Counter
Yesterday 
Today 
QRcode
2018/06/15 23:30
ウィンドデイ企画を募集

(↑写真はクリックすると拡大表示されます。)

ウインドデイ(6月15日)は世界的な風車のお祭りです。欧州で2007年に始まり、日本では2008年横浜開催から今年で11回目になります。今年の開催まで後約2ヶ月です(日本では梅雨時なので、5~8月に時期を拡げて開催)。

過去の開催報告 : http://jwpa.jp/activities/info05_01.html

従来通り、風車見学会や出前教室へのグッズ提供・説明員派遣で協力します。
加えて何か華のある(マスコミ受けする)企画も実施できればと思っています。

イベント案の例:
1) テレビ番組に取材を申し込む。
2) 出前授業の大量実施 http://www.eco-akita.org/topics/568/
3) 工作教室 http://jwpa.jp/pdf/PetbottleWindmillCraftwork.pdf
4) スポーツイベント(例:ボルダリング)の誘致

ご賛同頂ける風力発電関係者の方々や、アイデアをお持ちの方、有名人に伝手のある方は、JWPA事務局 office@jwpa.jp まで連絡を頂きたく、宜しくお願い致します。

開催依頼状: http://jwpa.jp/pdf/GWD2018_invitation.pdf


【今年の開催状況】
・5月31日(木)秋田 大曲南中学校のユーラス秋田港ウインドファーム見学会
・6月8日(金)東京 JEMA新エネルギー講演会
  http://log.jwpa.jp/content/0000289590.html
・6月9日(土)横浜 親子風車見学会
  http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/ondan/furyoku/visit/20180609windevent.pdf
  https://ameblo.jp/mino6475/entry-12382867529.html
・6月17日(日)能代市ウインドデイ
  http://www.city.noshiro.akita.jp/blog/?p=30168
  http://www.sakigake.jp/news/article/20180617AK0030/
  https://www.youtube.com/watch?v=Jw-l3RAxnlk
  https://twitter.com/noshiro_machi/status/1007794540432855041/photo/1
  http://nykanko.com/?pickup=%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%87%E3%82%A4-in-%E8%83%BD%E4%BB%A3-2018

・6月19日(火)横浜 GRE2018
・6月20日(水)酒田 風力発電セミナー
  http://jwpa.jp/pdf/20180620_Sakata_OffshoreWindSympo.pdf
・6月22日(金)青森 睦栄風力発電所見学会
・6月23日(土)横浜⇔銚子 GRE2018サイドツアー
      銚子 洋上風車船上視察
  https://www.city.choshi.chiba.jp/sisei/about_choshi/event/h3006_event-calendar.html
       秋田 男鹿風力発電所前の海岸の清掃活動
     ? 高知 宿毛港で建設中のサイトの見学会
・6月28・29日(木金)足利大学 風力エネルギー利用セミナー
・7月19日(木)秋田 美里小学校での出前授業と男鹿風力見学会
・7月29日(土)北九州 風力関連施設とNEDO響灘洋上風車船上見学会
・7月下旬 松田 NPOさくら広場の銚子風車見学バスツアー

【海外】
・今年の世界のウインドデイの標語は「風力の地域への影響」です。
 The local impact of wind energy in the spotlight on Global Wind Day
 https://globalwindday.org/success-stories/the-local-impact-of-wind-energy-in-the-spotlight-on-global-wind-day/

・日本の様子もGWECのTwitterで紹介されました。
 https://twitter.com/GWECGlobalWind
 https://twitter.com/GWECGlobalWind/status/1007657975052406785

・GWECのGlobal Wind Dayの写真コンテストは、今年はインドのEnercon風車、米国オクラホマの嵐の中のwind farm、ドイツのブレード保守のロープ作業、の3点が優勝しました。
 https://globalwindday.org/wind-vision-photo-competition-winners/




2018/04/12 23:50
タイで移動式のタワー工場が出荷開始

(↑写真はクリックで拡大)

タイ内陸のKorat Wind Farm(Siemens SWT-2.3MW×90台=200MW、ハブ高180m)向けの移動式のタワー工場(Mobile Factory)が出荷を開始しました。
ドイツの建設大手Max Bögl社がコンクリ鋼管ハイブリッドータワーの製造設備一式を現地サイトに輸出したものです。
タワーを現地で製造することで輸送問題を解決する、新しいコンセプトです。

【経緯】
① 低風況の東南アジアで風力発電するには、ウインドシアで風速を稼ぐ高高度タワーが必要。
② しかし長大タワー(コンクリと鋼管のハイブリッド式)は山間部の輸送が困難。
③ ならば、タワー工場自体を建設サイトの近傍に作ればよい。(Mobile Factory)
④ タワー製造設備をコンテナに分載してドイツからタイ河川港Huai Bongへ輸送。
⑤ 現地工場を開設、200人を雇用して、週3本ペースで出荷を開始。

【Max Bögl社発表】

 The first towers roll off the line、2018年4月12日
 http://www.mbrenewables.com/en/the-first-towers-roll-off-the-line/

 Mobile Fabrication: Transport to Thailand、2017年11月16日
 http://www.mbrenewables.com/en/mobile-fabrication-on-tour/

 USE OF WIND POWER IN THAILAND Mobile factory for international markets
 https://www.max-boegl.de/en/news/in-focus/69-use-of-wind-power-in-thailand.html

 HYBRID TOWER SYSTEM MAX BÖGL 160+ AND MOBILE FACTORY
 https://www.max-boegl.de/en/news/in-focus/33-hybrid-tower-system-max-boegl-160-and-mobile-factory.html

【英文報道】

 The first wind turbine towers roll off the line Thailand
 2018年4月18日 Windpower Engineering
 https://www.windpowerengineering.com/towers-construction/the-first-wind-turbine-towers-roll-off-the-line-thailand/

 Max Boegl starts making wind towers at mobile plant in Thailand
 4月16日 Renewables Now
 https://renewablesnow.com/news/max-boegl-starts-making-wind-towers-at-mobile-plant-in-thailand-609056/

 The first hybrid wind energy towers roll off the line in Thailand
 4月12日 Windtech International
 https://www.windtech-international.com/company-news/the-first-hybrid-wind-energy-towers-roll-off-the-line-in-thailand

 Max Boegl to make wind towers at project site in Thailand
 2017年9月29日 Renewable Energy Now
 https://renewablesnow.com/news/max-boegl-to-make-wind-towers-at-project-site-in-thailand-585175/

 German towers mobile in Thailand Max Bogl sets up in south-east Asia to supply Korat 1&2 projects
 2017年9月28日 ReNews
 http://renews.biz/108642/german-towers-mobile-in-thailand/


参考: 米国ではKeystone社が全く違うコンセプト(鋼板らせん状溶接)のTower Mobile Factoryが実証研究中です。

 Keystone Tower Systems、2016年2月21日
 https://companyweek.com/company-profile/keystone-tower-systems

 Keystone Tower Systems installs world’s first tapered spiral welded tower
 2015年5月19日 Windpower Engineering
 https://www.windpowerengineering.com/business-news-projects/keystone-tower-systems-installs-worlds-first-tapered-spiral-welded-tower/


2018/03/30 22:00
沖縄電力がトンガ王国に可倒式風車を納入
色々なトラブルを乗り越えて、日本の沖縄電力がJICA補助を受けて、
太平洋のトンガ王国に台風に強い風車の納入に漕ぎ着けました。
快挙だと思います。

トンガ王国へ沖縄の可倒式風力発電設備を納入 2018年3月30日 沖縄電力
https://www.okiden.co.jp/shared/pdf/news_release/2017/180330_01.pdf
・フランスのベルニエ社(Vergnet)の2枚翼・起倒式風車275kW×5台。
 タワーは日本で製造。2018年7月着工、2019年4月竣工の予定。

沖縄の可倒式風力発電機が、大洋州のトンガに導入されます! 3月30日 JICA発表
https://www.jica.go.jp/okinawa/topics/2017/ku57pq00000ip6lg.html
https://www.jica.go.jp/okinawa/press/ku57pq00000guaf5-att/ku57pq00000ip54g.pdf

「倒れる」風力発電をトンガ王国に、沖縄の台風対策ノウハウを活用
4月6日 Smart Japan
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1804/06/news023.html

【現地報道】

Another milestone in improving Tonga’s energy security、2018年2月5日 PCREE
http://www.pcreee.org/article/another-milestone-improving-tonga-s-energy-security

HONOURABLE DR. SAIA MA’U PIUKALA CONCLUDES SUCCESSFUL TRIP TO TOKYO AND OKINAWA.
http://www.tongapower.to/NewsRoom/HonourableDrSaiaMauPiukalaconcludessuccess.aspx

【沖縄電力の過去の取組み】

粟国可倒式風力発電設備が運転を開始しました 2014年 沖縄電力
https://www.okiden.co.jp/environment/report2015/pdf/sec3/sec3.pdf

㈱プログレッシブエナジー 可倒式風力発電システム(建設)
http://pec.ne.jp/business/wind/

台風に強い風力発電の沖縄・トンガ王国への設置 2014年12月 Asia Biomass Office
https://www.asiabiomass.jp/topics/1412_03.html

【JICAの取り組み】

トンガ王国 風力発電所整備計画準備調査報告書 2017年4月 JICA
http://open_jicareport.jica.go.jp/pdf/12288221.pdf

【フランスのベルニエ社のここ数年の動き】

※中国のSinovel社と協力
 French Vergnet to start offering Sinovel turbines 2015年7月23日
  https://renewablesnow.com/news/french-vergnet-to-start-offering-sinovel-turbines-485257/
 Signing of an exclusive distribution agreement 2016年5月30日
  http://www.sinovel.com/english/content/?189.html
 Vergnet Technical Team Visit Sinovel 2017年6月2日
  http://www.vergnet.com/fr/news/tag/sinovel-partnership-fr/

※カリブ諸島に進出
 VERGNET solutions to improve Islands Disaster Resilience、2017年10月23日
  http://www.vergnet.com/news/vergnet-solutions-improve-islands-disaster-resilience/
  http://www.vergnet.com/fr/news/vergnet-solutions-improve-islands-disaster-resilience-2/

※キャッシュフローが回らず、2017年8月末に倒産状態へ(半年の再建猶予)
 BRIEF-Vergnet declares itself insolvent to Tribunal de Commerce d'Orleans、2017年8月31日 ロイター
  https://www.reuters.com/article/brief-vergnet-declares-itself-insolvent/brief-vergnet-declares-itself-insolvent-to-tribunal-de-commerce-dorleans-idUSFWN1LH0RZ
 Vergnet enters into receivership、2017年9月4日 Windpower Monthly
  http://www.windpowermonthly.com/article/1443606/vergnet-enters-receivership

※フランスの企業再生団体が救済措置
 New owners for Vergnet 2017年12月15日 Windpower Monthly
  https://www.windpowermonthly.com/article/1452999/new-owners-vergnet

2018/03/20 14:08
ドイツの陸上風力入札制度の試行錯誤
日本でもFITから入札制への移行が検討されていますが、
先行して移行した欧州でも、入札制は順風満帆ではありません。

「入札制」は単なる手段であり、自動的にコストが下がる「打出の小槌」
ではありません。周到な準備と細部への配慮が無いと失敗します。
特に「資格審査なしの単純な価格入札」と「キャンセル時の罰則が軽い」
が重なると、一種の空抑えが横行して、計画穏座が頻発します。
価格以外も加味した総合評価で、当事者能力の無い無責任な事業者の
入札参加を排除する工夫が大切です。

「国民負担軽減」は重要ですが、やり過ぎて地域内の関連産業が壊滅すると、
国富流出(輸入に依存)と失業という形の国民負担が増えてしまいます。
欧州の再生エネ産業育成策は、太陽光では失敗しましたが、風力発電(特に
洋上風力。型式認証と融資審査で有効な非関税障壁を構築)では大成功です。

ドイツでも、再生可能エネルギー導入拡大と地域内関連産業育成という
最終目的に合致するように、不具合点を順次試行錯誤しています。

【ドイツの陸上風力の入札制の経緯】

① 風力発電でFITを導入【成功】
 → 順調に導入が増える。国内風車メーカも成長。

② 太陽光にもFITを適用【失敗】
 → バブルが発生して太陽光が急増。負担額も増えた。
 → 負担額の割に発電量が少ない/風力より費用対効果が悪い と酷評される。
 → 中国の太陽光パネルメーカが輸出攻勢。ドイツのQセルズは負けて倒産。

③(②の反省から)国民負担抑制(コスト削減)のために入札制を導入。
  陸上風力では小規模な市民風力に配慮して、優遇措置(許認可未取得での
  入札参加、落札後の建設猶予期間を4年に延長(大手は2年))を設定【失敗】

 → 複数の市民風力が政府調査の前年度実績コストを下回る非常識な低価格で応札して
   入札枠の100%を独占。大手専門企業は1件も落札できず。
 → 余りの低価格に落札された案件の実現性に懸念が広がる。
 →「このような低価格は産業的に持続可能ではない」「4年後にキャンセルが多発すると
   市場縮小で産業が持たない」と風車工業会(特にEnercon)から政府に苦情が上がる。

④ 今年2月の第4回入札から市民風力の入札資格を厳格化。【成功に復帰しつつある】
 → 大手事業者も一部の落札に成功。落札価格も少し上昇した。

【ドイツの入札制移行の日本語の解説記事】
ドイツのFIT制度、入札で競争論理を取り入れ ベルリン@対話工房
(1)改正の概要 http://www.taiwakobo.de/neu/energie/2018/eeg_ausschr.htm
(2)陸上風力  http://www.taiwakobo.de/neu/energie/2018/eeg_ausschr2.htm
(3)市民風力  http://www.taiwakobo.de/neu/energie/2018/eeg_ausschr3.htm
(4)同上の事例 http://www.taiwakobo.de/neu/energie/2018/eeg_ausschr4.htm

【関連する英文報道】

※ドイツ電力当局が2018年夏に陸上入札の市民風力優遇を見直しへ
Germany Plans to Reset Rules for Onshore Wind Farm Auctions 5月31日 Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-05-31/germany-is-said-to-reset-rules-for-onshore-wind-farm-auctions

