2019/12/06 23:45
北九州市の洋上風力発電の人材育成研修(12/13)
 北九州市は、地域エネルギーの拠点化推進に取り組むとともに、⾵⼒発電産業の
拠点化に資する「⾵⼒発電の⼈材育成」を進めています。
同市が⾵⼒発電に関する基礎的な知識習得のための⼈材育成研修を開催します。
⾵⼒発電事業に携わっている⽅、これから携わる予定の⽅々の参加をお待ちしています。

■⽇ 時: 令和元年 12 ⽉ 13 ⽇(⾦)10:00〜17:00
■会 場: AIM 3 階 315 会議室 (北九州市⼩倉北区浅野三丁⽬ 8-1)

■内 容
10:00 開会
10:05〜10:45 洋上⾵⼒発電の導⼊促進と産業振興
     (経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部
                   新エネルギー課係⻑ 都武蔵 ⽒)
10:45〜11:00 北九州市の地域エネルギー政策の動向(北九州市)
        (北九州市環境局環境国際経済部地域エネルギー推進課
                 エネルギー戦略担当係⻑ 酒井啓範)
11:00〜12:00 洋上⾵⼒発電事業と今後の展開
    (⼀般社団法⼈⽇本⾵⼒発電協会 国際・広報部⻑ 上⽥悦紀 ⽒)
〜 昼 ⾷ 〜
13:00〜14:00 ⾵⼒発電施設のメンテナンスについて
              (株式会社北拓 取締役副社⻑ 吉⽥悟 ⽒)
14:00〜15:00 洋上⾵⼒発電施設の建設について
     (五洋建設 ⼟⽊部⾨洋上⾵⼒プロジェクト・チーム専⾨部⻑
                            島⾕学 ⽒)
15:00〜16:00 洋上⾵⼒発電の導⼊における環境調査等
          (国際航業株式会社 九州技術部環境⽔域グループ
                    環境担当課⻑ ⽶澤泰雄 ⽒)
16:00〜17:00 洋上⾵⼒発電施設の導⼊から撤去まで
         (電源開発株式会社 ⾵⼒事業部 調査役 志⽔伸⼆ ⽒)
17:00 閉会(北九州市)
※内容等、⼀部変更となる場合があります。

■定 員: [第1会場] 50 名 (主に企業関係者・学⽣の参加も可)
■参加費: 無料(事前の参加申込が必要)
■主 催: 北九州市

■申し込み先・申し込み⽅法:
  参加希望者は、下記 URL よりお申込みください。申込期間は12 ⽉ 9 ⽇(⽉)までです。
  https://www.shinsei.elg-front.jp/kitakyushu/uketsuke/dform.do?id=1571374300741
■問合せ先
  北九州市環境局地域エネルギー推進課
  Tel 093-582-2238 E-mail kan-chiikienergy@city.kitakyushu.lg.jp

2019/11/29 23:30
洋上風力の基地港整備に向けた港湾法改訂が成立
臨時国会で港湾法の一部改正(埠頭の長期貸付制度創設)が成立しました。
洋上風車の建設時に基地港の埠頭を長期借用できるようになりました。
また、港湾海域の占有期間が、従来の20年から一般海域と同じ30年に拡大されました。

議案要旨:
https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/200/pdf/580200150.pdf

提出法律案:
https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/200/pdf/t0802000152000.pdf

【報道】

 改正港湾法が成立 建通新聞 2019年12月4日
 https://www.kentsu.co.jp/webnews/view.asp?cd=191204590004&area=0&yyyy=0&pub=1

 洋上風力発電の導入促進で埠頭貸付制度を創設へ 港湾法改正案を閣議決定
 10月23日 環境ビジネス
 https://www.kankyo-business.jp/news/023329.php

 港湾法改正案を閣議決定 2019年10月18日 日本経済新聞
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51115350Y9A011C1EAF000/

【改訂の経緯】

 11月29日に港湾法の一部を改正する法律案が参議院本会議で賛成多数で可決
 参議院 日程第1 港湾法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)
 https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/200/200-1129-v008.htm
 第200回国会 議案の一覧 (内閣提出)の提出番号15番
 https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/200/gian.htm

 11月14日に衆議院を通過、参議院での審議に移る。
 第200回国会 議案の一覧 閣法の15番目
 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/menu.htm#09

