2019/11/15 23:17
洋上風力の海底地質調査船のトラブル事例
洋上風力では、基礎の形式と仕様を決めるために、風車を建てる各位置で
ボーリング調査(CPT、SPT、等)を実施します(下リンク参照)。
http://www.kge.co.jp/data/newslist/20180611-Press_release.pdf
この調査で利用する海洋調査船の最近のトラブル事例を2件紹介します。

1.新潟の中国船(国防問題)

・今年7月に中国の調査船が秋田沖の海底調査に雇われたのをNHKが報道しました。
 詳細な海洋情報は海軍(潜水艦や上陸用舟艇)にも有用なので国防への配慮が要ります。

 中国船問題で国交相取り組み表明 2019年11月28日 NHK 新潟
 https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20191128/1030010359.html

 謎の中国船を追え! 2019年11月14日 NHK Web特集
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191114/k10012177251000.html

 中国海洋調査船 日本の領海で調査の寸前 情報把握され引き返す 11月13 日 NHK
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191113/k10012176231000.html

2.台湾での転覆事故

・台湾の彰化県沖でインドネシア船籍の作業船Patra Offshoreが
 掘削中にドリルが引掛かって船体が傾き、転覆しました。
 アジアではまだ洋上土木の熟練者が少ないので、注意が必要です。

 彰化外海工作船險翻覆 海巡救40人 2019年8月22日 中時(台湾の記事)
 動画 https://youtu.be/TFl9ZqcI3qI

 Drilling ship developed heavy list, abandoned UPDATE 2019年8月23日 FleetMon
 https://www.fleetmon.com/maritime-news/2019/26865/drilling-ship-developed-heavy-list-abandoned-updat/