※最近の入札制度で発電コストが下がったように見えるのは錯覚(将来価格の先取)に過ぎない(ドイツの調査)
Auctions didn’t make wind power cheaper, study finds 3月9日 Renew Economy
http://reneweconomy.com.au/auctions-didnt-make-wind-power-cheaper-study-finds-62144/

※最近の世界のニュース5件。ドイツの2月の陸上風力入札改革を含む。
5 industry trends and market developments
Germany shifts away from community projects in fourth onshore auction 3月5日 GWEC
http://gwec.net/5-industry-trends-and-market-developments/

※ドイツの制度改定後の最初の入札では落札価格は上昇した。
Germany awards higher prices in latest onshore wind power auction 2月20日 ロイター
https://af.reuters.com/article/africaTech/idAFL8N1QA4OK
・市民風力による採算割れレベルの低価格入札(4年後に実施不能でキャンセルする可能性大)
 を防ぐ改定後の初入札で、落札価格は前回3.8ユーロ/kWhから4.6ユーロ/kWhに上昇した。
・前回は全落札者が市民風力だったが、今回は大手事業者も一部を落札した。
 全132件・989MWの入札中、中小規模(市民主体)の落札は83件・709MWに留まった。

[ドイツ] 陸上風力競争入札、落札価格は低下するも制度の課題が指摘される
2017年12月14日 電気事業連合会
http://www.fepc.or.jp/library/kaigai/kaigai_topics/1257246_4115.html


【ドイツで風車工場の閉鎖が相次ぐ】

ドイツの陸上風力入札は、上限が2.9GW/年(参考:2017年陸上実績4.2GWから3割減)、
落札者に建設まで2~4年の猶予があり、キャンセル罰則も弱い、いう内容なので、
風車メーカの国内新規受注が急減しています。
このため Enerconは、ブレード、タワー、関連機器の工場閉鎖に追い込まれています。

Enercon suppliers to close、2018年3月27日 Windpower Monthly
https://www.windpowermonthly.com/article/1460614/enercon-suppliers-close

Production to end at Enercon blade supplier、2017年9月29日 Windpower Monthly
https://www.windpowermonthly.com/article/1445917/production-end-enercon-blade-supplier


NordexAccionaも厳しい状況です。

Why are turbine manufacturers doing so badly? 2018年3月28日 Bloomberg
https://www.bloomberg.com/gadfly/articles/2018-03-28/we-all-love-wind-power-unless-you-want-to-make-money

Wind turbine maker Nordex flags turnaround in German market 3月27日 ロイター
https://www.reuters.com/article/nordex-results/update-2-wind-turbine-maker-nordex-flags-turnaround-in-german-market-idUSL8N1R90M1


【世界の風車メーカは機器価格低下で利益率が減少】

ここ1,2年で風力発電の価格はドイツ以外でも世界的に劇的に下がっています。
これは一見、良い傾向に見えますが、市場の成長率を越えて低価格化が進むと、
産業界に流入する資金が細って企業体力が弱るので、持続可能でなくなります。

Bloomberg発表では世界の風力発電は、新設容量は約50GW/年を維持していますが、
年間投資額は10%程度減っています。つまり単価が低下しており、風車メーカは
売上は維持しつつも、利益率は減っている状況です。

風力発電機ベスタス、通期は7.4%減少
2月8日 NNA
https://europe.nna.jp/news/show/1723578
英文:※世界的な低価格化競争によりVestasの2017年の収益は前年比でー7.4%と低下した
   Vestas profit falls amid 'fierce' competition、2月7日 Market Watch
 https://www.marketwatch.com/story/vestas-profit-falls-amid-fierce-competition-2018-02-07
 ・2016→2017年で、利益profitは9.65億ユーロ→8.94億ユーロ、収益revenueは102.4億ユーロ→99.5億ユーロ、
  売上salesは10.494GW・95億ユーロ→11.176GW・89億ユーロになった。2017年の利益率は12.4%
 ・2018年の予測は、収益は100~110億ユーロ、利益率は9~11%。
 ・再生エネルギーの売電価格の過激な低下で世界的に競争が激化した。再生エネ産業の変化は極めて速い。
出典:Vestas Annual report 2017、2月7日 Nasdaq
  https://globenewswire.com/news-release/2018/02/07/1335083/0/en/Vestas-Annual-report-2017.html


【洋上風力の低価格入札も、まだ成否はわからない】

イギリスのエネルギー政策と再生可能エネルギー問題 2月18日 キャノングローバル戦略研究所
http://www.canon-igs.org/event/report/Article_Constable.pdf
・(英国の洋上風力の)コストが低下しているというのも「トリック」がある。
 今入札されているロジェクトの多くは、実際に建設するのが 2020 年頃の予定だ。
 その頃には温暖化対策の炭素税で火力発電コストが上がると期待して応札している。
 もし卸電力市場価格が上がらなければ、彼等は事業を実施しないだろう。
 ペナルティが緩いので「ギャンブルに参加する権利」を確保しているに過ぎない。

2018/03/13 23:00
Carbon Trustがハンマー不要な洋上基礎杭打設法の実証試験(BLUE PILOT)を開始
英国の研究機関Carbon Trustが新しいEU洋上風力研究プログラム(BLUE PILOT)の開始
を発表しました。OWA(Offshore Wind Accelerator)研究プログラムの一部です。

これは、上部に被せたタンク内でガス爆発させてモノパイル基礎を打ち込む新手法です。
2018年夏に実際に洋上で実機規模(Full scale)のモノパイルを打設する予定。
BLUE Hammerは業界注目の筋の良い技術なので、短時間に普及すると思います。

Carbon Trust Offshore Wind Accelerator launches new project to reduce costs
and underwater noise in offshore wind construction 3月13日 Carbon Trust
https://www.carbontrust.com/news/2018/03/offshore-wind-accelerator-blue-pilot/

【期待される効果】
・720MWの洋上サイトで3300~4000万ユーロ(43~52億円)・
0.09~0.12ユーロセント(0.12~0.16円)/kWhのコスト削減
・打設時の騒音を20dB低減
・モノパイルの疲労損傷を90%低減

【技術の詳細】
・元々はオランダHuisman社のベンチャー子会社Fistuca BVが2011年に開発。
・杭の上に水入りの鋼製タンクを被せ、内部で天然ガスを爆発させて、落水時の力積で杭を打つ。
・ハンマー打ちよりも、静音化(海棲哺乳類対策)と品質(杭の上面が痛まない)で利点あり。

https://www.huismanequipment.com/en/products/renewables/offshore_wind/fistuca_new_pile_driving_technology
 https://fistuca.com/technology/
 https://www.youtube.com/watch?v=ascYsnoyWS0

2018/03/07 23:00
洋上風車の大型化:GEが世界最大の風車 Haliade-X の開発を発表


洋上風力発電のコスト削減の一番の鍵は、超大型風車の採用による建設台数削減です。
そこで現時点で世界最大の風車は次の通りです。

 試験機:フランス Adwen が開発した AD-180-8.0(8MW・ロータ径180m)
 商用機:デンマーク MHI Vestas の V164-9.5(9.5MW・ロータ径164m)
(開発中:ドイツの SGRE の SG 8.0-167(8MW・ロータ径167m、2020年頃実用化)

さらに最大手発電事業者Ørstedの「12~15MW風車が必要」という声に応えて、
風車メーカ各社は超大型風車の開発を進めています。

10MW超級洋上風車は欧米では、SiemensGamesa(SGRE)、MHI Vestas、GE(旧Alstom)、
Senvion の4社が開発を表明しています。(上グラフ、出典:MAKE社)

まず先陣を切って、GEが12MW風車 Haliade X(12MW・ロータ径220m)
の開発を発表しました。ブレードは子会社のLM製で長さ107m。
市場投入は2021年だそうです。

【GEの発表】 3月6,7日、和文・英文

 大きいことはいいことだ ― GE、世界最大の洋上風力向け風力タービンを発表
  https://gereports.jp/haliade/

 GE develops the largest and most powerful Wind Turbine in the World: Haliade-X
  http://gereportscee.com/post/171643637761/ge-develops-the-largest-and-most-powerful-wind

【報道】
 ※GEが4億ドル(430億円)かけて巨大風車を開発
 GE Will Spend 0M to Develop Record Giant Offshore Wind Turbine、3月7日 ENR
 https://www.enr.com/articles/44120-ge-will-spend-400m-to-develop-record-giant-offshore-wind-turbine


なお、Bloomberg NEFは超大型風車の普及時期を以下のように予測しています。
(WindExpo2018での同社発表)

2021年9MW、2022年10MW、2023年11MW、2024年12MW、2025年13MW

2018/02/19 23:00
外務省の有識者会議が再生可能エネルギー開発支援を提言
河野太郎議員はエネルギー問題に対して独自の見識を持つ事で有名です。
外務大臣就任に伴い、有識者会合を組織して、今の日本政府のエネルギー政策
に一石を投じています。

【3月7日の自然エネルギー財団のRevision2018でも基調演説】
自然エネルギー財団主催国際シンポジウム「REvision2018:自然エネルギー
大量導入が世界を変える」における河野外務大臣挨拶(3月7日、外務省)
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ch/page1_000485.html

【関連報道】
「日本外交の隘路」河野太郎外相諮問の気候変動に関する有識者会合が
政府のエネルギー政策を批判 2月19日 産経新聞
 http://www.sankei.com/politics/news/180219/plt1802190033-n1.html

気候変動 に関する有識者会合にて,河野大臣にエネルギーに関する提言
が提出されました。 2月19日 外務省気候変動課Twitter
 https://twitter.com/CCMofa_Japan/status/965539944419569664

“再生可能エネルギー開発支援で貢献を” 有識者会合が提言、2月19日 NHK
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180219/k10011335401000.html
・河野大臣は「世界的なルールが変わる中、日本も先取りして対応しなければならない。
 気候変動の影響に危機感を感じている国は多く、日本の外交も問われている。
 政府の中の議論にしっかり役立てていきたい」と述べました。

河野太郎外相「このままにしておくのは好ましくない」
日中外相の外国訪問件数の差に危機感 2月20日 産経新聞
 http://www.sankei.com/politics/news/180220/plt1802200014-n1.html
・河野氏が諮問した外務省の「気候変動に関する有識者会合」の提言が、
 原子力発電所の再稼働を推進する政府方針と異なることについて
 「有識者に自由に国際的な動向や幅広いデータに基づいた議論をしてもらった。
 1から10まで政府と同じ見解にならなくても当然だ」とした上で
 「政府内の議論で参考にしたい」と話した。

【出典】
◆第8回(大臣主催第2回)気候変動に関する有識者会合 2月19日 外務省
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ch/page22_002958.html
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000335203.pdf

【外務省の気候変動に関する有識者会合の動き】
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ch/page4_003622.html
◆第1回気候変動に関する有識者会合(結果)(1月9日)
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ch/page4_003621.html
○「第一回 気候変動に関する有識者会合」河野外務大臣挨拶 1月9日 外務省
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000323810.pdf
○第一回の発表資料
 「エネルギー転換」に向かう世界と日本 事前エネルギー財団
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000323638.pdf
 世界の電力市場見通し Bloomberg
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000323639.pdf
○第二回(1月17日)の発表資料
 風力発電の世界トレンドと日本の課題 GE
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000325589.pdf
 洋上風力発電の世界動向と日本が学べること 三菱Vestas
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ch/page22_002932.html
関連報道:河野太郎外相じわり独自色 国際会議出席に有識者会議設置と
 再生可能エネ推進に意欲…狙いは「脱原発」? 1月14日 産経新聞
 http://www.sankei.com/politics/news/180114/plt1801140022-n1.html

【次の動き:在外公館職員の啓発・IRENA事務局長来日】
◆平成29年度エネルギー・鉱物資源に関する在外公館戦略会議の開催
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005649.html
 ○開催日・場所:2018年2月19日~21日 外務省本省
 ○参加者:エネルギー・鉱物資源の安全保障確保に関係する17か国・地域に所在する
      在外公館で当該業務に従事する職員。関係省庁・機関,有識者,企業等も参加。
※この会合でも三菱Vestas等の風力関係企業がプレゼン発表しています。
 洋上風力発電の世界動向と日本の選択、2月19日 三菱Vestas発表
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000336848.pdf

◆岡本外務大臣政務官の国際セミナー
「再生可能エネルギー外交の時代と日本の進路」への出席 4月4日 外務省
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press1_000216.html
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000350973.pdf

【その他の過去の動き】
河野太郎外相、国際再生エネ(IRENA)総会で日本批判 低水準に「嘆かわしい」
2018年1月14日 産経新聞、読売新聞、毎日新聞
 http://www.sankei.com/world/news/180114/wor1801140023-n1.html
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180114-OYT1T50109.html
 https://mainichi.jp/articles/20180115/k00/00m/010/071000c

IRENA発行「再生可能エネルギー導入における入札制度の動向」レポートの概要
2017年12月7日 外務省が翻訳して掲載
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/es/page25_001122.html

2018/01/24 23:31
中国風車メーカSinovelの産業スパイ事件が終局に近づく
中国の風車メーカSinovelが技術供与元の米国企業AMSC/Windtechを産業スパイした事件。
2011年に発覚した、世界の風車業界では有名な知財侵犯です。
スパイ小説のようですが、本当にあった色々な面でひどい話。

【最新報道】
中国風車製造大手(華鋭Sinovel)、米企業秘密の窃盗で有罪 2018年1月26日 産経Biz
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/180126/mcb1801260500012-n1.htm
英文記事:
 China's Sinovel convicted in U.S. of trade-secret theft、1月24日 ロイター
  https://www.reuters.com/article/us-sinovel-wind-gro-usa-court/chinas-sinovel-convicted-in-u-s-of-trade-secret-theft-idUSKBN1FD2XL
 China's Sinovel Convicted in U.S. of Stealing Trade Secrets、Bloomberg
  https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-01-24/chinese-firm-sinovel-convicted-in-u-s-of-trade-secret-theft
 Chinese Firm Found Guilty of Stealing Wind Technology from U.S. Supplier、MSN
  https://www.msn.com/en-us/finance/companies/chinese-firm-found-guilty-of-stealing-wind-technology-from-us-supplier/ar-AAv8xF9
 AMSC Provides Update on Landmark Conviction of Sinovel、1月29日 AMSC社発表
  http://ir.amsc.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=1055599