 「港湾法の一部を改正する法律案」を閣議決定
 ~洋上風力発電設備の設置等のための埠頭貸付制度の創設・国際基幹航路の
 維持・拡大に関する取組の強化~ 2019年10月18日 国土交通省
 https://www.mlit.go.jp/report/press/port01_hh_000213.html

2019/11/26 23:27
欧州は2050年に洋上風力累計450GWを目指す(WindEurope発表)
2019年11月26日コペンハーゲンで開幕したOffshore Wind 2019で、
欧州風力協会は「2050年に洋上風力450GWを目指す」と発表しました。

OUR ENERGY, OUR FUTURE How offshore wind will help Europe go carbon-neutral
2019年11月26日 WindEurope発表
https://windeurope.org/about-wind/reports/our-energy-our-future/
https://windeurope.org/wp-content/uploads/files/about-wind/reports/WindEurope-Our-Energy-Our-Future.pdf

【発表骨子】
0 EUの2050年ゼロエミッションの達成には450GWの洋上風力が必要
1 450 GWの内訳は、北海に212 GW、大西洋(アイルランド海を含む)に85 GW、
  バルト海に83 GW、地中海およびその他の南ヨーロッパ海域に70 GW
2 これだけ開発しても、北海・バルト海の総面積の3%未満しか必要としません
3 欧州では洋上風力の価格は2050年に50ユーロ/ MWh(6円/kWh)未満になる
4 450 GWの開発には、様々な産業セクターが同じ海域を重複使用すべきです。
5 年間の新規設置量は、現在の年 3GWから2030年には年20 GW以上に増えます
6 海底送電線は、今の年20億ユーロ未満から2030年までに年80億ユーロの投資増が必要
7 陸上送電網にも、2030年までに年100~500億ユーロの投資が必要

【報道】

・欧州洋上風力、2050年に現在の22倍「達成可能」 11月27日 日本経済新聞
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO52652120W9A121C1TJ2000/

・The EU’s big goals for offshore wind energy are achievable, between 230 and 450 GW by 2050 11月26日 Evwind
 https://www.evwind.es/2019/11/26/the-eus-big-goals-for-offshore-wind-energy-are-achievable-between-230-and-450-gw-by-2050/72014


【追補】 バルト海の洋上風力開発(83GW)に特化した報告書も発行しました。

New report sets out how to exploit offshore wind potential in Baltic Sea 11月28日 WindEurope発表
https://windeurope.org/newsroom/press-releases/new-report-sets-out-how-to-exploit-offshore-wind-potential-in-baltic-sea/
https://windeurope.org/wp-content/uploads/files/about-wind/reports/WindEurope-Boosting-offshore-wind.pdf

2019/11/21 21:59
GWECの風力産業への女性参加促進大使(WIW: Women in Wind Ambassador)の募集
世界風力会議(GWEC)は今年2月から風力産業への女性参加を
促進する活動 Women in Wind(WIW)を進めています。
https://gwec.net/women-in-wind/about-the-program/

国際再生エネルギー機関(IRENA)との共同事業です。
https://www.irena.org/publications/2019/Jan/Renewable-Energy-A-Gender-Perspective

このWIW活動を広報する大使(Ambassador)を日本からも選出して欲しいと
JWPAに依頼があったので、広く自薦・他薦を受け付けます。

なお各国の風力協会に募集が出されており、少なくとも英国、南アフリカ、
モンゴル、ウルグアイ、アルゼンチン、ブラジルからは選出される見込みです。

〇タイトル: Women in Wind Ambassador
〇募集人数: 1人(JWPA理事会で選定します。12月11日目途。)
〇募集期限: 12月4日(水) 18:00
  JWPA理事会で審議後に12月中に結果を返答します。
〇受付方法: office@jwpa.jp 宛に履歴書(ブログ掲載用の写真も)と就任への
  意気込みを書いてメールしてください。それを元に理事会で審議します。
〇活動内容: WIWの宣伝と普及。一種の無給の名誉職です。
  海外出張は必須ではありませんが、来年開催予定のAmbassadors Forum 2020
  への参加(含むTV電話。必要に応じてJWPAが旅費支給)が期待されています。
  WIWブログへのコメント提供も期待されます。
  就任後はGWECからサポート教材が提供されます。
 参考:WIWブログ:https://gwec.net/women-in-wind/blog/
  なおAmbassadorは名誉職なので、今年上期選出済のMentor/Menteeの
  ような実作業(study tour等)を行う必要はありません。
〇応募条件:①②のいずれかを満たすこと。
  ①JWPA会員企業に勤務している
  ②風力発電での十分な経験がある
   (理想的には管理職経験者(ideally senior-level in career))
  ・ビジネス級の英語力があればなお良い
  ・性別を問わず応募可能

