Counter
Yesterday 
Today 
QRcode
2017/10/02 18:00
英国のBlyth洋上実証サイト(41.5MW)で自己浮沈重力式重力基礎を据付完了
洋上風車の基礎の今の主流は大口径モノパイル基礎ですが、浅水深向けでは重力式基礎にも出番が残っています。杭打ち時の騒音が無いので海生哺乳類への被害が出ない点も、欧州では好感されています。地元で製造されることが多いので、地域貢献の点でも評価されています。
今回は、建造場所から浮かべて輸送し、目的サイトで自沈させることで、SEP船&輸送バージ不要で基礎据付する「自己浮沈重力式基礎」が英国Blyth沖で実証段階に入りました。浅海域洋上サイトのコスト低減で期待されています。

最新:全部の風車の据付を完了。

to-the-point: All MHI Vestas turbines up at Blyth offshore demo
2017年10月2日 Renewables Now
https://renewablesnow.com/news/to-the-point-all-mhi-vestas-turbines-up-at-blyth-offshore-demo-585423/

2台の基礎には英国研究機関 Catapultが特注したセンサーが設置された。

Catapult-designed innovative sensor system installed on two Blyth Offshore Demonstrator Wind Farm turbine foundations, 2017年8月14日 Catapult
https://ore.catapult.org.uk/press-release/catapult-designed-innovative-sensor-system-installed-two-blyth-offshore-demonstrator-wind-farm-turbine-foundations/

EDF Floats first foundation for Blyth、2017年7月11日 4C Offshore, Offshorewind Biz、BAM
http://www.4coffshore.com/windfarms/edf-floats-first-foundation-for-blyth-nid6095.html
http://www.offshorewind.biz/2017/07/11/blyth-demo-foundations-on-the-move/
http://www.bam.com/en/press/press-releases/2017/7/blyth-offshore-wind-farm-project-hits-new-milestone

Blyth Offshore Demonstration Project Array2
http://www.4coffshore.com/windfarms/blyth-offshore-wind-demonstration-site-united-kingdom-uk70.html
・英国Blyth の約6km沖、水深36~42m、事業者はEDF、MVOWの V164 8.3MW×5台=41.5MW

※現地で基礎空道内に海水を注入して沈下着底させ、後で海水を砂バラストに入替て固定する
 First Blyth wind farm GBS installed、2017年8月1日 OE Digital
 http://www.oedigital.com/component/k2/item/15918-first-blyth-wind-farm-gbs-installed

※この基礎の製造・輸送・据付は英国の BAM Infra社 と BAM Nutall社 が担当
 Strukton Immersion Projects first to install gravity based foundation、2016年6月16日
 http://www.strukton.com/news/2016/strukton-immersion-projects-first-to-install-gravity-based-foundation/
 http://www.constructionenquirer.com/2016/06/07/bam-nuttall-to-build-worlds-first-wind-farm-gravity-bases/


※自己浮沈重力式基礎の更に発展した形が、EUがカナリア諸島のPLOCAN試験サイトで実施中の ELISA project です。
 http://log.jwpa.jp/content/0000289483.html

2017/09/29 23:00
日本の風力発電のコストの研究報告
日本の再生可能エネルギーのコストは海外より高いと言われています。
 http://jwpa.jp/page_250_englishsite/jwpa/detail_e.html

そこで現状のコスト高の原因究明と今後のコストダウンについての調査が行われています。

電力中央研究所が9月29日に報告書を公開しています。

 2050年までの太陽光発電・風力発電の将来コストに関する考察
 2017年9月29日 (一財)電力中央研究所 社会経済研究所 研究資料
 http://www.denken.or.jp/jp/serc/source/pdf/Y17501.pdf


自然エネルギー財団も6月14日に研究結果を公表しています。

 日本の風力発電のコストに関する研究
 2017年6月14日 自然エネルギー財団
 http://www.renewable-ei.org/activities/reports_20170614.php

 日本の自然エネルギーコストが安くなるのはいつなのか?
 2017年5月12日 自然エネルギー財団
 http://www.renewable-ei.org/column/column_20170512.php

2017/09/28 23:00
大型クレーンを使わない風車の建設方法
風車のタワー自体で荷重を支えて、大型クレーンを使わないで風車のナセルとロータを据え付ける
ウインドリフト工法が、秋田県の三種浜田風力発電所(2MW×3台)で採用されました。

空中で巨大風車の羽根を起こす 三種浜田風力発電所建設工事
2017年9月28日 大林組 (含む説明動画)
http://www.obayashi.co.jp/projects/project46

超大型クレーン不要で大型風車を建設、大林組と巴技研が開発 2017年5月30日 Tech On
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/053007739/?rt=nocnt

ウインドリフトとは?
http://www.obayashi.co.jp/service_and_technology/related/tech074
http://www.tomoegiken.co.jp/lso/method/liftupsystem_windlift.html


