Counter
Yesterday 
Today 
QRcode
2017/07/12 13:54
英国のBlyth洋上実証サイト(41.5MW)で自航式重力基礎を据付開始
洋上風車の基礎の今の主流は大口径モノパイル基礎ですが、浅水深向けでは重力式基礎にも出番が残っています。杭打ち時の騒音が無いので海生哺乳類への被害が出ない点も、欧州では好感されています。

今回は、建造場所から浮かべて輸送し、目的サイトで自沈させることで、SEP船&輸送バージ不要で基礎据付する「自航式重力基礎」が英国Blyth沖で実証段階に入りました。浅海域洋上サイトのコスト低減で期待されています。

EDF Floats first foundation for Blyth、2017年7月11日 4C Offshore, Offshorewind Biz、BAM
http://www.4coffshore.com/windfarms/edf-floats-first-foundation-for-blyth-nid6095.html
http://www.offshorewind.biz/2017/07/11/blyth-demo-foundations-on-the-move/
http://www.bam.com/en/press/press-releases/2017/7/blyth-offshore-wind-farm-project-hits-new-milestone

Blyth Offshore Demonstration Project Array2
http://www.4coffshore.com/windfarms/blyth-offshore-wind-demonstration-site-united-kingdom-uk70.html
・英国Blyth の約6km沖、水深36~42m、事業者はEDF、MVOWの V164 8.3MW×5台=41.5MW

※この基礎の製造・輸送・据付は英国の BAM Infra社 と BAM Nutall社 が担当
 Strukton Immersion Projects first to install gravity based foundation、2016年6月16日
 http://www.strukton.com/news/2016/strukton-immersion-projects-first-to-install-gravity-based-foundation/
 http://www.constructionenquirer.com/2016/06/07/bam-nuttall-to-build-worlds-first-wind-farm-gravity-bases/


※自航式基礎の更に発展した形が、EUがカナリア諸島のPLOCAN試験サイトで実施中の ELISA project です。
 http://log.jwpa.jp/content/0000289483.html