Counter
Yesterday 
Today 
QRcode
2018/09/06 23:00
日本企業が相次いで欧州洋上風力への参画を発表
8・9月に日本企業4社が洋上風力で4件のプレス発表をしています。
1と2は着床式の開発案件への出資、3と4は将来の浮体式洋上風力開発での協力表明です。
洋上風力開発は規模が大きく、特に欧州の着床式は産業的にも成熟しているので、
大手の電力会社、石油会社、商社から見ても魅力的な事業になっています。

1.英国Triton Knoll洋上風力発電事業への参画について 8月13日 電源開発、関西電力
http://www.jpower.co.jp/news_release/2018/08/news180813.html
http://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2018/0813_1j.html
関連:子会社の増資(特定子会社化)に関するお知らせ 9月6日 電源開発
   http://www.jpower.co.jp/news_release/2018/09/news180906_2.html
サイト情報:
 英国33km沖。MVOW V164 9.5MW×90台=860MW、水深10~18m、モノパイル基礎
 投資総額20億ポンド(2900億円)、現在建設中。
 https://www.4coffshore.com/windfarms/triton-knoll-united-kingdom-uk30.html

2.ベルギーにおける洋上風力発電事業(ノースウェスタ―2)への事業参画について
 8月27日 住友商事
https://www.sumitomocorp.com/ja/jp/news/release/2018/group/10610
参考:欧州における数々の洋上風力発電プロジェクトに参画 ドイツ/ベルギー/英国
   https://www.sumitomocorp.com/ja/jp/business/case/group/wind-power
サイト情報:
 ベルギー46km沖。MVOW V164 9.5MW×23台=224MW、水深25~40m、モノパイル基礎
 投資総額10億ユーロ(1290億円)、現在建設中。
 https://www.4coffshore.com/windfarms/northwester-2-be-be12.html

3.世界初!石油ガス生産設備での洋上風力発電による電力確保事業計画に参加します
 8月29日 出光興産
http://www.idemitsu.co.jp/company/news/2018/180829.html
サイト情報:
 ノルウェーのEquinor(旧Ststoil)のHywind Tampen計画。
 SGRE 8MW×11台=88MW、スパー型浮体
 同国沖135km。投資額50億クローネ(670億円)。計画段階で投資決定は2019年。
 https://www.4coffshore.com/windfarms/hywind-tampen-norway-no57.html

4.仏エンジー社と幅広い協業に向けた覚書を締結 
~日本での浮体式洋上風力発電を共同で検討~ 9月6日 電源開発
http://www.jpower.co.jp/news_release/2018/09/news180906.html
参考:欧州のサイト情報(注:発表の対象は日本)
 Engie社はWindFloat Atlantic計画の参加企業の1社(三菱商事や千代田化工も参加中)
 ポルトガル20km沖。V164 8.4MW×3台=25MW、水深85~100m、セミサブ浮体
 投資額1.25億ユーロ(161億円)、現在は浮体の建造を開始。
 https://www.4coffshore.com/news/contracts-on-windfloat-atlantic-(wfa)-pt03.html