【現在までの経緯】
前段
① 中国政府は2000年代初頭に風力発電を導入を始める際に70%の現地調達率規制を制定。
  海外企業の参入抑制と国内メーカの育成を図る。(米国商務省の圧力で2009年10月に撤廃)
② 中国風車メーカは欧米企業(風車メーカや設計コンサル)から技術供与を得て風車製造を開始。
③ しかし設計図面入手後は、勝手に改変して以降のライセンス料を払わない悪習が横行した。

技術供与開始
④ 米国AMSC/Windtech社は 中国華鋭Sinovelに技術供与する際に、契約打切の予防策として、
  制御ソフト(LVRT等)を暗号化して現物支給(Black box化)する工夫で支払継続を確保。
⑤ Sinovel社は中国市場で急成長して、2010年には世界シェア2位(4386MW/年、累計は10GW)
  まで躍進。海外進出も開始した。 AMSC社にとっても最大の顧客になった。 *1

契約破棄と産業スパイ発覚
⑥ 2011年3月Sinovel社が突然、AMSC社との契約を破棄、制御系の内製化を開始。
  AMSC社は売上急落で経営危機に陥る(約8億ドルの損害)。 *2
⑦ 6月にAMSC社技術者が密かに新製Sinovel風車を調べてID番号の無い制御ソフトを発見。*3
⑧ 調査会社(探偵)による情報漏洩源の調査で、AMSC社のオーストリアの子会社社員の
  Dejan Karabasevic(3月に辞表提出)が制御ソフトのソースコードを違法に入手して
  いたと判明。*4  Sinovel幹部との通信履歴(SkypeとE-mail)も入手された。 *5
⑧ 9月に犯行社員が逮捕されて、「SinovelにCash&Womenで買収されていた」と白状。*6
  結局、2011年後半にオーストリアで懲役1年、執行猶予2年の有罪判決を受けた。
 (注:当初求刑の懲役20年より軽いので、司法取引等があったのかもしれません。)

訴訟へ
⑩ AMSCがSinovelを産業スパイと損害賠償(10億ドル以上)で告訴(米中双方)。
⑪ Sinovel社は海外進出で米国に風車を輸出していた(米国内に実害が出た事案) *7
  のが仇となり、米国裁判所にも管轄権が生じた。
⑫ 中国での訴訟は第一審ではAMSCが敗訴(国際紛争では自国贔屓の判決が出易い)
  しかし上告後の上級審では証拠が余りに明白で悪質だったため、Sinovelが敗訴。
⑬ Sinovel社は海外事務所を撤廃して中国国内だけの商売に戻る。
⑭ Sinovelは業績急落。上層幹部が次々辞職。 *8
⑭ キャシュ不足で債券償還ができなくなり(不渡発生)、上海証券市場で管理ポスト入り。
  しかし地方政府とコネがあるので倒産せずに生き残る。
⑮ 今回、米国の裁判所でも陪審から有罪評定。
  トランプ政権の対中国強硬策の槍玉にあげられる。 *9
  司法省はAMSCが株主資本10億ドル以上と約700人の雇用を失ったと評価。
⑯ 刑事罰と損害賠償の詳細は4~6月頃に判決が出る見込み。

*1 2011年3月までに1億ドル以上、以降の将来見込は7億ドル以上

*2 Chinese firm paid insider ‘to kill my company,’ American CEO says、2013年8月6日 NBC News
  https://www.nbcnews.com/news/other/chinese-firm-paid-insider-kill-my-company-american-ceo-says-f6C10858966

*3 暗号無効化と試験運用期間(2週間)の無限延長の2点が改竄されていた。
  AMSC/Sinovel industrial espionage thriller takes a procedural detour, threatening U.S. criminal prosecution、2013年9月9日
  https://www.lexology.com/library/detail.aspx?g=c06d91c6-1d63-4fb0-a1a7-d803bf90ef60

*4 セキュリティ権限を持つ同僚に偽メールを送って米国内のサーバからオーストリアに
  ダウンロードさせた。詐欺に近い手法(一種のSocial hack)と思われる。

*5 犯行社員とSinovel幹部の通話記録の例
  Mr. Karabasevic chatted with a Sinovel executive about modifying AMSC’s software.
  “If you succeed, Sinovel can separate from AMSC,” Mr. Karabasevic.
  “I need your strong help,” the Sinovel executive replied.
  “All girls need money. I need girls. Sinovel needs me,“ Mr. Karabasevic.
  “Best man. like Superman...haha,“ the Sinovel executive.
  “Yes, superman,“ replied Karabasevic.

*6 Sinovelは報酬170万ドル、女性(ハニートラップ)、逢引用の北京のアパート、を提供。
  報酬は8月に犯人の別のガールフレンド(ベトナム人Cabin Attendant)の口座で受取る。

*7 2010年12月に米国マサチューセッツ州水資源公社のボストン郊外の排水ポンプ場に1.5MW
  風車を納入。基礎工事不良や着氷検知システム不調でもトラブルがあったそうです。

*8 在職中に米国で有罪判決が出ると、以後は米国に入国できなくなる(逮捕される)ため、
  会社を見捨てて個人的な保身に走ったもの。

*9 トランプ米大統領、中国に巨額の罰金検討 知的財産権侵害で報復、2018年1月17日ロイター
  https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011800319

  米、中国製品600億ドル規模に制裁関税へ 3月23日 BBC
  http://www.bbc.com/japanese/43511294

2017/12/20 16:22
欧州の脱炭素化の動き(追記2)
【追記2】
2017年12月17日放送の「激変する世界ビジネス “脱炭素革命”の衝撃」の
先駆けになったNHKの海外向け番組シリーズ「Zero Carbon Ahead」の
日本語版がBS1で放送されます。

 2018年2月26日(月)23:00
    3月 5日(月)23:00
    3月12日(月)23:00


2017年11月6日~17日にドイツ・ボンで開催されたCOP23を経て、
世界は地球温暖化防止にむけた脱炭素化が急速に進んでいます。
この動きを日本のテレビや新聞も報道しています。

 激変する世界ビジネス “脱炭素革命”の衝撃 12月17日放送 NHKスペシャル
 http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20171217
 ・戸田建設の浮体式洋上風力への取組も紹介されました。
 動画:https://www.youtube.com/watch?v=fDP4jvma6Pk
    http://www.dailymotion.com/video/x6bt99k
 書起し:http://o.x0.com/m/643413
     https://jcc.jp/news/12979579/

 【まとめ&反響】NHKスペシャル「激変する世界ビジネス 脱炭素革命の衝撃」
 http://yonta64.hatenablog.com/entry/NHKSPECIAL/2017-1217-COP23

海外(特に欧州)では「温暖化ガス排出は将来の人類への犯罪だ」「経済優先で
CO2排出を続けるのは倫理にもとる」の認識(気候正義)が広がっています。
欧米系の銀行は石炭火力には「倫理違反」で融資できなくなっています。
(例外は日本の銀行だけ)

 「脱・炭素化」の動きは、もはや世界の常識だ 12月31日 東洋経済
 http://toyokeizai.net/articles/-/202931

 国際環境NGO5団体、世界金融機関大手42社の石炭火力発電への融資・証券引受額公表
 12月13日 Sustainable Japan、Yahoo News
 https://sustainablejapan.jp/2017/12/13/banks-paris-agreement/29596
 https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20171215-00079326/
 ・石炭火力への融資額は融資額は、みずほ銀行が世界1位(約115億2500万ドル)、
  三菱UFJ銀行が世界2位(約101億1890万ドル)。

 温暖化対策 日本50位 COP23 脱石炭火力の流れに乗れず 11月17日 東京新聞
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201711/CK2017111702000133.html

 グローバル資本の『石炭離れ』、世界の巨大銀行で鮮明 3月24日 Sustainable Brand Japan
 http://www.sustainablebrands.jp/news/us/detail/1188905_1532.html

欧州では、環境汚染や温暖化の外部コストと、産業振興等の便益を考慮した場合、
石炭火力よりも再生可能エネルギーの方が経済的だ、という認識が広がっています。

 再生可能エネルギーはなぜ世界中で推進されているのか 
 12月14日 再生可能エネルギー経済学講座(京大大学院 安田教授)
 http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/renewable_energy/occasionalpapers/occasionalpapersno54

本気で温暖化を2℃以内に収めるなら、今後排出できるCO2には上限(1兆トン)があります。
これを守るには発電だけでは足りず、運輸(電気自動車)や製鉄・セメントでも対策が必要です。
製鉄・セメント業界の脱炭素化は製法(化学反応)的に難しく、発電や電気自動車より遥かにコスト
が掛かるので、比較的安価に対策可能な発電分野でCO2排出枠を使うのは費用対効果が悪いです。

 詳細は下リンクの12月6日のJWEA風力シンポでのJWPA説明の追補版参照。
 なぜ欧州は脱炭素化を進めるのか?
 http://jwpa.jp/pdf/20171206_JWEA_Sympo.pdf


一方、日本では系統連系の制約から、中々、再生可能エネルギーの導入拡大が進みません。
「停止中の原子力と計画中の石炭火力で満杯なので送電線に空きが無くて再生エネが入らない」
という現状は、世界の趨勢とは正反対の状況です。

 再生エネ普及を阻む大手電力会社の“壁”
 12月18日夜放送 テレビ朝日 報道ステーション(ニュース動画)
 http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000116952.html
 http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2017-12-20

なお系統制約に対して経済産業省も対応を図っています。

 送電線「空き容量ゼロ」は本当に「ゼロ」なのか?~再エネ大量導入に向けた取り組み
 12月26日資源エネルギー庁
 http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/akiyouryou.html

しかし原子力と石炭火力に関しては経済産業省の意見は変っていません。

 エダヒロの「エネルギー情勢懇談会」レポ!
 https://www.es-inc.jp/energysituation/report/archives/2017_index.html

 環境省、洋上風力発電を推進 「脱石炭」へ再生エネ方針 経産省は早期転換に反発
 1月14日 産経新聞
 http://www.sankei.com/life/news/180114/lif1801140042-n1.html

                      以上


補注:温暖化懐疑論について

脱炭素化を温暖化懐疑論の観点から否定する人もいます。
しかしこの方々は多分、古い情報を元に誤解しています。
ここ数年の懐疑論の論拠は主に次の2点です。
 ・1998~2012年の平均気温上昇が止まっている(ハイエイタス)
 ・気温変化の原因はCO2ではなく太陽活動(スベンマルク説)
しかし両主張は現在は支持を失っています。

まずハイエイタスは2012年で終わり、2013年以降は急激に上昇しています。
つまり温暖化傾向はリバウンドしています。

 世界の年平均気温の偏差の経年変化(1891〜2017年:速報値)
 http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/an_wld.html

またハイエイタスの解釈や原因についても研究が進んでいます。
 http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/a/060800007/
 http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/research/news/2014/20140901.html
 http://www.metsoc.jp/tenki/pdf/2014/2014_04_0051.pdf

次はスベンマルク説です。これは、
 太陽活動低下(黒点数減少)→(太陽系外に対するバリヤー役の)太陽風の弱化
 →高エネルギーな銀河放射線の地球到達量増加
 →放射線電離で雲の生成量増大(霧箱効果で雲核生成)
 →雲による太陽光反射量増大→地表到達太陽光の減少→寒冷化
という仮説です。

 銀河からの宇宙線が直接地球の天候を変化させている
 http://oka-jp.seesaa.net/article/374000576.html

1645~1715年の太陽黒点消失期(マウンダー極小期)が、ロンドンで
テムズ川が凍るほど寒冷期だったことが傍証になっています。

 中世の温暖期と近世の小氷期における太陽活動と気候変動 東京大学宇宙線研究所
 http://www.yoho.jp/shibu/tokyo/41miyahara.pdf

一方で2009年以降の太陽活動周期(サイクル24)は史上3番目の低レベル(少黒点数)でした。
次のサイクル25も同様だと予測されています。
マウンダー極小期ほどではないですが、ダルトン極小期並には低下しています。

 ここ400年の黒点数の推移
 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Sunspot_Numbers.png
 太陽の異常は極限に 2017/12/22
 https://indeep.jp/solar-cycle-24-is-finished-in-historical-short-span/

スベンマルク説が正しければ寒冷化が進むはずですが、
2013年以降の気温観測データは逆に温暖化進行を示しています。

地球の平均気温と太陽活動のトレンドは、1980年以降は乖離が著しくなっています。
これはCO2の温暖化効果が太陽活動の寒冷化効果より大きいことを示唆しています。
 https://www.skepticalscience.com/translation.php?a=18&l=11
 http://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/17/17-1/qa_17-1-j.html

以上のように数年前の温暖化懐疑論の根拠は、今は既に失われています。

2017/09/29 23:00
日本の風力発電のコストの研究報告
日本の再生可能エネルギーのコストは海外より高いと言われています。
 http://jwpa.jp/page_250_englishsite/jwpa/detail_e.html

そこで現状のコスト高の原因究明と今後のコストダウンについての調査が行われています。

電力中央研究所が9月29日に報告書を公開しています。

 2050年までの太陽光発電・風力発電の将来コストに関する考察
 2017年9月29日 (一財)電力中央研究所 社会経済研究所 研究資料
 http://www.denken.or.jp/jp/serc/source/pdf/Y17501.pdf


自然エネルギー財団も6月14日に研究結果を公表しています。

 日本の風力発電のコストに関する研究
 2017年6月14日 自然エネルギー財団
 http://www.renewable-ei.org/activities/reports_20170614.php

 日本の自然エネルギーコストが安くなるのはいつなのか?
 2017年5月12日 自然エネルギー財団
 http://www.renewable-ei.org/column/column_20170512.php

