Counter
Yesterday 
Today 
QRcode
2016/01/22 14:44
新春賀詞交歓会2016 開催

新春賀詞交歓会2016開催
一般社団法人日本風力発電協会は2016年1月20日、東京プリンスホテルにて新春賀詞交歓会を開催しました。
当日は会員ご来賓を合わせ500名を超える方々にお越しいただき盛大に開催されました。ご来賓としては日ごろ風力発電拡大のためにご尽力いただいている国会議員、町長、そして省庁の方々の他多くの方々にお越しいただき、ご挨拶をいただきました。

ここでは冒頭の高本学代表理事の挨拶と、中村専務理事の中締めの挨拶を掲載させていただきます。
以下をクリックしてご覧ください。

高本代表理事挨拶
http://jwpa.jp/pdf/gasikoukan2016takamoto.pdf

中村専務理事挨拶
http://jwpa.jp/pdf/gasikoukan2016nakamura.pdf

2016/01/21 09:06
2015年末 風力発電累積導入実績:303.8万kW、2,077基
2015年12月末の導入実績と、2015年度末(2016年3月末)の推定導入量をお知らせします。(JWPA調べ)
2015年12月末 累積導入量=3,038MW(303.8万kW)  2,077基 434発電所
2015年1月~12月 単年導入量=244MW(24.4万kW) 109基 22発電所

2016年3月末  推定累積導入量=3,167MW(316.7万kW) 2,143基 441発電所
2015年4月~2016年3月 推定単年度導入量=246MW(24.6万kW) 118基 20発電所

2012年7月に導入されたFIT制度による風力発電(20kW以上)の買取価格は、導入が進んでいないことから、今年度も陸上は22円/kWh、洋上では36円/kWhが維持されました。
また、政府は2015年7月に我が国の2030年に向けたエネルギーミックス(電源構成)を決定しましたが、風力発電については設備容量で1,000万kW(陸上・洋上の合計)とされており、非常に低い水準となっています。一方で政府はエネルギーミックスを達成するため、いわゆるFIT制度の見直しが必要として、現在開会中の通常国会に改正案を上程することが予定されています。
昨年(2015年)の導入量を見ると、比較的大型のプロジェクトが複数完成したこともあり、2015年末の累積導入量がようやく300万kWを超える水準に達しました。当協会の推計では、2015年度は単年度の導入量が24.6万kW、累積で316.7万kWとなる見通しです。さらに、風力発電事業者による新規案件の開発も進捗しており、2015年末時点で、法アセスの手続き中案件の累計は、北海道と東北地方を中心に約764万kWまで積み上がっています。これらが全て順調に完成すれば、エネルギーミックスで示された2030年時点の風力発電の導入水準 1,000万kWは、2020年代早々に達成されることが期待されます。しかしながら、2015年12月には、北海道電力及び東北電力の2社が指定電気事業者となったことが公表されました。したがって、系統への接続を巡る状況は厳しさを増しており、系統の広域運用の実現など接続可能量の拡大につながる施策の実現が、風力発電導入拡大のための喫緊の課題となっています。

2015年度の推定値を含めて、年度別の導入量を以下に示します。

        (累計)         (単年度)
2009年度 2,186MW  1,681基   304MW  148基
2010年度 2,475MW  1,829基   289MW  148基
2011年度 2,556MW  1,867基    81MW    38基
2012年度 2,641MW  1,913基   86MW     46基
2013年度 2,707MW  1,934基    66MW    21基
2014年度 2,921MW  2,025基   214MW    91基 
2015年度 3,167MW  2,143基   246MW   118基(2015年度は推定値)

2005年からの年別、年度別導入実績推移等のグラフは以下をクリックしてください。
http://jwpa.jp/pdf/30-12dounyuujisseki2015graph.pdf

2015/10/08 17:25
APECのエネルギーの現地調達率規制のWorkshop
10月7・8日にベトナムのハノイで開催されたAPECのエネルギーの現地調達率規制(LCR:Local Content Requirement)のWorkshopにJWPA事務局の上田が参加して、風力発電のLCRに関して発表しました。

