2020/12/15 23:55
第2回洋上風力官民協議会が開催され、洋上風力産業ビジョン(第1次)が発表されました。

今回の会合で、政府と産業界は以下の主要目標を設定することに合意しました。
1.政府による導入目標の設定
- 2030年までに10GW
- 2040年までに30~45GW
2.産業界が設定した目標
- 国内調達比率:2040年までに60%
- コスト削減:2030年から2035年までに8~9円/ kWh(正味発電コスト)
注:上記の各数値は再エネ特措法に基づく認定量ベース
この洋上風力産業ビジョンの基本戦略は以下のとおりです。
https://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/yojo_furyoku/pdf/002_02_01.pdf
https://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/yojo_furyoku/pdf/002_02_02.pdf
1.魅力的な国内市場の創出
2.投資促進・サプライチェーン形成
3.アジア展開も見据えた次世代技術開発、国際連携

上記戦略を実現するために、具体的には以下の取組みを行います。
- 日本版セントラルシステム(計画段階から政府が関与し、効率的で透明性のある入札を実現)
- 送電系統ネットワークを拡張するためのマスタープラン立案(直流高圧送電網HVDCの整備)
- 洋上風力発電の拠点港の整備
ー 洋上風力発電に必要な人材の育成

今回の会合の終わりに、次のことが確認されました。
- 洋上風力発電の導入拡大という目的を達成するために、グランドデザインを確立して、目標へのクリティカルパスを明確にする。
- 課題解決に向けて、挙げられたタスク項目を確実に一つずつ実行する。