2019/02/08 23:59
台風クラスを含むIEC61400-1 4th Editionが発行されました

風車の設計製造の基準になる国際標準 IEC 61400-1 の最新版が発行されました。
1994年に初版、1999年に第2版、2005年に第3版、今回が第4版(4th Edition)です。
(JWPAもPDF版を購入しましたので、事務所で閲覧可能です。)

今回の主な改訂点は以下の5つです。
a)参照と要件の一般的な更新と明確化
b)熱帯低気圧と高乱流を考慮した風力タービンクラスの拡張。
c)正規乱流モデル(NTM)に対する乱流標準偏差のワイブル分布。
d)設計荷重ケース(DLC)、特にDLC 2.1および2.2を更新した。
e)部分安全係数仕様の改訂

特にb)で、日本提案の「台風 Class」(10分平均風速で57m/sの極地風速に耐える)
が追加されました(上表)。

出典;
IEC 61400-1:2019 2019年2月8日 IEC発表
https://webstore.iec.ch/publication/26423


既に風車メーカ各社は台風Class対応の風車の販売を始めています。

Vestas、日本向け4.2MWの風力設備、「極値風速」仕様、2019年3月5日 日経X Tech
https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/030512021/

嵐を乗り越えて:GEの台風クラス対応風力タービン 2018年9月13日 GE Reports
https://gereports.jp/riders-storm-ge-building-wind-turbine-can-weather-violent-typhoons-hurricanes/

大型風力 日本で覇権争い 2017年10月22日 日本経済新聞
http://jcpo.or.jp/scan019.pdf