参加報告がJWEA学会誌の2015年11月号に掲載されました。
http://jwpa.jp/pdf/20151117_APEC_LCR.pdf

APEC Workshop on Local Content Requirements in Energy、ベトナム経済産業省
http://www.moit.gov.vn/en/News/903/apec-workshop-on-local-content-requirements-in-energy.aspx

2015/09/11 14:23
世界の風力関連団体が報告書を発行
・GWEC、IEA Wind、EWEAが主要国の風力関係の統計と国毎の報告書を発行。
 日本は導入量と目標は小さく、設備利用率は低く、コストは高いです。

・IEA Wind Task26と米国エネルギー省(DOE)は風力発電の経済性を報告。
 Task26によると、ドイツは新設風車の平均ハブ高さが約120mになっています。
 DOEによると、米国の新規風車立地は低風速地域(ClassⅢ:平均風速7.5m)に移行。
 ロータ直径を拡大することで平均設備利用率は30%以上を維持しています。
 (詳細は会員専用ページの
 「ライブラリー/2015-09-11 ドイツと米国の動向と新技術」参照。)

 Global Wind Report 2014 - Annual market update、GWEC、4月
 http://www.gwec.net/publications/global-wind-report-2/global-wind-report-2014-annual-market-update/

 IEA Wind Annual Report 2014、8月
 http://www.ieawind.org/annual_reports_PDF/2014.html

 IEA Wind Task 26 Wind Technology, Cost, and Performance Trends 2007-2012、6月
 http://www.ieawind.org/index_page_postings/task26/IEA%20Wind%20Task%2026%20WP1%20Report%2064332.pdf

 2014 Wind Technologies Market Report、DOE、8月
 http://energy.gov/eere/wind/downloads/2014-wind-technologies-market-report

 Enabling Wind Power Nationwide、DOE、5月
 http://energy.gov/eere/wind/downloads/enabling-wind-power-nationwide

 Wind in power: 2014 European statistics、EWEA、2月
 http://www.ewea.org/statistics/european/

 The European offshore wind industry、EWEA、7月
 http://www.ewea.org/statistics/offshore/

2015/09/09 13:38
第一東京弁護士会の洋上風力発電フォーラムの案内
日本風力発電協会は、日本の洋上風力発電を進める上での法的な課題を解決するために、第一東京弁護士会と勉強会(ラウンドテーブル)を開いてきています。このたび、9月25日(金)に同弁護士会が、これまでの討議をまとめた発表会「洋上風力発電フォーラム」を開催するので、紹介いたします。

◆第一東京弁護士会 環境・エネルギー法フォーラム
 「洋上風力発電の法的課題の克服に向けて」
 ○日 時:9月25日(金)14:00~17:00
 ○場 所:弁護士会館 3階会議室(東京都千代田区霞が関1丁目1番3号)
 ○内 容:同弁護士会とJWPAの洋上風力ラウンドテーブルの討議結果の紹介
  http://jwpa.jp/pdf/20150925_OW_Forum.pdf
 ○費 用:無料 (改訂:資料代は無くなりました。)
 ○参加登録:下リンクから登録ください。
  http://jwpa.jp/attendance/form.php?k=TokyoDaiichiBengoshikai

2015/09/04 17:45
2014年度末(2015年3月31日)導入実績確定値(JWPA調べ)
2015年1月21日付のホームページにおいて2014年度末推定導入量を発表致しましたが、この度確定数値がでましたので改めてここに発表致します。(9月4日に発表した数値のうち単年度導入量等が一部間違っていましたのでここにお詫びして訂正いたします。尚2014年度末の累積導入量には変更ありません。2015/9/29)

推定累積導入量=2,922MW(292.2万kW) 2,031基 428発電所(1月21日発表)
確定累積導入量=2,921MW(292.1万kW) 2,025基 421発電所(確定数値)

(累計)                  (単年度)
2009年度 2,186MW  1,681基   304MW  148基
2010年度 2,475MW  1,829基   289MW   148基
2011年度 2,556MW  1,867基    81MW    38基
2012年度 2,641MW  1,911基   86MW    44基
2013年度 2,701MW  1,931基    60MW    20基
2014年度 2,921MW  2,025基   220MW    94基

