Counter
Yesterday 
Today 
QRcode
2017/11/07 13:51
WindEurope Summmit 2017の現地サイドツアーの案内(追記)
今月末の欧州風力大会で、現地サイドツアーの企画があるので、紹介します。

◆Wind Europe Summit 2017 欧州風力大会
 https://windeurope.org/confex2017/

 ○日 時:11月28日(火)~ 30日(木)
 ○場所:オランダ Amsterdam
 ○主催:欧州風力協会(WindEurope)、オランダ風車輸出協会(HHWE)

 ○公式ツアー(各150ユーロ/人):
  27日Eemshaven港、29日Rottedam港、30日Westermeer洋上サイトです。
  http://hhweeu.businesscatalyst.com/nieuws/wind-europe-tours-27-30-nov-2017-by-hhwe-dujam-desk-wind-minds
 ・詳細&申込方法は上リンク参照。他国からの参加者との混成ツアーで上限は各50人です。
  受付締切は実施直前まで、もしくは但し上限50人到達までです。
 ・訪問先は一昨年&昨年のJWPAのオランダ洋上風力視察ツアー(下リンク)とほぼ同じです。
   http://jwpa.jp/2015_pdf/90-49mado.pdf
   http://jwpa.jp/2016_pdf/90-50mado.pdf
 ・特に30日のWestermeer洋上サイトは、3MW×48台が離岸距離0.5km&2kmの2列配置で
  並んでおり、美麗でお勧めです。ボートで船上から視察します。
   www.deveermanvankampen.nl/

 ○公式外ツアー(3万5千円+Tax/人、上限25人):
 ・JWPA&HHWEで12月1日(金)にRotterdam港の洋上風力拠点(ROC)とSif社モノパイル
  基礎新工場等の見学会を実施予定。発着はアムステルダムのホテル。
  内容は公式の29日と重なりますが、JWPA関係者専用なのでより突っ込んだ質問が可能です。
 ・申込は下リンクより。(11/20時点で十数人の応募あり。)
  英文役職名、靴サイズ、現地携帯番号、宿泊ホテルの情報も記入してください。
  JWPAで参加者をまとめてから、JWPAからHHWEへ申込みします(tour4)。
  http://jwpa.jp/attendance/form.php?k=RotterdamTour2017_Dec1

2017/10/27 23:45
世界一背の高い風車(揚水発電とのハイブリッド)がドイツで据付完了
風車の背の高さの世界記録が更新されました。
ドイツのシュツットガルト近郊のウインドファーム(Gaildorf project、GE 3.4MWφ137m×4台)
の内の1台が、ハブ高178m、最高部246.5mで風車の高さ世界一になりました。
据付工事は完了。正式運駅は少し先になりそうです。
この風車はタワー下部が貯水タンクになっており、揚水発電とのハイブリッドです。

Max Bögl Wind puts turbine on THE tallest tower, 178m. Blade tip to 246.5m
2017年10月27日 Windpower Engineering
http://www.windpowerengineering.com/towers-construction/max-bogl-wind-puts-turbine-tallest-tower-178m-blade-tip-246-5m/

建設計画の日本語記事(1年前)

世界初の風力+揚水のドイツ発電施設にGE製風力タービン導入
2016年10月17日 新エネルギー新聞
http://www.newenergy-news.com/%E9%A2%A8%E5%8A%9B%EF%BC%8B%E6%8F%9A%E6%B0%B4%E3%81%AE%E7%8B%AC%E3%83%BB%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%96%BD%E8%A8%AD%E3%81%ABge%E8%A3%BD%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%B3%E5%B0%8E%E5%85%A5%E6%B1%BA%E5%AE%9A/

2017/10/23 23:00
松宮煇氏がIEC1906国際表彰を受賞されました

松宮煇氏がIEC1906賞を受賞されました

松宮煇氏(まつみやひかる、現 HIKARUWIND.LAB、元 産業総合研究所・九州大学)が
国際電気標準会議(IEC)のIEC1906賞を受賞されました。
同賞の風力関連部門での日本人授賞は、昨年の鈴木章弘・石山卓弘の両氏に続いて2回目です。
http://log.jwpa.jp/content/0000289476.html

平成29年度工業標準化事業表彰の受賞者を発表します 10月20日 経済産業省
http://www.meti.go.jp/press/2017/10/20171020003/20171020003.html
http://www.meti.go.jp/press/2017/10/20171020003/20171020003-2.pdf

