真ん中に風力発電用巨大人工島の建設計画を公表 3月15日 Business Newsline
 http://businessnewsline.com/news/201703141005470000.html

 TSOs Sign North Sea Wind Power Hub Deal 3月23日 Offshorewind Biz
 http://www.offshorewind.biz/2017/03/23/tsos-sign-north-sea-wind-power-hub-deal/

 Artificial North Sea island: Danish, Dutch and German firms launch bid to make ‘science fiction’ plan a reality 3月20日 Independent
 http://www.independent.co.uk/environment/artificial-north-sea-island-energinetdk-tennet-dogger-bank-danish-dutch-german-firms-bid-wind-farms-a7622371.html

日本では再生可能エネルギー導入拡大に向けた送電線建設のコスト負担の面だけが強調されてますが、欧州では逆に公益性(ベネフィット)を高く評価する社会的コンセンサスがあります。このため欧州では、送電線事業は確実な収益の見込める新しいビジネス分野と認識されており、活発な投資が続いています。

 電力産業から見た洋上風車の魅力 3月2日 京都大学院 再生可能エネルギー経済学講座
 http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/renewable_energy/occasionalpapers/occasionalpapersno18

 風力発電のおかげで送電インフラ投資が進む  〜EU の研究開発プロジェクトの動向調査〜 JWPA協会誌 2016年
 http://jwpa.jp/2016_pdf/90-51mado.pdf

 欧州のオフショアグリッド構想 〜電力系統は海を目指す〜 JWEA学会誌 2013年11月号
 http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~yasuda/2013OffshoreGrid.pdf


2017/03/24 11:32
米調査機関 IEEFA が日本は2030年までに10GWの洋上風力開発が可能と提言
米国の調査機関のエネルギー経済・財務分析研究所(IEEFA)が21日に日本の再生可能エネルギーの将来展望に関する調査報告書「A Renewables Path to Japanese Energy Security in a Post-Nuclear Era」を発表しました。

その中の風力発電に関する骨子は以下の通りです。
・日本の風力資源の導入ポテンシャルは極めて大きいが、これまでは見過ごされてきた。
・陸上の好風況地域は限定的。許認可に長時間かかるため、FIT導入したものの開発は停滞中。
・風況と(騒音等の)制約の少ない洋上風力発電の成長性が高い。
 2030年までに日本の洋上風力発電は10GWまで増加できる可能性がある。

出典:IEEFA Report: A Renewables Path to Japanese Energy Security in a Post-Nuclear Era、3月21日 IEEFA
   http://ieefa.org/ieefa-report-renewables-path-japanese-energy-security-post-nuclear-era/
   http://ieefa.org/wp-content/uploads/2017/03/Japan_-Greater-Energy-Security-Through-Renewables-_March-2017.pdf

報告書のP29に JWPA WindVision が引用されています。
 The Japan Wind Power Association roadmap for development sees 700MW of offshore capacity by 2020, including 100MW of floating capacity. By 2030 it sees 10GW of offshore capacity in total, including 4GW of floating capacity. IEEFA sees this 2030 target as entirely feasible with the right policy framework and support.

IEEFAは昨年3月の自然エネルギー財団主催のREvison2016でも、日本の再生可能エネルギーへの期待を訴えていました。

 IEEFA(エネルギー経済・財務分析研究所)ブリーフィングペーパー
 増加する太陽光発電が日本の電力事業の転換を後押し 2016年3月8日 IEEFA
 http://ieefa.org/11729-2/
 http://www.renewable-ei.org/images/pdf/20160309/TimBuckley_REvision2016.pdf

関連報道:

 日本の太陽光発電、電源構成の12%まで増加も
 米調査機関が報告書を発表、原子力や石炭火力は伸び悩むと予測 3月23日 日経テクノロジー
 http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/032306866/?rt=nocnt

 Report: Japan Sleeping On Its Offshore Wind Potential、3月22日 Offshorewind Biz
 https://www.offshorewind.biz/2017/03/22/report-japan-sleeping-on-its-offshore-wind-potential/

2017/03/24 10:00
NEDOがIEAの「Re-powering Markets (電力市場のリパワリング)」和訳を公開
※国際エネルギー機関(IEA)から、今後の低炭素化を推進する電力市場の在り方について
分析した『Re-Powering Markets』が2016 年2 月に出版。今後、再生可能エネルギーの
導入を更に進めていくために不可欠な電力市場の再構築についての主要な論点を網羅して
いる点で貴重な文献であり、今後の我が国における電力システム及び電力市場に関する
議論にも大変参考になることから、NEDO が日本語翻訳版を作成・公表。

「Re-powering Markets (電力市場のリパワリング)」の日本語翻訳版
http://www.nedo.go.jp/library/repowering_markets.html?from=nedomai

IEAの原典(2016年):
Re-powering Markets: Market design and regulation during the transition to low-carbon power systems
https://www.iea.org/publications/freepublications/publication/re-powering-markets-market-design-and-regulation-during-the-transition-to-low-carbon-power-systems.html

IEAの新刊(2017年3月16日):
Getting Wind and Solar onto the Grid
https://www.iea.org/publications/insights/insightpublications/getting-wind-and-solar-onto-the-grid.html
2017/03/23 23:00
NEDOが洋上風況マップを正式公開しました