なお海外では、オランダのLagerwey社(倒産から会社更生法で復活)が、
タワー付属クレーン(Climbing Crane)による風車据付を開始しています。
2017年8月にオランダ北部のEemshaven港でL136 - 4MW風車の据付に成功。
10月には2台目を据え付ける予定。

Lagerwey tests its Climbing Crane 2017年8月30日 Lagerwey発表
https://www.lagerwey.com/blog/2017/08/30/lagerwey-test-climbing-crane-eemshaven/
https://www.lagerwey.com/blog/2017/02/20/eerste-fotos-bouw-lagerwey-climbing-crane/
https://www.lagerwey.com/blog/2016/06/15/lagerwey-designs-the-worlds-first-climbing-crane/

説明動画
Lagerwey Crane, the world's first climbing crane
https://www.youtube.com/watch?v=ZUzwk_Gr-rE


2017/09/26 23:00
日本学術会議が「再生可能エネルギー利用の長期展望」を発表
日本学術会議が「再生可能エネルギー利用の長期展望」の報告書を発表しました。

出典:再生可能エネルギー利用の長期展望 2017年9月26日 日本学術会議
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-h170926.pdf

報道:日本の再エネ導入、ポストFITや長距離輸送が重要 日本学術会議の報告書 
   2017年9月29日 環境ビジネスオンライン
   https://www.kankyo-business.jp/news/015738.php

要点
2 現状および問題点
1) 日本には、全電力需要だけでなくエネルギー消費量全体にも匹敵する量の再生可能エネルギーが存在する。
2) EU では、再生可能エネルギーの発電比率が20%(水力除く)を超え、基幹電源に位置付ける国が増えている。
3) EU 諸国で、再生可能エネルギー拡大施策による国民の経済負担の再調整が課題となっている。
4) 日本では、急速に進む太陽光発電に対し、風力発電や地熱発電の導入が遅れている。
5) 日本の再生可能エネルギーの拡大の課題として、送電容量不足、電気料金上昇がある。
3.報告内容
(1)2) 安価な風力発電は、日本では風況の良い地域が限られ、時間変動、地域変動が大きい。長期的には、季節変動を含む長期間の貯蔵、安価な海外風力利用を視野に長距離輸送技術の発展が重要である。

※風力の出力変動対策として、風力熱貯蔵や水素製造を推奨している点は、広域連系による対処を挙げているIEA Wind Task25と異なっています。
http://www.jema-net.or.jp/Japanese/res/wind/images/IEA_WIND_Task25_Ph1_JP.pdf

2017/09/22 23:30
欧州風力協会が2030年に30%の風力導入目標を発表
欧州風力協会WindEuropeが2030年の風力導入目標(High, Central, Lowの3通り)を発表。
Central Scenarioは、2030年に累積で323GW(陸上253GW、洋上70GW)でEUの電力需要の30%を供給する。この目標値は2016年末累計160GWの約2倍です。
これにより欧州の風力産業は、2030年までに2390億ユーロ(32兆円)の投資と56.9万人の雇用を生みます。

出典:Wind energy in Europe, Scenarios for 2030、2017年9月22日 WindEurope
https://windeurope.org/about-wind/reports/wind-energy-in-europe-scenarios-for-2030/

報道:

WindEurope projects wind energy to power 30% of Europe by 2030
9月28日 Windpower Technology
http://www.power-technology.com/news/newswindeurope-projects-wind-energy-to-power-30-of-europe-by-2030-5937339

Europe Could Attract 7 Billion With Higher Wind-Power Target
9月26日 Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-09-25/europe-seen-drawing-417-billion-with-higher-wind-power-target

2017/09/22 23:00
風力発電シンポジウム「地域社会と風力発電」を開催

風力発電推進市町村全国協議会にご協力して、風力発電シンポジウム「地域社会と風力発電」を
9月22日(金)13:30~インテックス大阪 会議室Fで開催いたしました。
約100人が参加して、今後の日本の風力発電について闊達な意見交換が行われました。

13:30~13:40 開会挨拶 風力発電推進市町村全国協議会 会長 森 利男氏
           (一社)日本風力発電協会 代表理事 髙本 学氏
13:40~13:45  来賓挨拶 足利工業大学 理事長 牛山 泉氏
13:45~14:30 基調講演① 経産省 資源エネルギー庁省エネ新エネ部新エネ課 課長補佐 梶 直弘氏
14:30~15:15 基調講演② 環境省 地球環境局 地球温暖化対策課長 松澤 裕氏
15:30~17:00 パネル・ディスカッション(テーマ:地域社会と風力発電)
 コーディネーター: 足利工業大学 理事長 牛山 泉氏
 パネラー: 資源エネルギー庁 新エネルギー課 課長補佐 梶 直弘氏
       環境省 地球温暖化対策課長 松澤 裕氏
       (一社)日本風力エネルギー学会 会長 石原 孟氏
       風力発電推進市町村全国協議会 会長 森 利男氏
       風力発電推進市町村全国協議会 副会長 鈴木重男氏
       (一社)日本風力発電協会 代表理事 髙本 学氏
       (一社)日本風力発電協会 理事 安 茂氏
17:00~17:10 感謝状贈呈(受領者:ウィンドデイ・イベント主催者の内8者)
17:10~17:20 閉会挨拶 風力発電推進市町村全国協議会 副会長 片岡春雄氏
17:45~19:30 懇親会