2017/09/28 23:00
大型クレーンを使わない風車の建設方法
風車のタワー自体で荷重を支えて、大型クレーンを使わないで風車のナセルとロータを据え付ける
ウインドリフト工法が、秋田県の三種浜田風力発電所(2MW×3台)で採用されました。

空中で巨大風車の羽根を起こす 三種浜田風力発電所建設工事
2017年9月28日 大林組 (含む説明動画)
http://www.obayashi.co.jp/projects/project46

超大型クレーン不要で大型風車を建設、大林組と巴技研が開発 2017年5月30日 Tech On
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/053007739/?rt=nocnt

ウインドリフトとは?
http://www.obayashi.co.jp/service_and_technology/related/tech074
http://www.tomoegiken.co.jp/lso/method/liftupsystem_windlift.html


なお海外では、オランダのLagerwey社(倒産から会社更生法で復活)が、
タワー付属クレーン(Climbing Crane)による風車据付を開始しています。
2017年8月にオランダ北部のEemshaven港でL136 - 4MW風車の据付に成功。
10月には2台目を据え付ける予定。

Lagerwey tests its Climbing Crane 2017年8月30日 Lagerwey発表
https://www.lagerwey.com/blog/2017/08/30/lagerwey-test-climbing-crane-eemshaven/
https://www.lagerwey.com/blog/2017/02/20/eerste-fotos-bouw-lagerwey-climbing-crane/
https://www.lagerwey.com/blog/2016/06/15/lagerwey-designs-the-worlds-first-climbing-crane/

説明動画
Lagerwey Crane, the world's first climbing crane
https://www.youtube.com/watch?v=ZUzwk_Gr-rE


さらに洋上風車据付でもSEP不要のクレーンレス工法の構想があります。

※タワーに沿ってナセルを登攀させる新工法(SENSE:Self Erecting Nacelle System)
Automating construction and a spar buoy of geopolymer concrete could take big bites
out of offshore construction costs 2017年10月23日 Windpower Engineering
http://www.windpowerengineering.com/construction/automating-construction-spar-buoy-geopolymer-concrete-take-big-bites-offshore-construction-costs/
http://senseoffshore.co.uk/howSenseWorks

2017/08/31 18:24
デンマーク洋上風力視察団をState of GreenがWeb Newsで紹介

JWPA主催のデンマーク洋上風力視察団(8月27日出発)が、同国の再生エネルギー普及機関 State of Green のWeb Newsで紹介されました。

JAPAN LOOKS TO DENMARK FOR WIND ENERGY EXPERIENCE、8月31日 State of Green
https://stateofgreen.com/en/profiles/state-of-green/news/japan-looks-to-denmark-for-wind-energy-experience

Anholt洋上サイト船上視察の現地のTVニュース動画
https://www.tv2ostjylland.dk/artikel/japansk-vindmoelle-industri-henter-inspiration-fra-oestjylland

団長の特殊高所技術 斎藤薫氏による報告
JWPAデンマーク洋上風力視察団
http://www.tokusyu-kousyo.co.jp/jwpa-vol1-4052/
http://www.tokusyu-kousyo.co.jp/jwpa-vol2-4088/


2017/07/31 23:00
風力発電の環境アセス
最近の環境省の見解を紹介します。

風力発電施設から発生する騒音に関する指針について 2017年5月26日 
http://www.env.go.jp/air/noise/wpg/shishin_H2905_2.pdf

・全国の風力発電施設周辺で騒音を測定した結果からは、
 20Hz 以下の超低周波音については人間の知覚閾値を下回り、
 また、他の環境騒音と比べても、特に低い周波数成分の騒音の卓越は見られない。
・風力発電施設から発生する超低周波音・低周波音と健康影響については、
 明らかな関連を示す知見は確認できない。

この指針に併せた改訂

 「低周波音問題に関するQ&A」
 http://www.env.go.jp/air/teishuha/qa/index.html
 ・Q10,Q11が改訂された。

 低周波音防止対策事例集(環境省水・大気環境局大気生活環境室)
 http://www.env.go.jp/air/teishuha/jirei/index.html
 ・低周波音の発生源(低周波音の問題が発生する可能性のあるもの)
  の記載から「風車」は削除された。

2017/06/15 23:57
風車のタワーでスケボーを遊ぼう(スペインのEolo project)
情熱の国スペインでは スケボーも破天荒です。
確かにタワーの曲面は ハーフパイプ と同じですね。

スペイン北部の Asturias にある風車のタワー工場で撮影。
公開日が6月15日なので、これも Global Wind Day イベントだと思います。

Sheckler, Sorgente, Wright, León Present Eolo(動画)
http://skateboarding.transworld.net/videos/sheckler-sorgente-wright-leon-present-eolo/

舞台裏
https://www.redbull.com/jp-ja/eolo-project-skating-a-wind-turbine
https://www.redbull.com/jp-ja/making-of-eolo-skate-turbines

2017/04/27 14:02
ウィンドデイ企画を募集: 7/29三種サンドクラフト祭、7/30北九州洋上クルーズ

ウインドデイ(6月15日)は世界的な風車のお祭りです。欧州で2007年に始まり、日本では2008年横浜開催から今年で10周年になります。今年の開催まで後約3ヶ月です(日本では梅雨時なので、4~8月に時期を拡げて開催)。

過去の開催報告 : http://jwpa.jp/activities/info05_01.html

そこで従来に加えて何か華のある(マスコミ受けする)企画も実施できればと思っています。

イベント案の例:
1) テレビ番組に取材を申し込む。
2) 出前授業の大量実施 http://www.eco-akita.org/topics/568/
3) 工作教室 http://jwpa.jp/pdf/PetbottleWindmillCraftwork.pdf
4) スポーツイベント(例:ボルダリング)の誘致

従来のグッズ提供・説明員派遣に加えて、今年は+αの協力も可能です。
ご賛同頂ける風力発電関係者の方々や、アイデアをお持ちの方、有名人に伝手のある方は、JWPA事務局 office@jwpa.jp まで連絡を頂きたく、宜しくお願い致します。

開催依頼状: http://jwpa.jp/pdf/GWD2017_invitation.pdf


開催報告:

・4月15・16日(土日)にエコ・パワーが三重県の度会ウィンドファームでお披露目会を開催しました。
 https://www.eco-power.co.jp/news.html
 http://jwpa.jp/pdf/GWD_20170426_MieWatarai.pdf

・横浜市と共同で5月28日(日)久里浜での「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」にペットボトル風車工作教室で参加(添付写真)。
 http://www.keikyu.co.jp/information/recommend/tetsudou_fes2017/
 http://www.keikyu.co.jp/report/2017/20170407HP_17001MOh.html
 https://www.facebook.com/GlobalWindDay/photos/a.270619156340228.62198.143733112362167/1391261594275973/?type=3

・5月30日(火)にユーラス秋田港ウィンドファームで見学会を実施。

・6月4日(日)に秋田県能代市で開催。雨天にも関わらず、約800人が参加してクイズ大会や見学会を実施。

・6月16日(金)午後に日本電機工業会館で、第5回風力発電関連産業セミナー/第90回新エネルギー講演会を開催。
 http://www.jema-net.or.jp/Japanese/info/seminar/20170616.html

・6月17日(土)に銚子で洋上風車見学クルーズを実施。

・6月23日(金) 宮崎県のJRE中九州大仁田山風力発電所の地元で出前授業
 http://www.jre.co.jp/community/event.html

・6月25日(日) 横浜市ハマウイングの親子風車見学会。
 http://www3.hp-ez.com/hp/npo2017
 http://yokohama.ontaikyo.org/report_new/2017_06_25_furyokuhatudenkengakukai.pdf

・6月29日(木) 足利工業大学の風力エネルギー利用総合セミナー
・7月5日(水) パシフィコ横浜でのRE2017 展示会の風力発電セミナー

・7月8日(土) 山形県のJRE酒田風力発電所の見学会
 http://www.jre.co.jp/community/event.html

・7月8日(土) 鹿児島県の長島黒ノ瀬戸風力発電所で風車見学会&出前授業

今後の予定:

・7月12日(水) 青森県六ヶ所村の睦栄風力発電所で見学会

・7月23日(日) 千葉県松戸市のNPOさくら広場が風車工作教室
   https://www.facebook.com/sakurahirobamatsudo/photos/a.646475268880729.1073741828.645717485623174/661278540733735/?type=3&theater

・7月29日(土) 秋田県三種市の「サンドクラフト2017inみたね」で風車見学&ヒラメ稚魚の放流会
 http://www.akitafan.com/archive/events/25979

・7月30日(日) 風力発電施設見学会~グローバルウインドデイ2017 in 北九州
 http://www.kitaqport.or.jp/jap/topics/globalwindowday20170730.html
 ・ロバロ軸受工場見学、風車見学、船からの洋上風車見学

2017/03/27 19:55
自作風車のコンテスト
風力発電は、理科教育・工学実習の教材としても注目されています。
そこで国内の著名な自作風車コンテストをいくつか紹介します。

1.風力発電コンペ「WINCOM2017」
  http://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/event/wincom
 ・日本大学生産工学部が主催。今年で10回目になる伝統のある競技会です。
 ・毎年11月上旬に日本大学で開催。参加申込は7~9月頃です。
   一昨年の第8回WINCOM2015の観戦記
   https://www.jstage.jst.go.jp/article/jwea/39/4/39_535/_pdf
 ・このコンペに参加した中学生が、2015年に「小型風車制作記」で
  第17回全国中学高校Webコンテストの最優秀賞も獲得しています。
   http://webcon.japias.jp/library/17win/team170009.html
   http://contest.japias.jp/tqj17/170009/index.html
   http://contest.japias.jp/tqj17/170009/staff.html

2.〜未来の洋上風力発電所を設計せよ〜 Mission E
  https://nsengi-mission-e.jimdo.com/
 ・新日鉄住金エンジニアリングとリバネス社が主催。2015年度から始まりました。
 ・チーム参加で1年かけて浮体式洋上風車を作り、水槽で試験して優勝者を決めます。
 ・6月頃に教師向け説明会、7月に参加校決定、地方予選を経て本選へ。
  翌3月に最終審査で優勝が決まります。
   今年の最終審査開催の記事
    https://lne.st/2017/03/20/missione/
   参加校の感想例
    http://www.tokyoseitoku.jp/js/learn/science_tsp/160506162722.html

3.洋上風力発電設備の設計・製作コンテスト
  エンジニアを目指す大学生たちが競い合う
 ・日本財団が主催の1泊2日の競技会です。
 ・2016年度に始った「日本財団 オーシャンイノベーションコンソーシアム」活動の一つ。
   直近では2017年3月15.16日に開催されました。
   http://www.nippon-foundation.or.jp/news/pr/2017/10.html

4.IoT技術を活用し風車風力発電機の発電効率の改良を試みよう!
  「神楽坂サイエンスアカデミー」の2017年度の企画
  http://www.iij.ad.jp/ksa2017/
 ・東京理科大学とインターネットイニシアティブ社(IIJ)による中高生向け理科教育イベント。
 ・チーム参加で3ヶ月かけて小形風車を改良して、発電量を競います。
 ・現在、参加者を募集中(下リンク。4月28日(金)12:00受付締切) 
  http://www.iij.ad.jp/ksa2017/index.html#block01
   関連記事
   http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2017/0322.html
   http://resemom.jp/article/2017/03/27/37283.html
 ・東京理科大学には学内で授業への風車コンテスト活用の実績があります。
   https://www.jstage.jst.go.jp/article/nagare1982/26/2/26_2_81/_pdf
   https://oae.tus.ac.jp/fd/node/439


その他の、地域や学校単位でのコンテストの例

 玉川学園風車コンテスト
 http://www.tamagawa.jp/research/academic/project/twp/

 高専・長岡技科大連携風車設計コンテスト
 http://www.nagaoka-ct.ac.jp/info/zaikou-info/28569.html

 埼玉県立川口工業高校 発電コンテスト
 http://www.kawaguchi-th.spec.ed.jp/index.php?key=jo8tvx3rx-27
 http://www.nakatyou.com/?p=5967

実施のコツ

 タービンデザインコンテスト
  http://www.gijyutu.com/kyouzai/kikai/terbin.html
  http://gijyutu.com/main/archives/639

2016/11/10 14:16
海外団体が風力関連の報告書を発行
この秋に海外で多数の風力関連の報告書が発行されています。

1) 世界風力会議(GWEC)の将来予測・年間報告書

  Global Wind Energy Outlook 2016、2016年10月18日
  http://www.gwec.net/publications/global-wind-energy-outlook/global-wind-energy-outlook-2016/
  ・風力発電は2030年には世界の電力上の20%(年間2.2TWh)を供給できる見込み

  Global Wind Report 2015、2016年4月
  http://www.gwec.net/publications/global-wind-report-2/global-wind-report-2015-annual-market-update/

  「30年に風力が総発電量の最大2割」 世界風力エネ会議が予測  日本経済新聞 10月19日
  http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK19H05_Z11C16A0000000/

2) IEA Wind年間報告書

  IEA Wind Annual Report for 2015、2016年9月
  http://www.ieawind.org/annual_reports_PDF/2015.html

3) 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)の洋上風力の報告書

  Innovation Outlook: Offshore Wind、2016年10月
  http://www.irena.org/menu/index.aspx?mnu=Subcat&PriMenuID=36&CatID=141&SubcatID=2742
  ・世界の洋上風力発電は2030年までに累計100GWになる見込み

4) 米国エネルギー省(DOE)の風力発電の技術&市場の年報、分散電源向け風力の将来予測

  2015 WIND TECHNOLOGIES MARKET REPORT、2016年8月25日
  http://energy.gov/eere/wind/downloads/2015-wind-technologies-market-report
  ・米国の風力発電のコスト低下、低風速域(ClassⅢ)化、大型化の図表を含む

  ※分散電源向け風力の将来予測
  Assessing the Future of Distributed Wind: Opportunities for Behind-the-Meter Projects、2016年11月
  http://energy.gov/eere/wind/downloads/assessing-future-distributed-wind-opportunities-behind-meter-projects

5) 国際エネルギー機関(IEA)が将来予測と再生可能エネルギーの報告書を発表

  World Energy Outlook 2016、11月16日 IEA
  https://www.iea.org/bookshop/720-World_Energy_Outlook_2016