なおGWECは12月11日の COP25 Gender Day にWIWの宣伝パンフ(下リンク)を発表する予定です。

Best Practices for Gender Diversity at Industry Events
http://jwpa.jp/pdf/2019_BestPracticesforGenderDiversityEventsfinal.pdf


参考:GWEC、風力発電業界の女性リーダー育成プログラム始動。新興国を対象
  Sustainable Japan 2019年4月6日
  https://sustainablejapan.jp/2019/04/06/gwec-women-in-wind-global-leadership-program/38701

2019/11/20 23:07
日本で洋上風力の建設用船舶の建造が相次ぐ
日本企業による、より大型の洋上風力の建設用船舶の建造計画の発表が続いています。
竣工した五洋建設のJack Up船は2019年10月に北九州響灘沖の着床式2MWの撤去で活躍。
2~4隻目の建造計画も発表されています。

【1隻目】 2018年12月竣工、非自行式、クレーン能力 800トン、五洋建設
 SEP型多目的起重機船「CP-8001」の完成について 2019年1月8日 五洋建設
 http://www.penta-ocean.co.jp/news/2019/190108.html
 ・非自行式、クレーンは800トン、水深30mに10MW級の風車を設置可能

 洋上風力関連工事においてSEP型多目的起重機船「CP-8001」を活用 10月1日 五洋建設
 http://www.penta-ocean.co.jp/news/2019/191001.html

【2隻目】 2020年10月竣工予定、クレーン能力 800トン、大林組・東亜建設
 洋上風力発電所の建設を目的としたSEPの建造を決定しました
 大型の着床式洋上風力発電設備の設置に対応 2018年9月25日 大林組・東亜建設
 https://www.obayashi.co.jp/news/detail/news20180925_1.html
 http://www.toa-const.co.jp/company/release/2018/180925.html
 ・クレーン800(1000まで拡張可)トン、5~9.5MW級の風車を最大3台を設置可能

【3隻目】 2022年9月竣工予定、クレーン能力 1600トン、五洋建設・鹿島建設・寄神建設
 風車複数基運搬が可能/1600t吊クレーン搭載/五洋 鹿島 寄神 SEP船を共同建造
 /保有会社設立、23年3月稼働 2019年11月21、28日 建設通信新聞、Built
 https://www.kensetsunews.com/archives/390473
 https://built.itmedia.co.jp/bt/articles/1911/28/news027.html
 ・投資額は約185億円で、完成・引き渡しは2022年9月、稼働開始は2023年3月を予定
 ・出資比率は、五洋建設が65%、鹿島が30%、寄神建設が5%。新船の運行は寄神建設が担当
 ・1,600t吊全旋回式クレーン搭載、10~12MWクラスの洋上風車を効率的に建設可能
出典:SEP型多目的起重機船(1,600t吊)の建造について 11月20日 五洋・鹿島・寄神建設
   http://www.penta-ocean.co.jp/news/2019/191120.html
   https://www.kajima.co.jp/news/press/201911/20c1-j.htm
   https://www.yorigami.co.jp/profile/topics/20191120.html

【4隻目】 2022年10月竣工予定、自行式、クレーン能力 2500トン、清水建設
 世界最大級・高効率の自航式SEP船を建造
 ~洋上風力建設の受注トップシェア獲得へ~ 2019年7月24日 清水建設
 https://www.shimz.co.jp/company/about/news-release/2019/2019007.html
 ・投資額は500億円。完成は2022年10月の予定。
 ・全幅50m、全長142m、総トン数28,000t、水深10~65mまで対応、
  クレーンの最大揚重能力は2,500t、最高揚重高さは158m
 ・8MW風車なら7基、12MWなら3基分の全部材を一度に搭載でき、
  8MW風車の場合は7基を10日、12MWの場合は3基を5日で据え付け可能


