Warning: Memcache::connect() [memcache.connect]: Can't connect to localhost:11211, Connection refused (61) in /usr/local/apache2/htdocs/internal/lib/memcached.inc on line 11

Warning: Memcache::get() [memcache.get]: Failed to extract 'connection' variable from object in /usr/local/apache2/htdocs/data/index.php on line 31

Warning: Memcache::get() [memcache.get]: Failed to extract 'connection' variable from object in /usr/local/apache2/htdocs/data/index.php on line 66
2020/11/27 18:26
秋田と千葉の洋上風力入札が始まりました
秋田と千葉の洋上風力入札が始まりました
一般海域での洋上風力発電入札の長崎五島(浮体式)に次ぐ2回目の事例です。
着床式の一般海域での入札は、今回が初めてです。
公募開始は2020年11月27日、受付締切は2021年5月27日です。

【発表】
・再エネ海域利用法に基づく洋上風力発電事業者の公募の開始について
2020年11月27日、経済産業省、国土交通省
https://www.meti.go.jp/press/2020/11/20201127005/20201127005.html
https://www.mlit.go.jp/report/press/port06_hh_000214.html
・経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備促進区域に指定した「秋田県能代市、三種町及び男鹿市沖」「秋田県由利本荘市沖(北側・南側)」「千葉県銚子市沖」について、公募占用指針を定めましたので、これを公示し、公募を開始します。

【関連報道】2020年11月27日

「洋上風力発電」促進区域で発電希望する事業者の公募始まる NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201127/k10012734111000.html

秋田と千葉の4海域で、洋上風力発電の公募開始 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66734310X21C20A1X93000/


2020/11/26 17:20
英国は洋上風力産業を育成しつつある
・英国政府は洋上風力で「2030年までに60%の国内調達(LCR:Local Contents
 Requirement)」を産業界と合意して進めています。

  英国政府と産業界が「2030年に洋上風力30GW」で合意(Offshore Wind Sector Deal)
  2019年3月7日
  http://log.jwpa.jp/content/0000289665.html

・当初は「国産風車メーカの存在しない英国で60%LCRを達成するのは難しい」
 という見方もありましたが、着実に英国内への工場誘致を勧めており、
 2020年11月時点で、既に国内に3件の製造拠点があり、更に4件が計画中です。
 こうした英国の活発な洋上風力産業誘致活動は、今後の日本の参考になります。

  英国の洋上風力産業誘致の進捗状況
  http://jwpa.jp/pdf/UK_OffshoreWindIndustryProgress.pdf

・まず洋上風力の海底送電線で最大シェアを持つJDE Cable Systemsは英国企業です。
 英国内にケーブル工場があります。

  JDE Cable Systems
  https://www.jdrcables.com/
 
・続いて、2016年にSGREがイングランド東部のハンバー地方のHullに風車工場を開設。
 2018年にはMVOWが英仏海峡のWight島にブレード工場を開設しました。
 さらに2020年には、下記4件の洋上風力関係の工場開設計画が進んでいます。

  韓国のSeAH社がハンバー地方Ableにモノパイル基礎工場開設を発表。
  South Korea’s SeAH to Build Monopile Factory in UK
  2020年9月18日 OffsshorewindBiz
  https://www.offshorewind.biz/2020/09/18/south-koreas-seah-to-build-monopile-factory-in-uk/

  GlobalEnergy Group(GEG)がスコットランドのNigg港に、
  巨大鉄工物(タワー、ジャケット基礎、浮体)の工場の開設を計画
  UK's largest offshore wind fabrication plant planned in Scotland
  2020年10月16日 Recharge
  https://www.rechargenews.com/wind/uks-largest-offshore-wind-fabrication-plant-planned-in-scotland/2-1-894856

  GEが英国に風車工場建設を検討。
  Dogger Bank A+B(2.4GW Haliade-X 13MWx190基)への風車提供のためです。
  GE in talks over UK wind turbine factory to serve Dogger Bank: report
  2020年11月20日 Recharge
  https://www.rechargenews.com/wind/ge-in-talks-over-uk-wind-turbine-factory-to-serve-dogger-bank-report/2-1-916169   

  仏IDEOLが英国スコットランドのCromarty港に浮体製造拠点開設で合意、500人を雇用へ。
  Port of Cromarty wind farm tie-up could create 500 jobs in Highlands
  2020年11月19日 The Scotishman 
  https://www.scotsman.com/business/port-cromarty-wind-farm-tie-could-create-500-jobs-highlands-3039534

2020/11/20 13:38
令和元年度風力発電事業の計画段階環境紛争に係る調査報告書
環境部会合意形成WGで作成した「令和元年度風力発電事業の計画段階環境紛争に係る調査報告書」です。

風力発電事業の環境影響評価の実施と環境紛争の発生状況の関連性を把握するための情報収集とし
て、
畦地らが2014 年に発表した「風力発電の計画段階における環境紛争の発生要因」(以降、「畦地調査」とする)を踏まえて
「平成28 年度環境影響評価関係総合業務報告書」及び「平成30 年度環境影響評価関係総合業務報告書が行われてきている。
本調査は畦地調査と環境省調査をもとに、事業者と自治体に対して事後ヒアリングを実施して、
事象の推移と事業に対する結果について整理、把握を行った。