  パリ協定達成へ「8200兆円必要」 IEA見通し、11月16日 日本経済新聞
  http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H8H_W6A111C1FF1000/

  Medium-Term Renewable Energy Market Report 2016、10月25日 IEA
  https://www.iea.org/bookshop/734-Medium-Term_Renewable_Energy_Market_Report_2016

  世界の再生可能エネルギーさらに加速、今後5年間の増加量を13%上乗せ、10月28日 Smart japan
  http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1610/28/news023.html

6) REN21の可能エネルギーの年間報告書

  RENEWABLES 2016 GLOBAL STATUS REPORT、2016年6月
  http://www.ren21.net/wp-content/uploads/2016/06/GSR_2016_Full_Report.pdf

  再生可能エネルギー世界白書2016(和文)
  http://www.ren21.net/wp-content/uploads/2016/11/GSR2016_Key_Findings_JP.pdf

7) 米国エネルギー局(EIA)が将来予測を発表

  ANNUAL ENERGY OUTLOOK 2016、2016年9月15日
  http://www.eia.gov/forecasts/aeo/
  https://www.eia.gov/forecasts/aeo/executive_summary.cfm
  ・2015年の米国の年間電力供給で風力発電が4.7%を占めた

  発展途上にある米国の風力発電 〜 2015年で総発電電力量の4.7% 11月17日 アメーバニュース
  http://news.ameba.jp/20161117-143/

以上

2016/04/19 23:00
世界風力会議(GWEC)が年間報告書を発表、欧州協会が改名、米国協会は雇用数を発表

日本風力発電協会(JWPA)が加盟している世界風力会議(GWEC)が年間報告書(英文)を発行しました。
2015年の各国導入量の統計、2020年までの導入予測、日本を含む20の国と地域の個別解説が掲載されています。

 Global Wind Report 2015
 http://www.gwec.net/publications/global-wind-report-2/global-wind-report-2015-annual-market-update/

また欧州風力エネルギー協会が、EWEA から WindEurope への改名を発表しました。
同協会内で数年前から検討されていたイメージチェンジ(Rebranding)戦略の一環です。
これに伴い10月ハンブルグ開催の国際大会の名前も、WindEurope/EWEA2016 に改名されました。
今後はホームページ等も改変される可能性があるので、過去の文献のURLリンク等は注意が必要です。

 Why did EWEA decide to rebrand to “WindEurope”?
 https://windeurope.org/about-us/new-identity/

 従来のホームページ
 EWEA(The European Wind Energy Association)
 http://www.ewea.org/

米国風力エネルギー協会は、2015年に米国の風力産業の雇用が8.8万人になり、雇用増加率で1位になった事を発表しています。

 US wind power jobs hit record, up 20 percent in 2016、4月12日 AWEA
 http://www.awea.org/MediaCenter/pressrelease.aspx?ItemNumber=8736

2016/03/23 20:35
テレビ東京 カンブリア宮殿に日本通運の起立式ブレード輸送車が登場
3月24日(木)22時放送のテレビ東京のカンブリア宮殿は「日本通運」がテーマ。
中九州風力サイトでの起立式ブレード輸送車も紹介されます。

日本経済を運んで140年! 何でも届ける力を生む「段取り八分」精神
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/next/

2016/01/21 09:06
2015年末 風力発電累積導入実績:303.8万kW、2,077基
2015年12月末の導入実績と、2015年度末(2016年3月末)の推定導入量をお知らせします。(JWPA調べ)
2015年12月末 累積導入量=3,038MW(303.8万kW)  2,077基 434発電所
2015年1月~12月 単年導入量=244MW(24.4万kW) 109基 22発電所

2016年3月末  推定累積導入量=3,167MW(316.7万kW) 2,143基 441発電所
2015年4月~2016年3月 推定単年度導入量=246MW(24.6万kW) 118基 20発電所

2012年7月に導入されたFIT制度による風力発電(20kW以上)の買取価格は、導入が進んでいないことから、今年度も陸上は22円/kWh、洋上では36円/kWhが維持されました。
また、政府は2015年7月に我が国の2030年に向けたエネルギーミックス(電源構成)を決定しましたが、風力発電については設備容量で1,000万kW(陸上・洋上の合計)とされており、非常に低い水準となっています。一方で政府はエネルギーミックスを達成するため、いわゆるFIT制度の見直しが必要として、現在開会中の通常国会に改正案を上程することが予定されています。
昨年(2015年)の導入量を見ると、比較的大型のプロジェクトが複数完成したこともあり、2015年末の累積導入量がようやく300万kWを超える水準に達しました。当協会の推計では、2015年度は単年度の導入量が24.6万kW、累積で316.7万kWとなる見通しです。さらに、風力発電事業者による新規案件の開発も進捗しており、2015年末時点で、法アセスの手続き中案件の累計は、北海道と東北地方を中心に約764万kWまで積み上がっています。これらが全て順調に完成すれば、エネルギーミックスで示された2030年時点の風力発電の導入水準 1,000万kWは、2020年代早々に達成されることが期待されます。しかしながら、2015年12月には、北海道電力及び東北電力の2社が指定電気事業者となったことが公表されました。したがって、系統への接続を巡る状況は厳しさを増しており、系統の広域運用の実現など接続可能量の拡大につながる施策の実現が、風力発電導入拡大のための喫緊の課題となっています。

2015年度の推定値を含めて、年度別の導入量を以下に示します。

        (累計)         (単年度)
2009年度 2,186MW  1,681基   304MW  148基
2010年度 2,475MW  1,829基   289MW  148基
2011年度 2,556MW  1,867基    81MW    38基
2012年度 2,641MW  1,913基   86MW     46基
2013年度 2,707MW  1,934基    66MW    21基
2014年度 2,921MW  2,025基   214MW    91基 
2015年度 3,167MW  2,143基   246MW   118基(2015年度は推定値)

2005年からの年別、年度別導入実績推移等のグラフは以下をクリックしてください。
http://jwpa.jp/pdf/30-12dounyuujisseki2015graph.pdf

2015/10/08 17:25
APECのエネルギーの現地調達率規制のWorkshop
10月7・8日にベトナムのハノイで開催されたAPECのエネルギーの現地調達率規制(LCR:Local Content Requirement)のWorkshopにJWPA事務局の上田が参加して、風力発電のLCRに関して発表しました。

参加報告がJWEA学会誌の2015年11月号に掲載されました。
http://jwpa.jp/pdf/20151117_APEC_LCR.pdf

APEC Workshop on Local Content Requirements in Energy、ベトナム経済産業省
http://www.moit.gov.vn/en/News/903/apec-workshop-on-local-content-requirements-in-energy.aspx

2015/04/27 11:33
風力発電導入拡大に関する緊急提言
最近、政府・与野党においてエネルギーミックスの議論が盛んに行われていますが、JWPAとしても風力発電導入拡大に関する緊急提言を発表しました。趣旨は昨年5月に発表した2030年の風力発電の導入目標3,620万kWを再度強く表明したものです。全文は以下のPDFをご覧ください。

http://jwpa.jp/pdf/2015.04.27kinkyuuteigen2030.pdf
2015/04/01 00:00
JWPA環境アセスガイドを発行しました
日本風力発電協会は、自主的な環境アセスメント(自主アセス)を実施するために必要な規程として、2011年5月に「風力発電環境影響評価規程(JWPA自主規制Ver.1.1)」を発行しましたが、2011年4月の環境影響評価法改正に伴い、同法に基づく環境アセスメント手続が必要となったこと、及び都道府県等における環境影響評価条例の改正を受けて、JWPA自主規制Ver.1.1の改訂を行い、自主アセスの実施に際してのガイドとなる「小規模風力発電事業のための環境アセスメントガイドブック(JWPA環境アセスガイド)」を新たに作成・発行しました。

JWPA環境アセスガイドの対象となる風力発電所の規模は小さいものの、地域や住民の理解が得られるよう円滑なコミュニケーションを図るためにも効果的・効率的な環境アセスメントは必要であることから、以下の方針に基づいて改訂を行いました。
 ○ 小規模風力発電事業のための環境アセスメントを実施するためのガイドブックであることを明示
 ○ 法令や条例、自主アセス等の対象となる規模を明確化
 ○ 目次や記載内容、掲載情報、図表及び資料を見直し、適切な内容に更新

また、本ガイドにおける主なポイントを以下に紹介します。
(1)対象規模の明確化:法令や条例の対象規模未満となる発電出力で1,000kW以上の風力発電所
(2)法令に規定されている配慮書手続及び報告書手続については原則として不要
(3)環境影響評価項目の絞り込みによる効果的・効率的な環境アセスメントの実施
 ・必須項目として選定することが望ましい評価項目:騒音・超低周波音、動物(特に、鳥類)、景観
 ・但し、地域特性等に配慮しつつ事業者の判断で必要な評価項目を追加
 ・工事に伴う環境要因に対する評価項目は基本的に除外(必要に応じて追加を検討)
(4)洋上風力発電事業については対象外

本ガイドの全文は以下を参照願います。
http://jwpa.jp/pdf/JWPA-EIAguide_March2015.pdf

2015/01/22 16:33
再エネ特措法施行規則の改正に関する意見表明
JWPAは1月9日「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令案」に対する意見を提出しました。その内容を以下のPDFに取りまとめましたのでご覧ください。

http://jwpa.jp/pdf/saienepabukomeiken2015.pdf

2015/01/21 11:29
2014年末 風力発電累積導入実績:278.8万kW、1971基
2014年12月末の導入実績と、2014年度(2015年3月末)推定導入量をお知らせします。
(JWPA調べ)

2014年12月末 累積導入量=2,788MW(278.8万kW)  1,971基 418発電所
2014/1~12月  単年導入量=119MW(11.9万kW) 47基 2発電所

2015年3月末  推定累積導入量=2,922MW(292.2万kW) 2,031基 428発電所
2014/4~2015/3 推定単年度導入量=215MW(21.5万kW) 97基 14発電所

2012年7月にFIT制度が導入され大型風力発電は22円/kWhという買取価格が設定されました。2013年度、2014年度とこの価格が維持され、2014年度からは新たに洋上風力が別途区分され36円/kWhという価格設定がされました。
一方今年度の導入量を見ると、過去3年間毎年10万kWに達しないという超低水準の導入量から脱却したとはいえ、世界の水準や日本の全発電量に占める比率を見るとまだまだ微々たる水準であると言えます。
2014年11月現在この法アセス手続き中の風力発電所案件は北海道・東北を主体に623万kWにも達します。しかし、法アセスの手続きが完了するには3~5年が掛かり、従ってこれらの案件が実現(運開)するまでには今後2~7年かかると思われます。
次に問題となるのは系統連系問題です。現在各電力会社が公表している風力発電の系統受け入れ可能量では、法アセス手続きをしているすべての案件を受け入れるのは難しい状況にあります。早急に制度面、インフラ面からの系統連系拡大のための施策が必要となります。
2014年度の推定値を含めて、年度別の導入量を以下に示します。

        (累計)        (単年度)
2009年度 2,186MW  1,681基   304MW  148基
2010年度 2,475MW 1,829基   289MW 148基
2011年度 2,556MW  1,867基    81MW 38基
2012年度 2,641MW 1,913基   86MW 46基
2013年度 2,707MW  1,934基    66MW 21基
2014年度 2,922MW  2,031基   215MW 97基 (推定)

2005年からの年別、年度別導入実績推移等のグラフは以下をクリックしてください。

http://jwpa.jp/pdf/30-12dounyuujisseki2014graph.pdf


2014/06/02 14:42
第9回定時総会・成果発表会・懇親会を開催
一般社団法人日本風力発電協会は、2014年5月30日に芝パークホテルにて午後1時から第9回定時社員総会を開催し、高本学代表理事をはじめ新執行部を選出しました。

引き続き開催したJWPA活動成果発表会では「風力発電導入ポテンシャルと中長期導入目標V4.3」など、8テーマの発表を行いました。
・中長期導入目標V4.3の概要は、協会活動Report 6月1日の記事を参照ください。
・発表会の全資料は、会員専用ページを参照ください。

その後開催した懇親会は、300人を超える会員と茂木経済産業大臣をはじめ多くの国会議員、関連省庁の方々などにお越しいただき、大盛会となりました。


2014/04/02 11:42
平成26年度FIT決定に対するJWPAの見解
平成26年度のFITが発表されました。大型風力は陸上が22円/kWh(税抜)で据え置き、洋上は新たに価格が設定され36円/kWhとなりました。
この発表に対しJWPAの見解を以下のPDFにまとめましたのでご覧ください。

http://jwpa.jp/pdf/2014FITpositionpaper.pdf
2014/01/24 14:37
2013年末風力発電導入実績:266.1万kW、1,922基
2013年12月末の導入実績と、2013年度(2014年3月末)推定導入量をお知らせ致します。(JWPA調べ)

2013年12月末  累積導入量=2,661MW(266.1万kW) 1,922基 414発電所
2013/1-12月   単年導入量=47MW(4.7万kW) 23基 11発電所

2014年3月末   推定累積導入量=2,715MW(271.5万kW) 1,948基 419発電所
2013/4-2014/3月  推定単年度導入量=73MW(7.3万kW) 35基 13発電所

2010年度に風力発電設備に対する助成金制度が廃止されたことにより2011年度は大幅に下落しました。そして2012年7月にFIT制度が施行されましたが、助成金制度廃止の影響が尾を引いていることや系統連系の問題などがあり、2012年度も引き続き低調に推移しました。2013年度は、2012年10月から1万kW以上の風力発電設備が環境影響評価法(法アセス)の対象となったことの影響も加わり、2001年度以降最低の水準となる見込みです。
2013年度の推定値を含めて、年度別の導入量を以下に示します。

         (累積)        (単年度) 
 2008年度 1,882MW  1,533基   208MW  120基
 2009年度 2,186MW  1,681基   304MW  148基
 2010年度 2,475MW  1,829基   289MW  148基
 2011年度 2,556MW  1,867基    81MW   38基
 2012年度 2,641MW  1,913基    86MW   46基
 2013年度 2,715MW  1,948基    73MW   35基 (推定)