世界の風力発電業界での日本の地位は、着実に向上しています。

2017/10/18 23:30
世界の風力発電が累計500GWを突破
風力業界誌 Windpower Monthly の調査によると、世界の風力発電の累積導入量(連系量)は
500GW(5億kW)を突破しました。
これは日本の発電設備(電力会社+自家発)の合計 292GW の1.7倍相当です。

なお2016年末時点の各種電源の累積導入量は以下の通りでした。

 風力発電  487GW (出典:Global Wind Energy Council)
 太陽光発電 390GW (出典:GTM Research)
 原子力発電 391.5GW (出典:Nuclear Energy Institute)

【再生エネ後進国・日本#03】1兆円の経済波及効果も、規制に阻まれる風力 11月6日 Goo News
https://news.goo.ne.jp/article/newswitch/business/newswitch-10937.html

Connected global capacity tops 500GW, says WPI、2017年10月18日 Windpower Monthly
http://www.windpowermonthly.com/article/1447740/connected-global-capacity-tops-500gw-says-wpi
・WORLDWIDE: Global grid-connected wind capacity has passed the 500GW milestone, according to Windpower Intelligence (WPI), the research and data division of Windpower Monthly.

Wind power will reach 500 GW worldwide by the end of the year、10月11日 Sun&Wind Energy
http://www.sunwindenergy.com/wind-energy/wind-power-will-reach-500-gw-worldwide-end-year

2017/10/18 13:00
Hywind Scotland 浮体式洋上風力サイト(30MW)が運開
ノルウェーのStatoil社のHywind Scotland 浮体式洋上風力サイトが2017年10月18日に運開。
英国スコットランド25km沖、Siemens 6MW風車+スパー型浮体×5台 で合計30MWです。

世界初、浮く洋上風力発電所が営業開始、英国(含む動画)
2017年10月21~31日、National Geographic、Gigazine、Sputonik、新電力ネット
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/102000404/
http://gigazine.net/news/20171024-hywind-scotland/
https://jp.sputniknews.com/science/201710204201545/
https://pps-net.org/column/44133

出典:World’s first floating wind farm has started production、2017年10月18日 Statoil
https://www.statoil.com/en/news/worlds-first-floating-wind-farm-started-production.html

A breakthrough for offshore wind: world’s first floating wind farm opens in Scotland、10月18日WindEurope
https://windeurope.org/newsroom/news/a-breakthrough-for-offshore-wind-worlds-first-floating-wind-farm-opens-in-scotland/

建設時の経緯:http://log.jwpa.jp/content/0000289515.html

参考:欧州の浮体式洋上風力発電の状況、産業機械工業会誌、2017年10月号
   http://www.jsim.or.jp/kaigai/1708/003.pdf
   ・セミサブ型とスパー型に関する技術成熟度(TRL:Technology Readiness Level)は、
    技術が操業に適切であると考えられる段階(>8)になっている(図2)。


2017/10/13 23:00
FloatGen 2MW浮体式洋上風車がフランスのナント港で竣工

フランスの浮体式洋上風力開発国プロの一つの FloatGen project の
2MW浮体式洋上風車が大西洋岸のSaint Nazaireのナント港で10月13日に竣工。
今後は約20km沖の係留先に回航、2018年初に試運転。
IDEOL社のMoonpool式のコンクリート製浮体にVestas V80 2MW風車を搭載。

Ideol inaguates Floatgen、10月13日、4C Offshore、Offshorewind Biz、WindEurope他
http://www.4coffshore.com/windfarms/ideol-inaugurates-floatgen-nid6532.html
http://www.offshorewind.biz/2017/10/13/ideol-set-to-inaugurate-fully-assembled-floatgen-turbine/
https://windeurope.org/newsroom/news/floatgen-floating-wind-project-inauguration-france-first-offshore-wind-turbine/
https://www.meretmarine.com/fr/content/floatgen-premiere-eolienne-flottante-construite-en-france

出典:IDEOL HAS INAUGURATED FLOATGEN 2017年10月13日 仏IDEOL社発表
http://www.ideol-offshore.com/en/actualites/ideol-has-inaugurated-floatgen

