2020/07/30 19:00
報道関係者向けに、風力発電に関する勉強会を開催しました

 JWPAは30日、風力発電に関する第1回報道関係者向け勉強会を都内で開催しました。

 加藤仁代表理事は「日本では原発再稼働が遅れ、2030年には電源が不足する恐れがあります。代替は再生可能エネルギー」と述べ、風力発電の重要性を訴えました=写真左

 勉強会には全ての全国紙、放送各局、主要内外通信社などから約25人が参加しました。


【発表資料】

 日本で洋上風力発電を導入する意義 JWPA代表理事 加藤仁
 http://jwpa.jp/pdf/20200730_No1_OffshoreWind_JinKato.pdf

 日本の風力発電には大きな発展余地がある JWPA国際部長 上田悦紀
 http://jwpa.jp/pdf/20200730_No1_JapanWindPwerCanProgress_YUeda.pdf