2001年からの年別、年度別導入実績推移のグラフは、以下をクリックしてください。

http://jwpa.jp/pdf/30-12dounyuujisseki2013graph.pdf


2013/09/29 00:00
JWPA協会誌第9号を発行しました。

8月に発行しました「JWPA協会誌第9号」を、ホームページにアップしました。

第9号の特集は「風力発電と電力系統との融和」であり、「抜本的な系統連系対策の実施=電力需給システムの確立」を取り上げ、再生可能エネルギー導入先進国の事例や国内外における課題と対策手法などを紹介する事により、今後の進むべき道を示唆すると共に、早期に「系統連系可能量」という単語の「死語」化を図る為に、日頃、電力需給システムや社会学および環境関連の研究や業務に携わっておられる大学や法人の方々に、また、気象予測システムや風力発電システムのメーカーの方々に原稿をお願い致しました。

トップページの右上にあるバナー「風の達人・風の仲間」をクリックし、それぞれの項目に対応した「詳細ページへ」をクリックして下さい。
2013/04/01 00:00
JWPAによる『日本の自然エネルギー白書(風力編)2013』

日本の自然エネルギー白書(風力編)は、2009年9月26日発行のV2.0、2012年2月22日発行のV3.2と定期的に最新データへの更新を図っておりますが、最新の風況解析結果やポテンシャル算出結果および導入実績などをフォローしましたので『日本の自然エネルギー白書(風力編)2013』として公表いたします。

なお、2012年度の風力発電導入実績は、JWPA調べの推定値ですので、6月頃にNEDOから公表される数値と若干異なる可能性があります。

白書の内容は、以下をクリック願います。
http://jwpa.jp/pdf/hakusyo2013.pdf
2013/01/08 11:00
2012年末風力発電導入実績:261.4万kW、1,887基
2012年5月30日に、2011年度の導入実績を掲載しましたが、2012年12月末の導入実績(JWPA調べ)と、2012年度(2013年3月末)推定導入量をお知らせ致します。

2012年12月末  累積導入量=2,614MW(261.4万kW) 1,887基 431発電所
2012年1月-12月 単年導入量=78MW(7.8万kW) 32基 12発電所:例年の新設比で約30%

2007年度に改正建築基準法の影響により低下した導入量は、2008年度、2009年度と徐々に回復してきましたが、2010年度に助成制度が廃止されたことにより2011年度は大幅に下落しました。そして2012年7月にFIT制度が施行されましたが、助成制度廃止の影響が尾を引いていることや系統連系の問題などがあり、2012年度は引き続き低調に推移するものと思われます。
2012年度の推定値を含めて、年度別の導入量を以下に示します。

           累積           単年度 
 2006年度 1,490MW  1,316基   405MW  257基
 2007年度 1,674MW  1,413基   184MW   97基
 2008年度 1,882MW  1,533基   208MW  120基
 2009年度 2,186MW  1,682基   304MW  149基
 2010年度 2,472MW  1,826基   286MW  146基
 2011年度 2,557MW  1,855基    85MW   27基
 2012年度 2,649MW  1,904基    92MW   49基(推定値:例年の新設比で約1/3)

2001年度からの導入実績グラフは、以下をクリックしてください。

http://jwpa.jp/pdf/30-12dounyuujisseki2012graph.pdf
2012/09/26 00:00
再生可能エネルギーの固定価格買取制度におけるモデル契約書が公表されました
経済産業省 資源エネルギー庁より、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づき、
再生可能エネルギーを利用した発電事業を行う事業者が、電気事業者と契約を締結する
際に活用可能なモデル契約書が公表されました。


◆経済産業省 報道発表
 http://www.meti.go.jp/press/2012/09/20120926002/20120926002.html


◆なっとく!再生可能エネルギー(資源エネルギー庁ホームページ内)
 http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/kaitori/legal_keiyaku.html#nav-kaitori-detail

2012/07/26 10:23
日本の洋上風力発電
 環境省、NEDO、及び資源エネルギー庁の国家プロジェクトである着床式あるいは浮体式の洋上風力発電に係る実証研究計画が目白押しです。一部の施設は、既に設置が完了し、今後、最終的な検査が行われる予定です。一方、民間企業による着床式洋上風力発電施設も建設中です。今年は日本における洋上風力発電導入のエポックと呼ばれるかもしれません。

 日本の洋上風力発電導入計画に関して、既設も含めて取りまとめました。詳細は以下をご参照下さい。

   http://jwpa.jp/pdf/92-01offshore.pdf
2012/05/30 00:00
2012年3月末 風力発電導入実績:255.7万kW、1,855基
2012年1月10日に、2011年末の導入実績と2011年度の導入推定値を掲載しましたが、2011年度導入実績(10kW以上、JWPA調べ)をお知らせ致します。

新たに情報を得た発電所があり、2012年1月10日に公表しました2008年度~2010年度の実績値も、変更になった事をご了承ください。
特に、2010年度の累積値は、約31MW増加しております。

また、20kW未満の小型風力に関しては、若干の調査漏れが有る可能性が有る事を、ご了承ください。

  2012年3月末 累積=2.556.8MW(255.7万kW) 1,855基
         単年度= 85.1MW(8.5万kW) 27台 

年度別の導入量を、以下に示します。(撤去機は、減算しております)

            累積        単年度導入量増加分
  2006年度  1,490.1MW  1,316台   405.3MW  257台
  2007年度  1,674.4MW  1,413台   184.3MW  97台
  2008年度  1,882.1MW  1,533台   207.7MW  120台
  2009年度  2,185.7MW  1,682台   303.6MW  149台
  2010年度  2,471.7MW  1,828台   286.0MW  146台
  2011年度  2,556.8MW  1,855台    85.1MW  27台

2000年度からの導入実績グラフは、以下をクリックしてください。
http://jwpa.jp/pdf/30-14dounyuujisseki2011graph.pdf

また、全発電所名などを記載した一覧表の「エクセルデータ」は、会員専用ページの「風力資料室」を
参照ください。
2012/04/10 15:08
九州電力~風力発電系統連系受付に関する説明会の開催~
本年7月1日の固定価格買取制度の導入を踏まえ、今後の風力発電系統連系受付に関する説明会
が開催されます。

■ 日 時 : 平成24年4月23日(月曜日) 13時30分から

■ 場 所 : 電気ビル本館地下2階8号会議室(福岡市中央区渡辺通二丁目1番82号)

 詳細につきましては、下記をご参照ください
 http://www.kyuden.co.jp/press_h120404-1.html

2012/02/23 00:00
風力発電長期導入目標とロードマップ V3.2
日本風力発電協会は、2010年1月15日に、【風力発電の賦存量とポテンシャルおよびこれに基づく長期導入目標とロードマップの算定 Ver1.1】を、2010年6月30日に、殆ど全ての社会的制約条件を考慮した【V2.1】を公表しましたが、2010年、2011年に環境省で実施した「再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査」また、2011年に経産省で実施した「風力エネルギーの導入可能量調査」により、解析精度の向上とポテンシャル算出のための制約条件の精緻化が図られた事に加えて、最近の洋上風力技術開発動向や実証試験計画などをフォローした【風力発電導入ポテンシャルと中長期導入目標V3.2】を公表いたします。

1.長期導入目標
  2050年までに、風力発電による電力量供給比率を日本の全需要電力量の10%以上とする。
  ⇒ 風力発電設備容量:5,000万kW(50GW)
   キャッチコピー【フィフティー・フィフティー】

3.ロードマップ
  2020年:1,130万kW
  2030年:2,880万kW
  2040年:4,620万kW
  2050年:5,000万kW

詳細は、以下をクリックしてください。
http://jwpa.jp/pdf/50-32roadmapV3.2.pdf
2012/02/22 00:00
JWPAによる『日本の自然エネルギー白書(風力編)V.3.2』
2009年9月26日に、日本風力発電協会と風力発電事業者懇話会とで【日本の自然エネルギー白書(風力編)V.2】を公表しましたが、2010年、2011年に環境省で実施した「再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査」また、2011年に経産省で実施た「風力エネルギーの導入可能量調査」により、解析精度の向上とポテンシャル算出のための制約条件の精緻化が図られた事に加えて、最近の洋上風力技術開発動向や導入実績などをフォローしましたので【日本の自然エネルギー白書(風力編)V.3.2】として公表いたします。

なお、2011年度の風力発電導入量は、JWPA調べの推定値ですので、6月頃にNEDOから公表される数値と若干異なる可能性があります。

白書の内容は、以下をクリック願います。
http://jwpa.jp/pdf/hakusyoV3.2.pdf
2012/01/10 00:00
2011年末風力発電導入実績:250.1万kW、1,832基
2011年6月17日に、2010年度の導入実績を掲載しましたが、2011年12月末の導入実績(JWPA調べ)と、2011年度(2012年3月末)推定導入量をお知らせ致します。

  2011年12月末 累積=2.501MW(250.1万kW)1,832基 417発電所
         単年= 166MW(16.6万kW) 78基 6発電所 :例年の新設比で約60% 

2007年度は、改正建築基準法の影響などにより、導入量が2006年度の1/2以下に低下しましたが、これらの影響は徐々に回復傾向にあります。しかしながら、FITへの移行を考慮した新規ウインドファームへの助成制度中止などに伴い、残念ながら国の目標である2010年度に300万kW達成は、実現できませんでした。

一方、補助金交付が決定している継続事業も僅かですので、このままでは2013年度でも260万kW程が想定され、FITと中長期導入目標の早期決定が望まれます。

2011年度の推定値を含めて、年度別の導入量を、以下に示します。

            累積        単年度導入量増加分
  2006年度  1,490MW 1,316台   405MW  257台
  2007年度  1,674MW 1,413台   184MW  97台
  2008年度  1,880MW 1,533台   206MW  118台
  2009年度  2,184MW 1,681台   304MW  148台
  2010年度  2,440MW 1,807台   256MW  128台
  2011年度  2,522MW 1,840台    82MW  33台:例年の新設比で約30%

6月中に、新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)より2011年度の導入実績が公表されると思いますが、JWPA調べの数値とは、新設機の運転開始月や撤去機の運転停止月の違いなどにより、極わずかに異なる可能性があります。

2000年度からの導入実績グラフは、以下をクリックしてください。
http://jwpa.jp/pdf/30-12dounyuujisseki2011graph.pdf

また、全発電所名などを記載した一覧表の「エクセルデータ」は、会員専用ページの「風力資料室」を
参照ください。
2011/12/21 20:00
12月21日:JWPA会員数が200社を超えました。

日本風力発電協会は、2001年12月17日に任意団体を設立以来、通算で11年目に入りましたが、12月21日の理事会にて、新規入会会員を承認し、会員数は200社(団体)となりました。

2012年7月1日には、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が開始されますが、
 ・エネルギーセキュリティー(自給率の向上)
 ・地球温暖化防止
 ・産業としての経済・雇用効果
を果たすべく、更なる努力を行いますので、皆様のご指導・ご支援をよろしくお願い致します。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度に関しては、以下を参照ください。
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201110/4.html
2011/05/31 00:00
風力発電環境影響評価規程V1.1を発行しました
日本風力発電協会は、約1年半前から検討を開始し4回にわたる会員への説明および意見聴取会を開催するとともに、学識経験者の指導を仰いだ、風力発電環境影響規程(V1.1)を、5月30日に開催した社員総会後の成果発表会で公表するとともに、ポイントの説明を行いました。

この規程は、主に手順の明確化を図ったものですが、今後は実際に適用した結果により、更に明確化すべき事項などが生じた時点や、現在環境省にて検討中の「風力発電施設に係る環境影響評価委の基本的考え方に関する検討会」の最終報告書との整合が必要と判断された時点などにおいて、バージョンアップを図ります。
また、今後は、モデルケースによる方法書などの具体例や判定基準の考え方などを拡充する予定です。

JWPA会員のみならず会員外の方々からも、本規程の適用結果に基づき、更に明確化すべき事項などのご意見をお願いいたします。
(本ホームページの「お問い合わせ」を利用願います)

本規程のポイントは、以下を参照願います。(203kB)
http://jwpa.jp/pdf/51-01kankyouV1.1.pdf

本規程の全文は、以下を参照願います。(1,440kB)
http://jwpa.jp/pdf/51-02kankyouV1.1.pdf


2011/03/25 00:00
東北関東大震災復興支援
このたび、東北関東大震災において被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

(社)日本風力発電協会は、被災された皆様の復興に役立てていただくため、東北関東大震災義援金として1百万円を日本赤十字社へ寄付を行いました。

一刻も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

2011/03/07 00:00
風車と健康:オーストラリア政府国立保健医療研究評議会の報告
2010年1月19日付けのトピックスで、アメリカ風力エネルギー協会およびカナダ風力エネルギー協会が発表した、風車音と健康影響に関する世界の権威によるレビュー報告書(要約と結論部分のみ)にJWPAの責任による和訳を付加した資料を、公開いたしましたが、2010年6月に、オーストラリア政府では本文献を含めて様々な文献をレビューした結果を発表しましたので、同様にJWPAの責任による和訳を付加した資料を、公開いたします。

両面コピーを行うと、左ページが英語、右ページが日本語となります。

以下を参照願います。
 http://jwpa.jp/pdf/50-26australia.pdf

アメリカ風力エネルギー協会およびカナダ風力エネルギー協会の資料は、以下を参照願います。
 http://jwpa.jp/pdf/50-19.pdf


2010/06/30 00:00
風力発電長期導入目標とロードマップ V2.1
日本風力発電協会は、2010年1月15日に、【風力発電の賦存量とポテンシャルおよびこれに基づく長期導入目標とロードマップの算定 Ver1.1】を公表しておりますが、ここに、殆ど全ての社会的制約条件を考慮した【V2.1】を公表いたします。

概要は、以下をクリック
http://jwpa.jp/pdf/50-24roadmapV2.1ppt.pdf

また、算定の前提条件などの詳細を記載した「ワードファイル」は、会員専用ページの『風力資料室』を参照ください。

<算定結果>
 ☆算定条件を記載しておりますので、結果の数値のみが一人歩きしないよう、ご注意下さい。
 ☆今後の社会条件変化に伴い、算定条件も変わることが予想されますので、それに応じて各数値も変わります。
 