最近の急速な風車の大型化と国内洋上風力計画増大(下リンク)に応じた動きです。

 現在の日本の洋上風力計画(2019年11月時点:約13GW)
 http://jwpa.jp/pdf/201908_JapanOffshoreWindPJ.pdf
 http://www.kaiyogis.com/offshorewindfarm/

 清水建設が建造船に500億円!ゼネコンが洋上風力発電に走る理由
 週刊ダイヤモンド 2019年7月25日
 https://diamond.jp/articles/-/209602


参考1(2年前の記事)

 日本で洋上風力の建設用船舶の建造計画が相次ぐ 2017/09/08
 http://log.jwpa.jp/content/0000289528.html

参考2 上記の他にも、第一建設機工が非自行式の小型SEPを何隻か運用しています。

 第一建設機工 海上工事部門
 https://www.dai1-sep.com/tech/sea.php

 自然環境への調和を革新的な技術で JWPA協会誌 2011年号
 http://jwpa.jp/pdf/7-09-05dai1-sep.pdf

参考3 丸紅が欧州の洋上建設船運用大手 Seajacks を買収しており、参加の
 大型 Jack Up船 Zaratan が2019年から台湾の洋上風車建設に活躍しています。

 Seajacks Zaratan Reaches Taiwan 2019年5月13日 Offshorewind Biz
 https://www.offshorewind.biz/2019/05/13/seajacks-zaratan-reaches-taiwan/

 JWPA台湾洋上風力視察の報告 JWPA協会誌 2019年版掲載記事
 http://jwpa.jp/pdf/201909_TaiwanOffshoreTour.pdf
    
2019/11/15 23:17
洋上風力の海底地質調査船のトラブル事例
洋上風力では、基礎の形式と仕様を決めるために、風車を建てる各位置で
ボーリング調査(CPT、SPT、等)を実施します(下リンク参照)。
http://www.kge.co.jp/data/newslist/20180611-Press_release.pdf
この調査で利用する海洋調査船の最近のトラブル事例を2件紹介します。

1.新潟の中国船(国防問題)

・今年7月に中国の調査船が秋田沖の海底調査に雇われたのをNHKが報道しました。
 詳細な海洋情報は海軍(潜水艦や上陸用舟艇)にも有用なので国防への配慮が要ります。

 中国船問題で国交相取り組み表明 2019年11月28日 NHK 新潟
 https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20191128/1030010359.html

 謎の中国船を追え! 2019年11月14日 NHK Web特集
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191114/k10012177251000.html

 中国海洋調査船 日本の領海で調査の寸前 情報把握され引き返す 11月13 日 NHK
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191113/k10012176231000.html

2.台湾での転覆事故

・台湾の彰化県沖でインドネシア船籍の作業船Patra Offshoreが
 掘削中にドリルが引掛かって船体が傾き、転覆しました。
 アジアではまだ洋上土木の熟練者が少ないので、注意が必要です。

 彰化外海工作船險翻覆 海巡救40人 2019年8月22日 中時(台湾の記事)
 動画 https://youtu.be/TFl9ZqcI3qI

 Drilling ship developed heavy list, abandoned UPDATE 2019年8月23日 FleetMon
 https://www.fleetmon.com/maritime-news/2019/26865/drilling-ship-developed-heavy-list-abandoned-updat/

2019/11/14 08:30
世界の風車メーカの再編の動き

ドイツは入札制移行の影響で陸上風力市場が前年比40%(2017年5334MW→18年2402MW)
にまで縮小。2019年は1-9月で510MWで、年間1GWを下回るのは確実です(上グラフ)。
新興市場(中南米、アジア、アフリカ等)でも風車価格が急速に低下して、
多くの風車メーカで経営環境が急速に悪化しています。

参考:ドイツの陸上風力入札制度の試行錯誤 2018/3/20 JWPA
   http://log.jwpa.jp/content/0000289578.html

   風力発電、曲がり角に=建設激減、関連企業破綻も-ドイツ 2019/6/24 時事通信
   https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062200160&g=int

   The Germans fighting wind farms close to their homes 2019/11/26
   https://www.dw.com/en/the-germans-fighting-wind-farms-close-to-their-homes/a-51417653
   ・経産相は民家(定義が5軒か10軒かで議論中)から離隔 1kmを求める法案を提示。
    環境省調査では離隔 1kmにすると立地可能な面積は20~50%削減される。
    特にリパワリングへの影響が大きい。

