Counter
Yesterday 
Today 
QRcode
2010/01/19 00:00
JWPAは、低周波音の人への影響評価研究に協力します。
1月19日にプレスリリースしました。

先般環境省より、2010年度から風力発電等から発生する低周波音の人への影響を明らかにすることを目的とする研究を実施する旨の発表がありました。

日本風力発電協会と風力発電事業者懇話会は、本研究の実施を歓迎するとともに、現地における計測の際に必要となる風速や発電電力のデーター提供を行うなど、本研究に対して協力することとしました。

本研究により。一部の報道に有るような風力発電からの低周波音が、人へ影響を与えていると言った懸念が妥当かどうか判断できる様になると考えています。

プレスリリース本文は、以下を参照ください。
 http://jwpa.jp/pdf/50-12press100119.pdf

添付資料-1は、以下を参照下さい。
中央環境審議会総合政策部会環境影響評価制度専門委員会において2009年12月11日に開催された『今後の環境影響評価制度の在り方について』に関するヒアリングにおいて、日本風力発電協会が発表した資料
 http://jwpa.jp/pdf/50-13press100119.pdf

添付資料-2は、以下を参照下さい。
アメリカ風力エネルギー協会およびカナダ風力エネルギー協会が発表した、風車音と健康影響に関する世界の権威によるレビュー報告書(要約と結論部分のみ)
両面コピーを行うと、左ページが英語、右ページが日本語となります。

なお、翻訳は日本風力発電協会の責任にて実施したものです。
 http://jwpa.jp/pdf/50-19.pdf

2010/01/18 00:00
2月16日、17日:NEF人材育成支援研修会(風力コース)
新エネルギー財団が、毎年開催している「人材育成支援研修会(風力コース)」が、2月16日と17日に開催されますので、お知らせ致します。

テキスト作成などは、日本風力発電協会が参画しており、以下のテーマに関して経験豊富な講師が説明を行うとともに、様々な質問にも対応いたします。
 ・風力発電をとりまく状況
 ・風力発電システムの概要
 ・風力発電の建設・運転・保守方法
 ・風力発電の導入・企画方法
 ・風力発電の事業性評価方法

詳細は、以下を参照
 http://www.nef.or.jp/jinzai/jinzai.html
2010/01/15 00:00
風力発電長期導入目標とロードマップ V1.1
日本風力発電協会は、2007年12月に、風力の長期導入目標とロードマップを公表しておりますが、新たに、利用可能な面積選定方法や、利用可能な土地利用区分の見直しなどを行った【風力発電の賦存量とポテンシャルおよびこれに基づく長期導入目標とロードマップの算定 Ver1.1】を公表いたします。

現在でも一部の検討会・委員会で利用されている「新エネルギー等導入基礎調査(2000年3月)」やJWPA2007年版との算定条件比較は、17ページに記しておりますが、Ver1.1は最新のGISデータを利用するとともに、主に以下の算定条件を変更しています。
 ・利用可能な面積算定方法を、従来の1kmメッシュから100mメッシュに変更
 ・利用可能な土地利用区分に「森林(保安林を除く)」を追加
 ・洋上風力の適地範囲を従来の離岸距離50kmから30kmに変更
 ・着床式洋上風力の適用範囲を、従来の水深30m未満から50m未満に変更

<算定結果>
 ☆算定条件を記載しておりますので、結果の数値のみが一人歩きしないよう、ご注意下さい。
 ☆今後の社会条件変化に伴い、算定条件も変わることが予想されますので、それに応じて
  各数値も変わります。
 ☆☆☆ 環境省で実施中の「再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査委託業務」では、
      自然保全地域、住宅からの距離、土地傾斜角など、殆ど全ての社会条件を考慮した
      ポテンシャルを算定中ですので、今回のJWPA Ver.1.1も、4月以降にver.2.0として
      発表いたします。 ☆☆☆ 

1.ポテンシャル
  陸 上 風 力 : 6,500万kW
  着床式洋上風力: 2,900万kW
  浮体式洋上風力: 3,900万kW
  合  計     :13,300万kW

2.長期導入目標
  2050年までに、風力発電による電力量供給比率を日本の全需要電力量の10%以上とする。
  ⇒ 風力発電設備容量:5,000万kW

3.ロードマップ
  2010年: 300万kW
  2020年:1,130万kW
  2030年:2,690万kW
  2040年:4,420万kW
  2050年:5,000万kW 

詳細は、以下を参照
 http://jwpa.jp/pdf/50-15roadmap100115.pdf