※引用の場合は出典を明記ください。

http://jwpa.jp/pdf/gouikeisei.pdf



2020/11/18 15:00
浮体式洋上風力発電の最近のニュース
最近、浮体式洋上風力発電で様々な進捗発表があったので、まとめて紹介します。

1.英国のKincardine浮体式洋上風力計画の最初のV164 9.5MWの浮体への風車艤装が完了

 ・WindFloatセミサブ浮体にVestas風車(V80 2MW+V164 9.5MW×5基=50MW)を搭載。
  9.5MWは浮体式洋上風車としては世界最大になる(これまでは8.4MWが最大)。
 ・スペインで浮体を製造、ロッテルダム港で風車を艤装して、英国スコットランド沖の
  サイトに運ぶ。
 ・2MWは既に運転中。今はV164×3基を建造中で、その最初の1台の風車据付が完了。
  2020年12月には係留できる見込み。 工程は当初計画から約半年遅れの状況。

 Europe’s Most Powerful Wind Turbine Sits Atop Floating Foundation 
 2020年11月14日 Offshorewind
 https://www.offshorewind.biz/2020/11/11/europes-most-powerful-wind-turbine-sits-atop-floating-foundation/

 Full power at first floating wind project in continental Europe 7月28日 MVOW発表
 https://mhivestasoffshore.com/full-power-at-first-floating-wind-project-in-continental-europe/


2.スペインのビルバオ沖で Saitec社の浮体式洋上試験機(1/6スケールの30kW機)が嵐で転覆

 ・2020年10月29日に嵐の10m超の大波で破損。修理に港まで運んだが転覆して水没した。
  ボンベを2本並べた上に風車を搭載する形式。来年以降の2MW実証計画への影響は不明。
 ・試験機の沈没は、ノルウェーのSway、日本のMODECのSkwid(500kW)に続く3例目。

 Saitec floating turbine capsizes off Spanish coast
 2020年11 月4 日 ReNews、Windpower Monthly
 https://renews.biz/64225/saitec-floating-turbine-capsizes-off-spanish-coast/
 https://www.windpowermonthly.com/article/1699130/giant-waves-hurricane-epsilon-knock-down-saitec-floating-wind-turbine-spain


3 DNV/GLが浮体式洋上風力のClass Rulesの第2版を発行

 ・世界の既存の浮体構造物関係の規格を閉じ纏めたものの第二版。
 ・世界的に浮体の割合が増えると期待されているがコスト低下が必要。
  DNV/GLは2030年に65ユーロ/MW→2050年に40ユーロ/MWまで下がると予測している。
  着床式は現時点で30ユーロ/MW程度。

 New DNV GL class rules for floating offshore wind expands industry horizon
 2020年11月10日
 https://www.hellenicshippingnews.com/new-dnv-gl-class-rules-for-floating-offshore-wind-expands-industry-horizon/
 Floating offshore wind turbine installations, offshore units、DNV/GL
 第2版2020/10月DNVGL-RU-OU-0512:
  http://rules.dnvgl.com/docs/pdf/DNVGL/RU-OU/2020-10/DNVGL-RU-OU-0512.pdf
 第1版2018/1月DNVGL-RU-OU-0102:
  https://rules.dnvgl.com/docs/pdf/DNVGL/RU-OU/2018-01/DNVGL-RU-OU-0102.pdf


4 MODEC、東洋建設、古河電工がテンションリグ開発のNEDO調査を受託

 ・テンションリグ(緊張係留)は浮体を下に引張って安定させて浮体を小型化する方式。
  石油リグの実績や小型風車での実証例はあるが、実機サイズでの風車の実績はまだな無い。
 ・今のカテナリー係留では、風車の周囲に広く係留索が拡がるので、漁業への影響が大きい。
  緊張係留では、係留索は風車直下に伸びるので、漁業への影響は着床式と同レベルになる。

 NEDO「浮体式洋上風力発電低コスト化技術開発調査研究」の開始について
 2020年10月30日
 https://www.modec.com/jp/news/2020/20201030_pr_OffshoreWindTurbines.html
 https://www.toyo-const.co.jp/topics/technicalnews-14136
 https://www.furukawa.co.jp/release/2020/ene_20201030.html


5 韓国で斗山重工業とSK建設が浮体式洋上風力技術で協力
 2020年11月19日 亜洲経済
 http://m.jp.ajunews.com/view/20201119170556747


【過去の浮体式洋上風力の関連記事】

 Hywind Tampen 浮体式洋上(SGRE 8MW×11基=88MW)がノルウェー沖200kmで建設開始
 2020年10月10日 JWPA
 http://log.jwpa.jp/content/0000289760.html