   「居住地から1キロ離せ」――風力発電への逆風 2019/12/05 IEEI
   http://ieei.or.jp/2019/12/special201704017/

インドのSuzlon(昔のSenvionのオーナ)とドイツのSenvionは経営破綻しました。
世界の風力業界では、「2022年問題」:米国PTC完了と中国風力買取価格低下が起こる
2022年に世界的に市場が縮小するリスクが懸念されています。
例外は信頼性重視と寡占化で風車価格が維持されている洋上風力市場だけです。

こうした動向をうけて、風車メーカでは業界再編の動きが活発化しています。

1) SiemensGamesa(SGRE)が、独Senvionの欧州資産を2億ユーロで買収。目的はO&Mシェアの拡大。
また、SiemensはSGREの株式の67%までの買増しを検討中です。
2) 印Suzlonは、債務整理を協議中。まとまればVestasが買収する見込み。
3) NordexAccionaは、西Acionaが独Nordex株式買収を表明。
4) 独Enercon が3000人、SGRE が600人のレイオフを発表。他メーカも合わせると約4万人が失職。

シーメンス、シーメンスガメサに追加出資も 2019/11/27 NNA
https://europe.nna.jp/news/show/1979062

Siemens could buy Iberdrola Siemens Gamesa stake: report 2019/11/26 Recharge
https://www.rechargenews.com/wind/siemens-could-buy-iberdrola-siemens-gamesa-stake-report/2-1-712786

Thousands to lose jobs as German wind crisis hits Enercon 2019/11/11 Recharge
https://www.rechargenews.com/wind/1875667/thousands-to-lose-jobs-as-german-wind-crisis-hits-enercon

Siemens Gamesa plans 600 job cuts as 'headwinds' persist 2019/11/5 Recharge
https://www.rechargenews.com/wind/1873545/siemens-gamesa-plans-600-job-cuts-as-headwinds-persist

Siemens Gamesa chief sees 'two strong wind players' left standing 2019/11/5 Recharge
https://www.rechargenews.com/wind/1873665/siemens-gamesa-chief-sees-two-strong-wind-players-left-standing

Why Enercon is struggling and Senvion has gone under 2019/11/14 Windpower Monthly
https://www.windpowermonthly.com/article/1665862/why-enercon-struggling-senvion-gone
※冒頭グラフの出典

下記事では10年後には、Vestas、SGRE,GE、NordexAccionaの4社と中国勢だけが生残ると推定されています。

Siemens Gamesa chief sees 'two strong wind players' left standing 2019/11/5 Recharge
https://www.rechargenews.com/wind/1873665/siemens-gamesa-chief-sees-two-strong-wind-players-left-standing

2019/11/13 21:22
浮体式洋上風力発電の最近の動向
浮体式洋上風力発電の関連の、最近の世界の動きを紹介します。

1) WindFloat Atlantic(米Pricipal Power社、ポルトガル沖、V164 8.4MW×3台=25MW、セミサブ式)
 ・1台目が係留されました。

First Turbine of WindFloat Atlantic Moves Into Position, 2019/10/22 MVOW発表
 http://www.mhivestasoffshore.com/first-turbine-of-windfloat-atlantic-moves-into-position/

 WindFloat Atlantic Launch: A New Era for Offshore Wind and the Blue Economy、2019/10/22 Offshorewind Biz
 https://www.offshorewind.biz/2019/10/22/windfloat-atlantic-launch-a-new-era-for-offshore-wind-and-the-blue-economy/

 1台目の製造・建設の動画
   https://www.facebook.com/MHIVestasOffshoreWind/videos/572922930120311/
   https://www.youtube.com/watch?v=PiKa6steniw
   https://www.youtube.com/watch?v=GvDZCEoOV9U


2) 英Kincardine PJ(Cobra社主導、2MW+V164 9.6MW×5台=50MW、セミサブ式)
 ・2018年10月に2MWが運開。残り5台の海底送電線関連の契約を締結。

 First Subsea CPSs for Kincardine Floating Wind Farm 2019/11/23 Offshorewind Biz
 https://www.offshorewind.biz/2019/10/23/first-subsea-cpss-for-kincardine-floating-wind-farm/