1.ポテンシャル
①各電力会社の設備容量による制約を無しとした場合
  陸 上 風 力 :16,890万kW
  着床式洋上風力: 9,383万kW
  浮体式洋上風力: 51,949万kW
  合  計    :78,222万kW(国内全発電設備容量の3.87倍)

②各電力会社の設備容量を上限とした場合
  陸 上 風 力 : 6,457万kW
  着床式洋上風力: 3,510万kW
  浮体式洋上風力: 10,244万kW
  合  計    :20,230万kW(国内全発電設備容量の1.00倍)

2.長期導入目標
  2050年までに、風力発電による電力量供給比率を日本の全需要電力量の10%以上とする。
  ⇒ 風力発電設備容量:5,000万kW(50GW)
   キャッチコピー【フィフティー・フィフティー】

3.ロードマップ
  2010年: 300万kW
  2020年:1,131万kW
  2030年:2,700万kW
  2040年:4,430万kW
  2050年:5,000万kW 
2010/05/27 00:00
5月26日 第5回 定時総会を開催しました。
日本風力発電協会と風力発電事業者懇話会は、4月1日に合併すると共に、新規に加入いただいた会員を加えて、新しい日本風力発電協会として活動を開始しておりますが、5月26日に、社員総会を開催し部会の活動報告などを行うと共に、理事の選出を行いました。

社員総会終了後に開催しました理事会にて、代表理事、副代表理事を決定し、新しい体制による新しい日本風力発電協会がスタートしました。
会員数162社(5月26日現在)

代表理事  : 永田 哲朗 (株式会社ユーラスエナジーホールディングス)
副代表理事 : 高山 栄太郎(三菱重工業株式会社)
副代表理事 : 塚脇 正幸 (日本風力開発株式会社)
副代表理事 : 赤羽 博夫 (株式会社日本製鋼所)
2010/04/26 00:00
JWPA事務所移転のお知らせ
日本風力発電協会は、4月1日に風力発電事業者懇話会と合併すると共に、新規に加入いただいた会員を加えて、新しい日本風力発電協会として活動を開始しております。
(2010年4月21日現在:152社)

これに伴い、5月6日および7日に事務所を「〒105-0003 東京都港区西新橋3丁目15番3号 上地ビル3階」に移転いたします。
また、電話番号は03-5733-2288 に、FAX番号は03-5733-2511 に変わります。

従って、5月6日および7日は、皆様にご不便をお掛けしますが、10日から通常通りの活動を行いますので、宜しく御願い致します。
・6日および7日は、事務所での面談・応対などができません。
・旧電話とFAXは6日15時から不通となります。
・メールは受信いたしますが、対応が遅れます。

以上
2010/04/20 17:10
引続き『低周波音の人への影響評価に関する研究』に協力します。
4月20日にプレスリリースしました。

環境省より3月29日に「風力発電施設から発生する騒音・低周波音の調査結果(平成21年度)について(お知らせ)」(*)が発表されました。http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=12319

環境省は平成22年度も、国内のより多くの風力発電所で詳細な調査・解析を行い、風車からの騒音・低周波音と人への影響との関係に関して、その実態の解明に努めていかれるとの事であります。

弊協会は、本調査・研究に対して現地における計測の際に必要となる風速や発電電力のデータ提供に加えて、風車および風車構成機器単体の運転・停止制御を行うなど、同省の研究に引き続き協力することとしました。

本調査・研究を、より多くの風力発電所を対象として実施することにより、風力発電からの低周波音が、人へ影響を与えていると言った懸念が妥当かどうか判断できる様になると考えています。

(*)調査結果からは、以下の3点が明らかになりました。
なお、一部の新聞報道におきまして、「発電用風車から健康に影響する低周波音が確認された」という趣旨の記述がありましたが、今回の発表は、低周波音と健康被害のこうした因果関係に関する結果や事実については言及しておりません。

1.20Hz以下の超低周波音は、4箇所の計測地点すべてが感覚閾値に比べて十分に小さい値であると確認さ れた。
20Hz以下の周波数成分が、超低周波音の感覚閾値(人が感じ取ることのできる最小レベル)よりも
20dB程度小さく(百分の一)、個人差(5~10dB)を考慮に入れても十分に小さい値である。

2.風車から発生していると見られる可聴音領域の騒音値変化が測定されたケースがあった。
豊橋市を除く3箇所の計測地点では、風車の運転/停止により、可聴音領域の騒音値変化が測定
された。
豊橋市の計測地点では、風車の運転/停止による可聴音領域の騒音値変化が測定されなかった。

3.今回の測定結果については、更なる調査・検討が必要である。
風が騒音計(マイク)に当たることで生じる風雑音により、強風時に計測値が高くなる問題がある
ため、風雑音の影響を更に除去することが必要である。
風車近傍において特徴的な周波数成分が見られ、この音源を特定する必要がある。

[添付参考資料]
<参考-1> 騒音・低周波音の基礎情報
<参考-2> 騒音・低周波音の調査方法概要

プレスリリース本文および参考資料は、以下を参照
http://jwpa.jp/pdf/50-17press100420.pdf


2010/02/20 00:00
「Global Wind Day 2009」の報告書が発表されました

毎年、6月15日は「Global Wind Day」として、世界で様々なイベントが開催されております。

昨年は「Global Wind Day」にちなんだイベントが、神奈川県横浜市と三菱重工業(株)
横浜製作所、北海道苫前町、足利工業大学、秋田県秋田市の各地で開催されました。

今般、世界各地の状況をまとめた「Global Wind Day 2009」の報告書が、
GWEC(Global Wind Energy Council :世界風力会議)から発表されました
ので報告いたします。

冒頭に横浜市の写真が取り上げられています。日本風力発電協会国際部会では
日本風力エネルギー協会と協同して、本年もより多くの場所でより多くの方々の
参加が得られるよう支援活動を計画しています。

詳細は、以下を参照下さい。
http://jwpa.jp/pdf/50-16GWD2009report.pdf
2010/01/19 00:00
JWPAは、低周波音の人への影響評価研究に協力します。
1月19日にプレスリリースしました。

先般環境省より、2010年度から風力発電等から発生する低周波音の人への影響を明らかにすることを目的とする研究を実施する旨の発表がありました。

日本風力発電協会と風力発電事業者懇話会は、本研究の実施を歓迎するとともに、現地における計測の際に必要となる風速や発電電力のデーター提供を行うなど、本研究に対して協力することとしました。

本研究により。一部の報道に有るような風力発電からの低周波音が、人へ影響を与えていると言った懸念が妥当かどうか判断できる様になると考えています。

プレスリリース本文は、以下を参照ください。
 http://jwpa.jp/pdf/50-12press100119.pdf

添付資料-1は、以下を参照下さい。
中央環境審議会総合政策部会環境影響評価制度専門委員会において2009年12月11日に開催された『今後の環境影響評価制度の在り方について』に関するヒアリングにおいて、日本風力発電協会が発表した資料
 http://jwpa.jp/pdf/50-13press100119.pdf

添付資料-2は、以下を参照下さい。
アメリカ風力エネルギー協会およびカナダ風力エネルギー協会が発表した、風車音と健康影響に関する世界の権威によるレビュー報告書(要約と結論部分のみ)
両面コピーを行うと、左ページが英語、右ページが日本語となります。

なお、翻訳は日本風力発電協会の責任にて実施したものです。
 http://jwpa.jp/pdf/50-19.pdf

2010/01/15 00:00
風力発電長期導入目標とロードマップ V1.1
日本風力発電協会は、2007年12月に、風力の長期導入目標とロードマップを公表しておりますが、新たに、利用可能な面積選定方法や、利用可能な土地利用区分の見直しなどを行った【風力発電の賦存量とポテンシャルおよびこれに基づく長期導入目標とロードマップの算定 Ver1.1】を公表いたします。

現在でも一部の検討会・委員会で利用されている「新エネルギー等導入基礎調査(2000年3月)」やJWPA2007年版との算定条件比較は、17ページに記しておりますが、Ver1.1は最新のGISデータを利用するとともに、主に以下の算定条件を変更しています。
 ・利用可能な面積算定方法を、従来の1kmメッシュから100mメッシュに変更
 ・利用可能な土地利用区分に「森林(保安林を除く)」を追加
 ・洋上風力の適地範囲を従来の離岸距離50kmから30kmに変更
 ・着床式洋上風力の適用範囲を、従来の水深30m未満から50m未満に変更

<算定結果>
 ☆算定条件を記載しておりますので、結果の数値のみが一人歩きしないよう、ご注意下さい。
 ☆今後の社会条件変化に伴い、算定条件も変わることが予想されますので、それに応じて
  各数値も変わります。
 ☆☆☆ 環境省で実施中の「再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査委託業務」では、
      自然保全地域、住宅からの距離、土地傾斜角など、殆ど全ての社会条件を考慮した
      ポテンシャルを算定中ですので、今回のJWPA Ver.1.1も、4月以降にver.2.0として
      発表いたします。 ☆☆☆ 

1.ポテンシャル
  陸 上 風 力 : 6,500万kW
  着床式洋上風力: 2,900万kW
  浮体式洋上風力: 3,900万kW
  合  計     :13,300万kW

2.長期導入目標
  2050年までに、風力発電による電力量供給比率を日本の全需要電力量の10%以上とする。
  ⇒ 風力発電設備容量:5,000万kW

3.ロードマップ
  2010年: 300万kW
  2020年:1,130万kW
  2030年:2,690万kW
  2040年:4,420万kW
  2050年:5,000万kW 

詳細は、以下を参照
 http://jwpa.jp/pdf/50-15roadmap100115.pdf


2009/12/12 00:00
中央環境審議会総合政策部会環境影響評価制度専門委員会
環境影響評価制度専門委員会は、2009年9月4日から開催されていますが、2009年12月11日に
開催された『今後の環境影響評価制度の在り方について』に関するヒアリングにおいて、日本
風力発電協会(JWPA)と風力発電事業者懇話会(WPDA)との意見を、WPDA祓川清代表が
発表し、質疑応答を行いました。

<JWPAおよびWPDAの意見>
☆環境影響評価法の対象事業に、風力発電を含めない
 事業者の解釈差などに起因すると思われる事項による、問題(騒音など)は、風力発電団体にて
  作成中の【風力発電の環境影響評価規程】制定、実施による自主規制の徹底を図ることにより、
  改善可能
 風力発電団体による自主規制ルールを公開し、事業者に対して風力発電団体として指導を行うと
  共に、必要に応じて改善するように指示する
☆民間事業においてSEA実施は、受け入れ難い
 公共事業とは異なり、事業の位置・規模等の検討段階において、経営情報に関わる複数案の
  比較評価は困難
 意思決定プロセスの途中における計画の公表により、投資計画・資金計画の不確実性が増加
  する

詳細は、以下を参照
『JWPAおよびWPDAの意見』
 http://jwpa.jp/pdf/50-11kankyou091211.pdf
『全てのヒアリング資料』
 http://www.env.go.jp/council/02policy/y0210-hearing01.html

『中央環境審議会総合政策部会環境影響評価制度専門委員会』
 http://www.env.go.jp/council/02policy/yoshi02-10.html
 

2009/12/01 00:00
再生可能エネルギーの全量買取に関するプロジェクトチーム
【再生可能エネルギーの全量買取りに関するプロジェクトチーム】は、2009年11月から会合およびヒアリングを実施しており、2010年22年3月を目途に中間とりまとめ(制度のオプション(選択肢))を提示する予定です。
2009年11月30日の第1回ヒアリングにおいて、日本風力発電協会(JWPA)と風力発電事業者懇話会(WPDA)との要望を、JWPA赤羽博夫代表理事が発表し、質疑応答を行いました。

<JWPAおよびWPDAの要望>
FIT制度が実際に風力発電の導入拡大に結びつくためには、以下の条件が満たされることが必要
買取期間・価格が事業採算性を満たす水準に設定されること
抜本的な系統連系対策が実施されるまでは、系統連系を申請順に認めるルールが適用されること

詳細は、以下を参照
『JWPAおよびWPDAの要望』
 http://www.meti.go.jp/committee/materials2/downloadfiles/g91130d10j.pdf

『再生可能エネルギーの全量買取に関するプロジェクトチームの動き』
 http://www.meti.go.jp/topic/data/091027aj.html

『資源エネルギー庁 審議会・研究会』
 http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/k_9.html
2009/10/14 00:00
【風力発電の環境影響評価規程】制定に関して(中間報告)
 風力発電所の建設に際しては、殆ど全ての(*1)事業者は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)殿発行の「風力発電のための環境影響評価マニュアル」または地方公共団体の条例に基づき環境影響評価を実施し、2009年3月末現在で376風力電所(風車1517台)が運転しておりますが、特にNEDOマニュアルによる場合、事業者の解釈違いなどに起因すると思われる事項により、一部の風力発電所に関して地域住民の方からクレームを受けております。
 *1:環境影響評価制度総合研究会報告書(資料編 資料30 環境影響評価等の実施状況)
  :平成21年7月30日
   有効回答数130のうち、環境影響評価を実施していなかったのは、1万kW未満の2発電所のみ 

 この問題を解決するために、日本風力発電協会(会員数128社)と風力発電事業者懇話会(主要風力発電事業者7社)とは、本年3月に『環境騒音WG』を設立し、国内の環境影響評価手法などの見直しを図ると共に、海外の風力発電協会から各国の法・規制値・実情などの情報を得て来ましたので、ここに中間報告を致します。

1.国内の環境影響評価手法の見直し【風力発電の環境影響評価規程を制定】
 両団体のいずれかに加盟している風力発電事業者は、2009年3月末現在の総設備容量(185万kW)の約70%を占めており、更に来年度の両団体合併に合わせて新規会員の加入を促す事により、民間の風力発電事業者のほぼ100%加入が見込める事から、風力発電業界として自主規制を行ないます。