NEDOが2017年3月23日に洋上風況マップを正式公開しました。
ここ1年、銚子沖の部分がデモ公開されていましたが、全国分が見れるようになりました(響灘の例を添付)。
各ハブ高(60、80、100、120、140m)の風況だけでなく、環境規制、航路、海底地質等の情報が網羅されています。

国内初、風況情報等を一元化した「洋上風況マップ(全国版)」を公開
―洋上風力発電事業を検討する事業者や自治体の活用を期待― 2017年3月23日 NEDO
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100741.html

NEDO洋上風況マップ
http://app10.infoc.nedo.go.jp/Nedo_Webgis/top.html

2017/03/17 08:16
風力発電設備の定期安全管理検査に関する講習会(博多)の開催
本年4月から、風力発電設備の定期安全管理検査制度が施行されます。この制度は、風力
発電設備のメンテナンスに新たに導入されることから、日本風力発電協会(JWPA)では
定期安全管理検査が的確かつ円滑に実施されるように、定期事業者検査及び定期安全管理
審査の実務的な対応について、わかりやすく解説する講習会(有料)を開催することと
しましたので、ご案内申し上げます。

              記
1.日時・場所
 ・日時:2017年4月17日(月)15:00~17:30(受付開始:14:30)
 ・場所:アスクビル福岡会議室 4A+4B会議室
  〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-16-25 アスクビル4F
  http://www.fukuokakaigishitsu.com/kaigi/fo0004/ JR博多駅筑紫口徒歩約4分

2.プログラム
 風力発電設備の定期事業者検査及び定期安全管理審査について
 ①風力発電設備の定期点検指針(民間規格)の解説 75分(質疑含む)
 (定期点検指針は定期事業者検査において参照することができる民間規格)
 ・定期点検指針の概要
 ・定期点検の方法
 ②風力発電設備の定期安全管理審査受審の手引き(JWPA)の説明 75分(質疑含む)
 ・定期安全管理審査試行の結果(2015年度実施)
 ・定期安全管理審査において必要となる書類
 ・定期安全管理審査における審査基準(法定審査6項目)の解説

3.参加費
 ・JWPA会員:15,000円(テキスト代含む)
 ・JWPA会員以外:25,000円(テキスト代含む)
 ・使用テキスト:「風力発電設備の定期点検指針JEAG5005-2017」(日本電気協会)他

4.定員
 ・100名(定員になり次第締め切り)

5.申込み方法
 ・ホームページからの事前申込み、振込み【別紙】
 ・申込み期限:4月12日(水)

6.問合せ先
 ・一般社団法人 日本風力発電協会(http://jwpa.jp/) 技術部:上田純、海津信廣
  E-mail:office@jwpa.jp TEL:03-5733-2288(代表) FAX:03-5733-2511

7.その他
 ・本講習会の前に、九州産業保安監督部主催の定期安全管理検査制度(省令、解釈、内規)
  に関する説明会が下記のとおり計画されています(参加者数制約の場合あり)。
   ・開催日時:4月17日(月)10:30~14:00
   ・プログラム:管内風力発電の安全確保への取組み、風力発電の安全管理に関する講演、
           風力発電設備の定期安全管理検査制度説明
   ・開催場所:福岡合同庁舎新館3階供用会議室A~C(福岡市博多区博多駅東2-11-1)
   ・問合せ先:九州産業保安監督部電力安全課 担当 江﨑、小山
         (kyushu-denanka@meti.go.jp)、℡:092-482-5520
                                  以 上
=====【別紙】=====
ホームページからの事前申込み、振込み

【ホームページからの申込方法】
 ・下記申込フォームをお使いいただき送信して下さい。
  http://jwpa.jp/attendance/form.php?k=170417-hakata

【振込み先】
 ・参加費は、申込み後に下記銀行口座へお振込み下さい。
  -----------------------------------------
 ・口座名義:(一社)日本風力発電協会
       シヤ)ニホンフウリヨクハツデンキヨウカイ
 ・銀行名:みずほ銀行 東京中央支店
 ・口座番号:普通 1770334
  -----------------------------------------
 ・ご入金は4月14日(金)までにお願い致します。
 ・振込みの際には、振込み名と共に、必ず受付No(登録完了のメールに記載)又は氏名を
  併せてご記入下さいますようお願い申し上げます。
 ・振込み手数料は申込者負担でお願い致します。
 ・お支払いいただいた受講料は返金致しかねますが、代理の方の参加は差し支えありません。
 ・参加費を間違ってご入金された場合のご返金振込み手数料は、申込者のご負担になります。
 ・領収証は銀行振込みの控えをもって代えさせていただきます。別途ご入用の場合はお申し
  付けください。
==============

【追記】
・風力発電設備の定期安全管理検査に関する講習会は、札幌、仙台、東京、大阪でも開催します。
 日程が決まり次第、案内致します。
2017/03/07 23:00
GWEC Sawyer事務局長交流会とREvision2017専門家会議発表
自然エネルギー財団主催のREvision2017(3月8日イイノホール)にJWPAも参加しました。

まず3月7日に同イベントで来日したGWEC Steve Sawyer事務局長と交流会を開催しました。
 Sawyer氏の発表資料
 http://www.renewable-ei.org/images/pdf/20170308/Steve_Sawyer_REvision2017_Session2.pdf

同日午後のREvision2017専門家会合(招待制・一般非公開)では、中村専務理事が日本の状況を発表しました。
 中村専務理事の発表資料
 http://jwpa.jp/pdf/JWPA_REvision2017_ExpertMTG.pdf