 MHI Vestas To Supply Five V164-9.5 MW Turbines for Kincardine Floating Offshore Wind Park in Scotland 2019/4/1 MVOW発表
 http://www.mhivestasoffshore.com/mhi-vestas-to-supply-five-v164-9-5-mw-turbines-for-kincardine-floating-offshore-wind-park-in-scotland/

 Kincardine Project sees first floating turbine installed in North Sea
 2018/11/29 The Engineer
 https://www.theengineer.co.uk/kincardine-project-floating-turbine/

 1台目の据付の動画 https://www.youtube.com/watch?v=O6ROkGgPfIo


3) Hywind Tampen(Equinor主導、ノルウェー沖、SGRE 8MW×11台=88MW、スパー型)
 ・順調に許認可を取得し、391億円の工事契約を締結。

 Investing in Hywind Tampen development、2019/10/11 Equinor発表
 https://www.equinor.com/en/news/2019-10-11-hywind-tampen.html

 スノーレ油田向け洋上風力発電導入開発計画をノルウェー政府に提出 世界初の試み
 石油ガス生産設備に直接接続する浮体式洋上風力発電設備の開発を開始
 2019/10/16 出光興産発表
 https://www.idss.co.jp/news/2019/191016.html


4) フランスの地中海側の浮体式洋上計画がMVOWのV164 10MW×3台に機種内定
 ・仏国プロの Eoliennes Flottantes du Golfe du Lion (EFGL) wind farm 30MW
  Engie, EDP Renewables、Caisse des Dépôts のコンソーシアム。2022年運開予定。
 ・Vestas風車を採用した浮体式計画は、WindFloat1(V80、撤去済み)、
  1)のWindFloatAtlantic(V164)、2)のKinvaardine(V80とV164)、
  大西洋岸の仏国プロ(V164 9.5MW×3台、計画中)に続く5例目。

 MHI Vestas due to supply first floating 10MW turbines 2019/11/18 Windpower Monthly
 https://www.windpowermonthly.com/article/1666028/mhi-vestas-due-supply-first-floating-10mw-turbines


5) 石油大手Shellが仏ベンチャーEolfi社(セミサブ式で仏国プロ25MWの権益保持)を買収

 Shell agrees to acquire EOLFI, boosting its floating wind capabilities and expanding its renewable power business 2019/11/5 Shell,Eolfi発表
 https://www.shell.com/energy-and-innovation/new-energies/new-energies-media-releases/shell-agrees-to-acquire-eolfi.html
 https://www.eolfi.com/en/news/783-Shell-agrees-to-acquire-EOLFI,boosting-its-floating-wind-capabilities-and-expanding-its-renewable-power-business


6) 仏IDEOL(バージ型)と大成建設が協業

 浮体式洋上風力発電に関する覚書を締結 2019/10/11 大成建設・IDEOL発表
 https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2019/191011_4809.html
 https://www.ideol-offshore.com/en/ideol-and-taisei-corporation-sign-memorandum-understanding-floating-offshore-wind


7) 仏Total(日本支社が担当)が日本の洋上風力(含む浮体式)への進出を始めた

 仏エネルギー大手のトタル、日本で洋上風力発電事業に参入へ。
 すでに複数の事業者と交渉中。浮体式洋上風力事業も視野に(各紙)
 2019年11月18日 RIEF
 https://rief-jp.org/ct10/96152


8) 浮体式洋上ベンチャーSaitec社がスペインで2021年に2MW級試験へ

 Saitec preps for offshore wind prototype testing in Spain
 2019年11月26日 Renewables Now
 https://renewablesnow.com/news/saitec-preps-for-offshore-wind-prototype-testing-in-spain-677862/
 ・まず2020年に30KW(10MWの1/1モデル)の半年の外洋試験を実施。

2019/11/12 23:56
台湾の Formosa 1 phase2 洋上風力が完工
2019年11月12日に台湾の Formosa 1 phase2 洋上風力発電所が竣工しました。
台湾北西部の2~6km沖合の水深15~35mの海域に、SGREの6MW風車×20台を
モノパイル基礎上に設置したものです。

出資比率は、デンマークの Ørsted が 35%, 日本の JERA(東電&中電)が 32.5%,
豪州の Macquarie Capital が 25%, 台湾の Swancor Holding が 7.5%です。

