Counter
Yesterday 
Today 
QRcode
2018/02/06 23:06
欧州風力協会が2017年洋上風力報告書を発表

欧州風力協会WindEurope と世界風力会議GWEC が洋上風力発電の最新統計を発表しました。
欧州では、累計で15.78GW(日本の風力全体の4.6倍)、新規は3148MW/年(過去最大)、
世界全体では、累計18.814GW、新規は4331MW/年(過去最大)です。

国別順位(欧州内)
累計:1位英国6835MW・1753基、2位ドイツ5355MW・1169基、3位デンマーク 1266MW・506基
新規:1位英国 1679MW/年、2位ドイツ 1247MW/年、3位ベルギー 165MW/年

欧州外では、中国が累計 2788MW(世界3位)、新規 1161MW/年(同3位)です。
日本は累計 65MW・29基(世界10位)、新規 5MW・1基(同7位)です(GWEC調査)。
累計ではベトナム(99MW)とフィンランド(92MW)に抜かれて2個ランクダウンしました。

出典1:Offshore wind in Europe grew 25% in 2017、2月6日 WindEurope発表
https://windeurope.org/newsroom/press-releases/offshore-wind-europe-grew-25-2017/
https://windeurope.org/wp-content/uploads/files/about-wind/statistics/WindEurope-Annual-Offshore-Statistics-2017.pdf

出典2:GWEC Global Statistics 2017、2月14日 GWEC
http://gwec.net/global-figures/graphs/
http://gwec.net/wp-content/uploads/vip/GWEC_PRstats2017_EN-003_FINAL.pdf

2017年の洋上風車メーカシェアは、1位 Siemens 1487MW・47%、2位 MVOW 842MW・27%、3位 Senvion 443MW・14%、4位 Adwen 350MW・11%
https://pbs.twimg.com/media/DVWbC3nXkAA6gqE.jpg


一方、2017年の洋上風力への新規投資(75億ユーロ/年)は前年比(182億ユーロ/年)60%減です。
落札価格急落の影響が出ているのかも知れません。。

New Offshore Wind Investments Drop 60% in 2017、2月6日 Offshorewind Biz
https://www.offshorewind.biz/2018/02/06/new-offshore-wind-investments-drop-60-in-2017/


フランスは2020年から洋上風力の大量導入を始め、2030年累計4.3GWを目指します。

フランス、2022年に洋上風力発電で首位か 2月7日 NNA
https://www.nna.jp/news/show/1722941
出典:France Set to Become a European Offshore Wind Powerhouse by 2022 2月6日 Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-02-06/france-set-to-become-a-european-offshore-wind-powerhouse-by-2022


なお日本では、一般海域の洋上風力開発の法制化が検討されていますが、
同時にFITから入札制に移行させる提案が2月7日の調達価格等算定委員会で示されています。
(資料2の意見案のP25)

・調達価格等算定委員会(第36回)‐配布資料(2月7日開催)
 http://www.meti.go.jp/committee/chotatsu_kakaku/036_haifu.html
 http://www.meti.go.jp/committee/chotatsu_kakaku/pdf/036_02_00.pdf

インフラ整備と量産化が実現していない段階での電力買取価格による入札制移行は、
折角の洋上風力市場を殺してしまう可能性が強いです。