2019/10/31 23:19
北九州響灘沖 220MW 洋上風力計画が V164 を採用
北九州響灘沖洋上風力の事業者の ひびきウインドエナジー が機種変更を発表。
MVOW(三菱重工とVestasの洋上風力JV)の V164 9.5MW 風車が採用されました。

元々は日立製作所の 5MW風車で計画が進んでいましたが、
同社の風車製造撤退を受けて、変更になったものです。
同様のケースは今後も出てくると思われます。


北九州、洋上発電の試金石 響灘風車メーカーに三菱系発表
2019年10月31日 西日本新聞
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/555452/