2017/09/08 10:09
日本で洋上風力の建設用船舶の建造計画が相次ぐ
日本企業による洋上風力の建設用船舶の建造計画の発表が続いています。

 洋上風力発電所建設用自己昇降式作業台船船団「HASTY-W」建造計画に関するお知らせ
 9月7日 アチハ(株)、自然電力(株)、東光電気(株)、(株)吉田組、若築建設(株)
 ・5社の共同発表。5MW級用で、クレーン作業用と輸送用の2隻。PDFに仕様表・概要図あり。
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000007130.html
 http://www.shizenenergy.net/images/contents/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9HASTY-W%E5%BB%BA%E9%80%A0%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6_20170907.pd

 日本初、通信・電力・観測資源探査に対応した「海底ケーブル敷設船」の建造について
 9月1日 KDDI発表
 http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/09/01/2653.html


過去には、東洋建設(竣工済)、五洋建設(2018年9月完成予定)、鹿島建設も建造計画を発表。

 絶好調「マリコン」は、なぜ大型船を造るのか 8月31日 東洋経済
 http://toyokeizai.net/articles/-/133592

 自航式多目的船(AUGUST EXPLORER)が完成しました
 2016年9月1日 五洋建設発表
 http://www.toyo-const.co.jp/topics/generalnews-6761

 SEP型多目的起重機船の建造について
 ~外洋におけるクレーン作業が、安全かつ高稼働率、高精度で可能に~
 2016年7月26日 五洋建設発表
 http://www.penta-ocean.co.jp/news/2016/160726.html

 洋上風力発電用の海上作業構台「Kプラットフォーム コンボ」の開発
 2015年8月19日 鹿島建設発表
 http://www.kajima.co.jp/news/press/201508/19c1-j.htm


2017/09/06 19:52
欧州の老朽化した洋上風力発電所の撤去工事の動画
欧州では初期に建設された洋上風力発電所が20年の寿命を終えて、撤去工事が行われています。
3件の動画を紹介します。

スウェーデン Yttre Stengrund 洋上風力サイト、2015年11月-2016年1月頃に撤去
(Vattenfall, Micon 2MW×5台=10MW、モノパイル基礎、水深6-8m、2km沖)
https://www.youtube.com/watch?v=NZPzOmBj1pc

オランダ Lely 洋上風力サイト、2016年12月頃に撤去
(Vattenfall, NED Wind 500kW×4台=2MW、モノパイル基礎、水深2-5m、800m沖)
https://www.youtube.com/watch?v=DZJAmpt7SbA

デンマーク Vindeby 洋上風力サイト、2017年3月~9月頃に撤去
(Dong Energy, Bonus 450kW×11台=4.95MW、重力式基礎、水深2-3m、1.8km沖)
https://youtu.be/QEJHB8V4hEE?t=203
https://www.youtube.com/watch?v=gMMlDRg9w_g

2017/08/31 18:24
デンマーク洋上風力視察団をState of GreenがWeb Newsで紹介

JWPA主催のデンマーク洋上風力視察団(8月27日出発)が、同国の再生エネルギー普及機関 State of Green のWeb Newsで紹介されました。

JAPAN LOOKS TO DENMARK FOR WIND ENERGY EXPERIENCE、8月31日 State of Green
https://stateofgreen.com/en/profiles/state-of-green/news/japan-looks-to-denmark-for-wind-energy-experience

Anholt洋上サイト船上視察の現地のTVニュース動画
https://www.tv2ostjylland.dk/artikel/japansk-vindmoelle-industri-henter-inspiration-fra-oestjylland

団長の特殊高所技術 斎藤薫氏による報告
JWPAデンマーク洋上風力視察団
http://www.tokusyu-kousyo.co.jp/jwpa-vol1-4052/
http://www.tokusyu-kousyo.co.jp/jwpa-vol2-4088/


2017/08/01 23:59
2017年 風力発電のある風景 フォトコンテスト受付中!
~2017年 風力発電のある風景 フォトコンテスト~ 受付開始!

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 
□■  募集期間 : 2017年 5月 1日~2017年 9月30日 (当日消印有効)
■□
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■□ 各 賞 
    
   最優秀賞 (1作品)    5万円
   優秀賞  (2作品)  各3万円
    佳  作  (9作品)   各2万円

 
  
   入賞作品による「2018年カレンダー」を作成します。
   その他、協会及び会員企業・団体による、出版物、宣伝広告、ホームページ等へ
   使用させていただくこともあります。

   募集要項詳細に関しましては下記をご覧ください。
      http://jwpa.jp/photo/2017-photocontest.pdf

   本年もたくさんのご応募をお待ちしております。