埠頭での風車タワー艤装の様子は下の3月の見学会報告記参照。

フランス初の浮体式洋上風力発電建設現場視察
最大の浮体式洋上風力発電会議出席の報告 IDEL日本オフィス 山田睦氏 http://www.ideol-offshore.com/sites/default/files/huransuchu_nofu_ti_shi_yang_shang_feng_li_fa_dian_jian_she_xian_chang_shi_cha_final.pdf

2017/10/10 23:00
オランダRotterdam洋上風力セミナーを開催しました

JWPAは10月10日(火)にオランダ大使館でオランダ洋上風力セミナーを共催しました。
来日中のロッテルダム市長にも挨拶していただき、約70人が参加して満席の盛況でした。

日時: 10月10日(火) 09:25~12:00
場所: オランダ大使館(神谷町)、
その他: 参加無料。発表は英語ですが、適所で日本語通訳あり。

プログラム:
09:25 開会の挨拶(パール・ズウェトスロート在日オランダ大使館経済部公使参事官)
09:30 開会(アーメッド・アブターレブ ロッテルダム市長)
09:35 ロッテルダム市における洋上風力発電(ロッテルダム港湾公団)
   http://jwpa.jp/pdf/20171010_PortRotterdam.pdf
10:00 日本の洋上風力発電に関する最新の動向について(日本風力発電協会)
10:15 オランダ洋上風力発電企業事例1
     Sif Group/基礎,
     STC Group/安全訓練
11:00 オランダ洋上風力発電企業事例2
     IHC/建設船&重機
     Jumbo/建設工事
     Fugro/コンサル
11:40 洋上風力発電に関するオランダ国家政策と入札システムについて
   (Holland Home of Wind Energy/蘭風車輸出協会, DUJAM DESK)
   http://jwpa.jp/pdf/20171010_OffshoreWindDevelopmentNL.pdf
12:00 閉会

補注:Sif~Fuguro社の発表資料も入手済ですが、配布はセミナー参加者限定なので、
   個別に事務局まで連絡ください。

2017/10/02 18:00
英国Blythで自己浮沈重力式重力基礎の洋上実証サイト(41.5MW)が運開
洋上風車の基礎の今の主流は大口径モノパイル基礎ですが、浅水深向けでは重力式基礎にも出番が残っています。杭打ち時の騒音が無いので海生哺乳類への被害が出ない点も、欧州では好感されています。地元で製造されることが多いので、地域貢献の点でも評価されています。
今回は、建造場所から浮かべて輸送し、目的サイトで自沈させることで、SEP船&輸送バージ不要で基礎据付する「自己浮沈重力式基礎」が英国Blyth沖で実証段階に入りました。浅海域洋上サイトのコスト低減で期待されています。


最新:全部の風車の据付を完了し、運転開始。

Blyth delivers first power, 2017年11月20日 ReNews
http://renews.biz/109166/blyth-delivers-first-power/

世界最大級の洋上風力発電設備、まもなく稼働へ 英国沖(動画)
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/afpbbnews/140186

to-the-point: All MHI Vestas turbines up at Blyth offshore demo
2017年10月2日 Renewables Now
https://renewablesnow.com/news/to-the-point-all-mhi-vestas-turbines-up-at-blyth-offshore-demo-585423/

2台の基礎には英国研究機関 Catapultが特注したセンサーが設置された。

Catapult-designed innovative sensor system installed on two Blyth Offshore Demonstrator Wind Farm turbine foundations, 2017年8月14日 Catapult
https://ore.catapult.org.uk/press-release/catapult-designed-innovative-sensor-system-installed-two-blyth-offshore-demonstrator-wind-farm-turbine-foundations/

EDF Floats first foundation for Blyth、2017年7月11日 4C Offshore, Offshorewind Biz、BAM
http://www.4coffshore.com/windfarms/edf-floats-first-foundation-for-blyth-nid6095.html
http://www.offshorewind.biz/2017/07/11/blyth-demo-foundations-on-the-move/
http://www.bam.com/en/press/press-releases/2017/7/blyth-offshore-wind-farm-project-hits-new-milestone

Blyth Offshore Demonstration Project Array2
http://www.4coffshore.com/windfarms/blyth-offshore-wind-demonstration-site-united-kingdom-uk70.html
・英国Blyth の約6km沖、水深36~42m、事業者はEDF、MVOWの V164 8.3MW×5台=41.5MW