 これは、現在NEDO殿のマニュアルをベースに策定中ですが、有識者などの意見を踏まえて今年度中に、JWPAホームぺージへの公開を含め、会員内外へ提供したします。

以下に主要ポイントを示します。
①「・・・・する事が望ましい」の表現を「・・・・する事」に変更(事業者の解釈差や実施内容差などをなくする) 
②具体的な手法や基準の明確化を図ると共に、各記述の解釈や具体例を追加(事業者の解釈差や実施内容差などをなくする)
③地域住民への環境影響評価方法書、環境影響評価書(案)の閲覧情報提供手法の改善と地域住民説明会の開催(地域住民への事前の案内と意見聴取の改善)
④環境影響評価方法書、環境影響評価書(案)に対る意見を聴取する有識者は、自治体から推薦・選定していただく。(公平性の担保)

2.最終報告
 今年度中の極力早い時点に、海外の調査結果を含めて、ホームページに公開いたします。また環境影響評価方法書、環境影響評価書(案)の閲覧中情報もホームページに掲載いたします。
2009/09/26 00:00
JWPA/WPDAによる『日本の自然エネルギー白書(風力編)V.2』
日本風力発電協会と風力発電事業者懇話会は、「2008年度の風力発電導入実績」、「風力発電のポテンシャル」、両団体が提言・要望してきた「中・長期導入目標と目標達成に向けたシナリオ」さらに「風力発電による産業・雇用効果」を【日本の自然エネルギー白書(風力編)Ver.2】として纏めましたので、公開いたします。(9月20日公表版からは、部分的に表現の修正を行っております)

白書の内容など詳細は、以下をクリック
http://jwpa.jp/pdf/2008fuuryokuhakusyo2.pdf

自然エネルギー白書は、自然エネルギー政策プラットフォーム(JREPP)から、風力発電以外の自然エネルギーである『小水力発電』『地熱発電』などを含めて、記載フォーマットの統一化などを図り、近々に公表されます。

JREPPの活動内容など詳細は、以下をクリック
http://www.re-policy.jp/
2009/09/15 00:00
10月27日:IEC61400-26 関連風力セミナー開催のお知らせ
国際電気標準会議(IEC: International Electrotechnical Commission)の風力発電システム標準化委員会の専門プロジェクト部会のひとつ、IEC 61400-26 (通称 PT26)の第8回会議が来る10月28 – 30日に東京で開催されます。

同部会には、欧州、米国および日本から、風車メーカー、事業者、コンサルタント等総勢約20名のプロフェッショナルが参加し、風力発電機および風力発電所の稼働率の技術仕様書を作成しております。

東京会議の機会に、広く日本の風力発電業界の発展に資するテーマでの講演を同部会メンバーに要請したところ、日本風力発電協会主催にて「IEC風力発電専門プロジェクト部会 (PT26)セミナー」を開催する運びとなりました。

また、講師・受講者各位の交流を深めていただけますよう、セミナー後にレセプションを開催しますので、併せてご参加お願い申し上げます。

セミナーの内容、講師、申し込み方法は、以下をクリック
http://jwpa.jp/pdf/IEC61400-26seminar.pdf

参加申込書のワードファイルは、以下をクリック
http://jwpa.jp/pdf/IEC61400-26seminar2.doc


2009/06/03 00:00
世界の風力発電機メーカと単年毎の供給量など
毎年3月に、デンマークのBTM Consult Aps社が発行している World Market Update から
19996年から2008年までの、単年毎の供給量とメーカーシェアなどを、お知らせします。
但し、シェアの数値は、JWPAにて再計算したものです。

2008年は、2007年に比して約140%の供給量となりましたが、シェア上位6社の順位は
変わらず、この6社で世界の約70%を供給しております。

また、この数年で中国メーカーのシェアが上昇しているのも特徴的といえます。

詳細は、以下をクリック
http://jwpa.jp/xls_data/30-01Asiryou.pdf
2009/04/10 00:00
4月9日:自由民主党再生可能エネルギー供給拡大PT にて説明
4月9日に、日本風力発電協会と風力発電事業者懇話会は、自由民主党 地球温暖化対策推進
本部 再生可能エネルギー供給拡大PTにおいて、「風力発電の現状と導入量拡大に向けて」
を説明しました。

川口順子座長をはじめ、多くの議員の方々や関係省庁の方々の出席を得て、2005年以来、
各所で説明してきた要望事項を最近の情報と共に説明し、風車の耐用年数、メンテナンスや
建設コストなどに関する質疑応答も行いました。

説明資料のモノクロ版は、以下をクリックしてください。
【カラー版】
http://jwpa.jp/pdf/50-08teigen090409.pdf
【モノクロ版】
http://jwpa.jp/pdf/50-09teigen090409mono.pdf

また、川口順子座長のホームページには、第11回会合開催様相が掲載されております。

http://www.yoriko-kawaguchi.jp/official/archives/2009/04/-pt-49.php



2009/03/10 00:00
大臣および省庁関係部署へ要望書提出
2009年3月10日に、風力発電事業者懇話会との連名で、「日本おける風力発電導入拡大に向けて(要望)」を、経済産業省、環境省、農林水産省および国土交通省の大臣をはじめ関係部署に提出しました。
これは、2008年2月20日に提出した「要望書」をベースに最近の情勢を加味したもので、要望書提出の様相は、NHKのテレビでも報道されました。

詳細は、以下を参照
http://jwpa.jp/pdf/50-07youbou090310.pdf
2009/02/18 00:00
民主党
2009年2月17日に、民主党地球温暖化対策本部の勉強会にて、「日本と世界の風力発電の現状と導入拡大に向けた要望」を、岡田克也本部長、福山哲郎事務総長をはじめ、多くの議員や秘書の方に説明しました。

イギリスが洋上風力に移行開始した理由や日本で必要な対策などに関して質疑応答が行われました。

【説明資料は、以下を参照ください】
http://jwpa.jp/pdf/50-06youbou090217.pdf

2009/02/08 00:00
スペインにおける風力発電と電力系統制御
2008年3月26日に、ホームページで「スペインの風力発電、全電力供給比40%超を記録」を
照会しましたが、JWPAの部会活動の一環として、その概要レポートを纏めましたので、
報告いたします。

スペインは、2008年の世界の風力発電導入量調査結果、世界第3位となりましたが、
   面積は51 万km2(日本比134%)
   人口は4,412 万人(日本比35%)
   発電設備容量は89,944MW(日本比45%)
   年間発電電力量は、287,088GWh
   国内向け送電端電力量は、263,961GWh(日本比29%)
です。

風力発電による、年間発電電力量は、31,102GWh(全需要の10.8%を供給)しています。

気象予測、国際連系、再生可能エネルギー制御センターなどの、概要は、以下を参照下さい。

ファイル容量が約1.5MBありますので、ダウンロードに若干時間を要す場合があります。

http://jwpa.jp/pdf/50-05spain090130.pdf
2009/01/01 00:00
2008年フォトコンテスト入賞作品発表と2009年カレンダー

2008年8月30日から募集しました「2008年フォトコンテスト」の入賞作品が決定しました。
最優秀賞は、鈴木 修吉朗氏が、長崎県平戸大島村(的山大島)で撮影された「朝の光景」です。

全入賞作品は、本ホームページ「PHOTOコンテスト~審査発表~」⇒「PHOTOコンテスト2008 審査発表」をご覧下さい。

応募いただいた多くの皆様に感謝致します。

2007年入賞作品と2008年入賞作品を使用した「風力発電のある風景カレンダー2009」は、JWPA会員を始め風力関係省庁や風力関係団体などへ配布しました。

今年は、8月から「2009年フォトコンテスト」の作品募集を行う予定ですので、宜しくお願いいたします。
2009年入賞作品は、「風力発電のある風景カレンダー2010」などに使用させていただきます。
2008/09/01 00:00
9月1日現在:JWPA会員は、127社になりました。
日本風力発電協会は、2001年12月17日に任意団体を設立後、2005年7月4日に有限責任中間法人日本風力発電協会を設立し、風力発電利用技術の確立と導入普及の促進に資すると共に、風力発電に関する国民意識の向上と関連産業の健全な発展を図り、我国経済の繁栄と国民生活の向上および地球環境の保全に寄与することを目的として、種々の活動を行っております。

2008年9月1日現在の会員数は、正会員が61社、賛助会員が66社 合計127社となりました。
本ホームページの「会員リスト」も更新いたしましたので、会員各社の事業内容や取組みを、是非ご覧下さい。

また、新規のご入会は、いつでも大歓迎ですので、本ホームページの「入会案内」を、ご参照願います。
2008/08/02 00:00
2008年8月1日:国際フォーラムで江口代表理事が「要望」を発表
2008年8月1日に、東京ビッグサイトで開催した第3回新エネルギー世界展示会の国際フォーラム
にて、【風力発電長期導入目標値と風力発電導入拡大への要望】を、江口代表理事が発表しました。
これは、2月21日に開催した【グリーンパワーキャンペーン】
また6月3日に開催した【G8エネルギー大臣会合に向けて 自然エネルギー政策会議】
で発表した内容を、より詳しく述べたものです。

発表資料は、以下をクリック
http://jwpa.jp/pdf/50-04teigen2008.pdf

2008/07/25 00:00
協会誌「JWPA」第4号を発行しました。

特集「風力発電に係わる基準化などの動き」をはじめ、第三回定時総会報告、理事会・部会・事務局の活動報告、ウインドウズ オブ Wind(最新技術紹介)、ウインド Etc.(旅行記など)、会員企業紹介などを掲載しております。会員紹介記事は、本ホームページの【会員リスト】で、特集記事などは【会員専用ページ】にも掲載しております。
2008/07/01 00:00
国際部会ニュース第19号発行:Wind Day in Yokohama 開催
世界風力エネルギー会議(GWEC)の主要メンバーである欧州風力エネルギー協会(EWEC)は、昨年から6月15日を”欧州ウインドデイ”としてイベントを行っています。JWPAは、GWECのメンバーでも有り、JWEA,GIAC,横浜市と共同で「風力発電親子見学会」を横浜で開催しました。

詳細は、以下をクリック 
http://jwpa.jp/pdf/kokusai-news-19.pdf

また、過去18回の国際部会ニュースは、「日本風力発電協会インフォメーション」⇒「活動内容のご紹介」⇒「国際部会ニュース」で参照できます。ショートカットをご希望の場合は、以下をクリック
http://jwpa.jp/info04_03.html#02

2008/03/01 00:00
2008年2月26日:要望書を内閣総理大臣へ提出
2008年2月26日に、風力主要4団体連名の「日本おける風力発電導入拡大に向けて(要望)」を、
内閣総理大臣に提出しました。
提出しました要望書は、会員専用ページ内の風力資料室を参照下さい。
2008/02/22 00:00
グリーンパワーキャンペーンにて「風力導入拡大に向けた提言」発表
2008年2月21日に、【グリンパワーキャンペーン】の分科会【再生可能エネルギー展望会議】にて、江口副代表理事が「風力発電長期導入目標値と目標値達成に向けた提言」を発表しました。

詳細は、以下をクリック
http://jwpa.jp/pdf/50-02teigen2008.pdf
2008/02/20 00:00
風力発電導入拡大に向けた要望書を関係省庁へ提出
2008年2月20日に、風力主要4団体連名の「日本おける風力発電導入拡大に向けて(要望)」を、経済産業省、環境省、農林水産省、国土交通省、外務省の各大臣を始め33名の方に提出しました。会員専用ページ内の風力資料室を参照下さい。

2008/01/25 00:00
協会誌「JWPA」第3号を発行
特集「風力発電の普及・啓発」を始め、約半年間の理事会・部会活動報告、会員紹介を掲載しました。会員紹介記事は、本ホームページの【会員リスト】から該当会員を選択すると、表示されます。
2007/12/10 00:00
風力発電のある風景カレンダー2008を製作

【風力発電のある風景Photoコンテスト2006】の入賞作品による卓上カレンダーを製作し、全会員企業および部会活動を行っている委員などへ送付しました。
2007/11/30 00:00
風力発電のある風景Photoコンテスト2007入賞作品発表
風力発電のある風景Photoコンテスト2007の入賞作品を発表しました。
2008年夏頃に募集予定のPhotoコンテスト2008の入賞作品とあわせて、2009年のカレンダーにも使用します。
2007/08/05 00:00
協会誌「JWPA」第2号を発行
特集「風力発電と環境保全」「第二回通常総会報告」を始め、約半年間の理事会・部会活動報告、役員紹介を掲載しました。
2007/06/12 00:00
風力発電施設と自然環境保全に関する研究会」に鹿野理事が参画
2007年3月30日から6月12日まで開催された環境省と資源エネルギー庁主催の「風力発電施設と自然環境保全に関する研究会」に鹿野理事が参画し、第1回および第2回研究会で風力発電事業者懇話会と共に、資料を発表しました。

詳細は、以下をクリック
http://www.env.go.jp/nature/yasei/sg_windplant/
2006/12/25 00:00
協会誌「JWPA」創刊号を発行
会員同士のの連携を深めると共に、情報の共有化を図る手段の一つとして、当面は2回/年の発行を行います。最新技術情報のみならず会員各社の紹介や苦労話、嬉しかった話、旅行記なども掲載予定ですので、思いついた時に原稿を送付願います。
2006/11/29 00:00
RPS法評価検討小委員会(第2回)で、森代表理事が発表
2006年11月29日に開催された、第2回新エネルギー部会RPS法小委員会にて、有識者として森代表理事が「風力発電のポテンシャルと費用対効果」を発表しました。

詳細は、下記をクリック
http://www.meti.go.jp/committee/materials/g61129bj.html
http://www.meti.go.jp/committee/summary/0003936/
2005/06/06 00:00
2005年度風力発電系統連系対策小委員会に柴村代表理事が参画
2005年4月26日から6月23日まで開催された「風力発電系統連系対策小委員会」に柴村代表理事が参画し、6月6日に開催された第8回小委員会では、JWPAの提案資料を発表しました。

詳細は、下記をクリック
http://www.meti.go.jp/committee/gizi_8/8.html
http://www.meti.go.jp/committee/materials/g50606aj.html