2005年からの年別、年度別導入実績推移等のグラフ(確定版)は以下をクリックしてください。

http://jwpa.jp/pdf/30-12dounyuujisseki2014kakutei_graph.pdf

2015/08/20 09:27
風車検査スキーム(定期安全管理検査制度の試行版)の公開について
 本年6月24日に改正電気事業法が公布され、風力発電設備に定期安全管理検査制度が導入されることとなり、2年6ヶ月以内に施行されます。
 日本風力発電協会(JWPA)では、風力発電設備に定期的な検査が義務付けられることを踏まえ、2014年11月からJWPA内に風車検査スキーム検討委員会・ワーキンググループを設置して、「風車検査スキーム(定期安全管理検査制度の試行版)」の検討を進めてきましたが、本年7月に「風車検査スキーム」を策定しました。
 「風車検査スキーム」は法の施行に先立ち、JWPAが自主的に検査を試行するために策定したものです。法に基づく定期安全管理検査制度へのスムーズな移行をはかっていくため、本年10月から「風車検査スキーム」を実際に運用し、課題を抽出して改善していきます。JWPAの定期的な検査に対する自主的な取り組みの結果は、今後国が整備する定期安全管理検査の法体系に反映されていくものと考えております。
 今後は、定期安全管理検査制度の施行(2017年4月を想定)に向けて、定期安全管理検査制度の内容の確認とともに、準備が必要になってくると想定されることから、下記の資料について、公開することとしました。
  ①風力発電設備 定期安全管理検査制度の試行について
  ②風力発電設備の定期点検指針(試行版)
①は、電気主任技術者会議(産業保安監督部等主催)で説明させていただいている資料で、「風車検査スキーム(定期安全管理検査制度の試行版)」の概要を示したものです。②は、設置者が実施する定期事業者検査の方法を示したものです。

http://jwpa.jp/gfisf4vk/150820_fusha_teikitenken_shishin_HPr6.pdf
2015/08/07 11:08
「低周波音を正しく理解するために」チラシの完成
2015年6月末に「風力発電を正しく理解するために~低周波音を中心に~」という小冊子を発行し、報道機関各社に配布し会員各位にもお送りしたところですが、今般一般市民の皆様にこの問題を理解していただくために小冊子から抜粋して両面1枚のチラシを作成いたしました。
以下のURLからご自由にダウンロードできますので是非ご活用していただきたく。なお、小冊子の方はご希望のかたは、会員であれば直接事務局へ、非会員の方はホームページの「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

http://jwpa.jp/pdf/teisyuhatirasi.pdf

2015/06/04 14:35
第10回定時社員総会を開催

一般社団法人日本風力発電協会は、平成27年5月29日 芝パークホテルにて第10回定時社員総会を開催しました。
総会は午後1時に開始され、高本代表理事が議長を務め、平成26年度活動報告、決算案などが審議されました。提案された3つの議案はすべて可決承認され午後1時40分に終了しました。
総会に引き続き各部会から成果発表を行いました。この成果発表会には300名を超える会員、ご来賓の方々が参加され盛況のうちに午後5時に終了しました。
その後午後5時半から懇親会が開催され、国会議員をはじめ多くのご来賓の方々と会員を合わせ、こちらも300人を超える大盛況となりました。高本代表理事の挨拶の後、国会議員及び所轄官庁の方々から風力発電拡大に向けた力強いお言葉を賜り、次に風力発電推進全国市町村協議会会長の森利男様のご発声により乾杯をし、その後歓談となりました。中締めは祓川副代表理事による一本締めでお開きとなりました。
2015/05/01 10:10
2015年 風力発電のある風景 フォトコンテスト 受付開始しました
~2014年 風力発電のある風景 フォトコンテスト~ 受付開始!
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 
□■  募集期間 : 2015年 5月 1日~2015年 9月30日 (当日消印有効)
■□
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■□ 各 賞 
    
   最優秀賞 (1作品)    5万円
   優秀賞  (2作品)  各3万円
    佳  作  (9作品)   各2万円

 
  
   入賞作品による「2016年カレンダー」を作成します。
   その他、協会及び会員企業・団体による、出版物、宣伝広告、ホームページ等へ
   使用させていただくこともあります。

   募集要項詳細に関しましては下記をご覧ください。
      http://jwpa.jp/photo/2015-photocontest.pdf

   本年もたくさんのご応募をお待ちしております。