※現地で基礎空道内に海水を注入して沈下着底させ、後で海水を砂バラストに入替て固定する
 First Blyth wind farm GBS installed、2017年8月1日 OE Digital
 http://www.oedigital.com/component/k2/item/15918-first-blyth-wind-farm-gbs-installed

※この基礎の製造・輸送・据付は英国の BAM Infra社 と BAM Nutall社 が担当
 Strukton Immersion Projects first to install gravity based foundation、2016年6月16日
 http://www.strukton.com/news/2016/strukton-immersion-projects-first-to-install-gravity-based-foundation/
 http://www.constructionenquirer.com/2016/06/07/bam-nuttall-to-build-worlds-first-wind-farm-gravity-bases/


※自己浮沈重力式基礎の更に発展した形が、EUがカナリア諸島のPLOCAN試験サイトで実施中の ELISA project です。
 http://log.jwpa.jp/content/0000289483.html

※トリパイル基礎でも自己浮沈式の Titan 200 構想があります。
 Titan 200 shows another viable offshore foundation
 2917年10月17日 Windpower Engineering
 http://www.windpowerengineering.com/offshore-wind/titan-200-shows-another-viable-offshore-foundation/

2017/09/29 23:00
日本の風力発電のコストの研究報告
日本の再生可能エネルギーのコストは海外より高いと言われています。
 http://jwpa.jp/page_250_englishsite/jwpa/detail_e.html

そこで現状のコスト高の原因究明と今後のコストダウンについての調査が行われています。

電力中央研究所が9月29日に報告書を公開しています。

 2050年までの太陽光発電・風力発電の将来コストに関する考察
 2017年9月29日 (一財)電力中央研究所 社会経済研究所 研究資料
 http://www.denken.or.jp/jp/serc/source/pdf/Y17501.pdf


自然エネルギー財団も6月14日に研究結果を公表しています。

 日本の風力発電のコストに関する研究
 2017年6月14日 自然エネルギー財団
 http://www.renewable-ei.org/activities/reports_20170614.php

 日本の自然エネルギーコストが安くなるのはいつなのか?
 2017年5月12日 自然エネルギー財団
 http://www.renewable-ei.org/column/column_20170512.php

2017/09/28 23:00
大型クレーンを使わない風車の建設方法
風車のタワー自体で荷重を支えて、大型クレーンを使わないで風車のナセルとロータを据え付ける
ウインドリフト工法が、秋田県の三種浜田風力発電所(2MW×3台)で採用されました。

空中で巨大風車の羽根を起こす 三種浜田風力発電所建設工事
2017年9月28日 大林組 (含む説明動画)
http://www.obayashi.co.jp/projects/project46

超大型クレーン不要で大型風車を建設、大林組と巴技研が開発 2017年5月30日 Tech On
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/053007739/?rt=nocnt

ウインドリフトとは?
http://www.obayashi.co.jp/service_and_technology/related/tech074
http://www.tomoegiken.co.jp/lso/method/liftupsystem_windlift.html


なお海外では、オランダのLagerwey社(倒産から会社更生法で復活)が、
タワー付属クレーン(Climbing Crane)による風車据付を開始しています。
2017年8月にオランダ北部のEemshaven港でL136 - 4MW風車の据付に成功。
10月には2台目を据え付ける予定。

Lagerwey tests its Climbing Crane 2017年8月30日 Lagerwey発表
https://www.lagerwey.com/blog/2017/08/30/lagerwey-test-climbing-crane-eemshaven/
https://www.lagerwey.com/blog/2017/02/20/eerste-fotos-bouw-lagerwey-climbing-crane/
https://www.lagerwey.com/blog/2016/06/15/lagerwey-designs-the-worlds-first-climbing-crane/

説明動画
Lagerwey Crane, the world's first climbing crane
https://www.youtube.com/watch?v=ZUzwk_Gr-rE


さらに洋上風車据付でもSEP不要のクレーンレス工法の構想があります。

※タワーに沿ってナセルを登攀させる新工法(SENSE:Self Erecting Nacelle System)
Automating construction and a spar buoy of geopolymer concrete could take big bites
out of offshore construction costs 2017年10月23日 Windpower Engineering
http://www.windpowerengineering.com/construction/automating-construction-spar-buoy-geopolymer-concrete-take-big-bites-offshore-construction-costs/
http://senseoffshore.co.uk/howSenseWorks