Counter
Yesterday 
Today 
QRcode
2015/04/27 11:33
風力発電導入拡大に関する緊急提言
最近、政府・与野党においてエネルギーミックスの議論が盛んに行われていますが、JWPAとしても風力発電導入拡大に関する緊急提言を発表しました。趣旨は昨年5月に発表した2030年の風力発電の導入目標3,620万kWを再度強く表明したものです。全文は以下のPDFをご覧ください。

http://jwpa.jp/pdf/2015.04.27kinkyuuteigen2030.pdf
2015/04/01 00:00
JWPA環境アセスガイドを発行しました
日本風力発電協会は、自主的な環境アセスメント(自主アセス)を実施するために必要な規程として、2011年5月に「風力発電環境影響評価規程(JWPA自主規制Ver.1.1)」を発行しましたが、2011年4月の環境影響評価法改正に伴い、同法に基づく環境アセスメント手続が必要となったこと、及び都道府県等における環境影響評価条例の改正を受けて、JWPA自主規制Ver.1.1の改訂を行い、自主アセスの実施に際してのガイドとなる「小規模風力発電事業のための環境アセスメントガイドブック(JWPA環境アセスガイド)」を新たに作成・発行しました。

JWPA環境アセスガイドの対象となる風力発電所の規模は小さいものの、地域や住民の理解が得られるよう円滑なコミュニケーションを図るためにも効果的・効率的な環境アセスメントは必要であることから、以下の方針に基づいて改訂を行いました。
 ○ 小規模風力発電事業のための環境アセスメントを実施するためのガイドブックであることを明示
 ○ 法令や条例、自主アセス等の対象となる規模を明確化
 ○ 目次や記載内容、掲載情報、図表及び資料を見直し、適切な内容に更新

また、本ガイドにおける主なポイントを以下に紹介します。
(1)対象規模の明確化:法令や条例の対象規模未満となる発電出力で1,000kW以上の風力発電所
(2)法令に規定されている配慮書手続及び報告書手続については原則として不要
(3)環境影響評価項目の絞り込みによる効果的・効率的な環境アセスメントの実施
 ・必須項目として選定することが望ましい評価項目:騒音・超低周波音、動物(特に、鳥類)、景観
 ・但し、地域特性等に配慮しつつ事業者の判断で必要な評価項目を追加
 ・工事に伴う環境要因に対する評価項目は基本的に除外(必要に応じて追加を検討)
(4)洋上風力発電事業については対象外

本ガイドの全文は以下を参照願います。
http://jwpa.jp/pdf/JWPA-EIAguide_March2015.pdf