2016年運開の phase1 の試験機 4MW×2台と合わせて、合計128MW・22台です。

台湾初の洋上ウインドファームの完工式典には、蔡英文総統やJERA小野田聡社長
が参加しました。

 JERA出資の台湾初の洋上風力発電所完成。蔡英文総統も出席して完工式。
 JERAはさらに追加の風力発電事業にも出資。
 総投資1000億円規模で原発1基分の風力発電に寄与 2019/11/13 RIEF
 https://rief-jp.org/ct4/95997

 JERA、台湾で12.8万kWの洋上風力を完工 年内にも商業運転を開始 11/15 環境ビジネス
 https://www.kankyo-business.jp/news/023498.php

 台湾のニュース動画: https://www.youtube.com/watch?v=jRwr8O9-HXI
 NHKの海外向け放送: https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20191113_30/

 台首個離岸風場今啟用 總統宣示下階段目標翻倍「10年10GW」 11/12 自由財形
 https://ec.ltn.com.tw/article/breakingnews/2975022
 ・祭総統は 2025~35年で 10 GW の新たな目標を掲げた。


JWPAは会員企業のWindpalの紹介で9月に視察団を派遣し、建設中のFermosaサイトと
拠点港の台中港を訪問しました。

 JWPA台湾洋上風力視察の報告 JWPA協会誌 2019年版掲載記事
 http://jwpa.jp/pdf/201909_TaiwanOffshoreTour.pdf


2019/11/07 23:56
世界最大の風車、GEの Haliade-X 初号機が運転開始
コストダウンを目指して、洋上風車はひたすらに大型化が進んでいます。
洋上風力では、風車本体価格よりも建設工事の方がコスト負担が大きく、
より大きな風車を使えば必要台数(建設費用)を減らせるためです。

11月7日に、オランダのロッテルダム港の埠頭で、GEのHaliadeーX風車
(定格12MW、ロータ径220m)が運開して、世界最大記録を塗り替えました。
2020年中に型式認証を取得し、2021年後半から量産を始めるそうです。

 参考:従来の世界最大
    定格出力: 10MW MVOWのV164風車(商用)
    ロータ径: 180m AdwenのAD180風車(試験機)

洋上風力発電の更なる拡大へ―世界最大出力の風力タービンが稼働開始 GE発表
https://www.gereports.jp/power-up-the-worlds-most-powerful-wind-turbine-generates-first-electrons/

GE’s Haliade-X 12 MW, the World’s Most Powerful Offshore Wind Turbine,
Produces Its First kWh  2019/11/7 GE発表
https://www.genewsroom.com/press-releases/ges-haliade-x-12-mw-worlds-most-powerful-offshore-wind-turbine-produces-first-kwh

建設動画
https://www.youtube.com/watch?v=XX2-DE0etcQ


2号機は、ナセルがフランスのSaint-Nazaireで組立中で、
英国のORC Catapultの試験サイトに建設されます。

GE’s Haliade-X 12 MW nacelle, the world’s most powerful offshore wind turbine,
arrives in the UK for testing  2019/11/12 GE発表
https://www.genewsroom.com/press-releases/ge-haliade-x-12-mw-nacelle-world-most-powerful-offshore-wind-turbine-arrives-uk


既に何件か機種内定を獲得しています。

世界最大の洋上風力タービンをエルステッド社が初導入【GEリニューアブルエナジー】
米国東海岸の洋上風力発電所2カ所に設置 2019/11/11 新エネルギー新聞
http://www.newenergy-news.com/?p=21521


なお、GEは中国洋上市場を狙って、Haliade-X の工場を広東省済陽市に開設して、
2021年後半から生産を始める予定です。

米GEの風力発電向け設備工場、広東で着工 2019/11/15 NNA
https://www.nna.jp/news/show/1974235

GE starts work on first offshore wind factory in Asia 2019/11/12 Recharge
https://www.rechargenews.com/wind/1876480/ge-starts-work-on-first-offshore-wind-factory-in-asia


雑誌 Time の Best Innovation 2019 にも選出されました。 2019年11月21日

 https://renews.biz/56580/haliade-x-squeezes-into-time-100-best-inventions-2019/
 https://time.com/collection/best-inventions-2019/
 https://time.com/collection/best-inventions-2019/5733135/ge-haliade-x12-mw-offshore-wind-turbine/