Counter
Yesterday 
Today 
QRcode
2017/03/24 11:32
米調査機関 IEEFA が日本は2030年までに10GWの洋上風力開発が可能と提言
米国の調査機関のエネルギー経済・財務分析研究所(IEEFA)が21日に日本の再生可能エネルギーの将来展望に関する調査報告書「A Renewables Path to Japanese Energy Security in a Post-Nuclear Era」を発表しました。

その中の風力発電に関する骨子は以下の通りです。
・日本の風力資源の導入ポテンシャルは極めて大きいが、これまでは見過ごされてきた。
・陸上の好風況地域は限定的。許認可に長時間かかるため、FIT導入したものの開発は停滞中。
・風況と(騒音等の)制約の少ない洋上風力発電の成長性が高い。
 2030年までに日本の洋上風力発電は10GWまで増加できる可能性がある。

出典:IEEFA Report: A Renewables Path to Japanese Energy Security in a Post-Nuclear Era、3月21日 IEEFA
   http://ieefa.org/ieefa-report-renewables-path-japanese-energy-security-post-nuclear-era/
   http://ieefa.org/wp-content/uploads/2017/03/Japan_-Greater-Energy-Security-Through-Renewables-_March-2017.pdf

報告書のP29に JWPA WindVision が引用されています。
 The Japan Wind Power Association roadmap for development sees 700MW of offshore capacity by 2020, including 100MW of floating capacity. By 2030 it sees 10GW of offshore capacity in total, including 4GW of floating capacity. IEEFA sees this 2030 target as entirely feasible with the right policy framework and support.

IEEFAは昨年3月の自然エネルギー財団主催のREvison2016でも、日本の再生可能エネルギーへの期待を訴えていました。

 IEEFA(エネルギー経済・財務分析研究所)ブリーフィングペーパー
 増加する太陽光発電が日本の電力事業の転換を後押し 2016年3月8日 IEEFA
 http://ieefa.org/11729-2/
 http://www.renewable-ei.org/images/pdf/20160309/TimBuckley_REvision2016.pdf

関連報道:

 日本の太陽光発電、電源構成の12%まで増加も
 米調査機関が報告書を発表、原子力や石炭火力は伸び悩むと予測 3月23日 日経テクノロジー
 http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/032306866/?rt=nocnt

 Report: Japan Sleeping On Its Offshore Wind Potential、3月22日 Offshorewind Biz
 https://www.offshorewind.biz/2017/03/22/report-japan-sleeping-on-its-offshore-wind-potential/