 WindFloat Atlantic 浮体式洋上風力(8.4MW×3基=25MW)がポルトガル沖で運転開始
 2020年7月26日 JWPA
 http://log.jwpa.jp/content/0000289749.html

 NEDOの次世代浮体式洋上3MW風車が運転開始
 2019年5月21日 JWPA
 http://log.jwpa.jp/content/0000289671.html

 英国・ポルトガル・日本・ノルウェー・米国で浮体式洋上風力発電の計画が進行中
 2018年8月26日 JWPA
 http://log.jwpa.jp/content/0000289616.html

以上
2020/11/17 10:14
小規模風力発電事業のための環境アセスメントガイドブック(JWPA 環境アセスガイド Ver.2)
JWPA環境部会 環境一般WGで作成した「小規模風力発電事業のための環境アセスメントガイドブック(JWPA 環境アセスガイド Ver.2)」のご案内です。

JWPA環境アセスガイドは、法アセスあるいは条例アセスの対象外の小規模事業を対象とした自主アセスのためのガイドブックです。
2015年3月に発行した記載内容を改訂し、この度Ver.2発行の運びとなりました。
JWPA会員以外の方にも広くご参考いただければと思います。

http://jwpa.jp/pdf/small-scale_assessment_guidebook_ver2.pdf
2020/10/29 10:14
DOB Academyの洋上人材育成コース(第5回:11/26・27 & 12/14・15、Web開催)
欧州で洋上風力発電産業向けに人材研修を実施しているオランダのDOB Academyが
オンライン(Zoom)で洋上風力研修を開講します。
前回の2020年7月1~3日(下リンク)に続く5回目の開催です。
今回は日本語通訳付きです。

時間は 17:00〜20:30を予定しています。 登録はリンク内から。
値段は高いですが、実際の洋上風力の経験者による講義なので、内容は濃いです。

◆DOB Academyの洋上人材育成コース(第5回)
宣伝動画:https://www.youtube.com/watch?v=AFadoc18kBA&feature=youtu.be

2020年11月26・27日(木金)17:00〜20:30
 Course 1: Introduction Offshore Wind in FIDIC
 https://www.dob-academy.nl/course/introduction-to-fidic-in-offshore-wind-japan/
 料金:999ユーロ(約12.5万円)

2020年12月14・15日(月火)17:00〜20:30
 Course 2: Offshore wind for professionals:
 https://www.dob-academy.nl/course/online-offshore-wind-for-professionals-jp/
 料金:790ユーロ(約10万円)

参考:
 第1回: http://log.jwpa.jp/content/0000289635.html
 第2回: http://log.jwpa.jp/content/0000289654.html
 第3回: http://log.jwpa.jp/content/0000289677.html
 第4回: http://log.jwpa.jp/content/0000289736.html

2020/10/08 14:51
「スコットランド洋上風力発電の最前線と展望」Webセミナー(10/15)のご案内
英国大使館からスコットランド国際開発庁の On Line Seminar の案内を頂きました。
(以下の通り)

スコットランドでは、2045年に完全脱炭素社会の実現を目指し、洋上風力発電を中心としたクリーンエネルギーの活用を積極的に進めています。この春には総発電量10GW相当の洋上風力サイトの運営事業者の募集を開始し、日本も含め内外から強い関心を集めています。

本セミナーでは、洋上風力、水素を中心としたスコットランドにおける中長期的なエネルギー変遷の取組みを紹介し、技術開発及びサプライチェーンへの参入の観点から、日本企業様のビジネスチャンスの機会をご説明します。

欧州における洋上風力発電にご関心のある皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【セミナー概要】
テーマ: スコットランド 洋上風力発電の最前線と展望 脱炭素社会の実現への挑戦  -日本企業のビジネスチャンスを探る-
日時: 2020年10月15日(木) 16:00~17:00(日本時間)
会場: オンライン
言語: 日本語および英語(同時通訳を配信)
対象: 欧州の洋上風力発電プロジェクト参画に関心がある、企業、官公庁、団体
定員: 250名  ※一般の方のご参加はご遠慮頂いております。 締切10月14日(水)
プログラム等: http://jwpa.jp/pdf/202010_Scotlamd_Invitation.pdf

参加登録:https://eur03.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fjp.surveymonkey.com%2Fr%2Foffshorewindsdi&data=02%7C01%7CYukiyo.Miyakita%40scotent.co.uk%7C5893af5051f0499835b908d86b41949c%7C50374495fdde4d04bc5c574982680e19%7C0%7C0%7C637377276713506006&sdata=TJuFqwggEL4NO1pw%2B0LqSMpsRrQ%2BblflV1SkKgT%2FalA%3D&reserved=0

セミナープラットフォームの関係上、定員に達し次第受付を締め切らせていただきますので、お早めにご登録ください。
当日ライブでご覧いただけない方には、当日の録画を視聴頂けるリンクを後日送付致します。

【プログラム】
スコットランド政府の洋上風力発電における政策とビジョン
スコットランドの洋上風力発電 最前線レポート
日本企業様の参入チャンスを考察
サプライチェーンギャップとビジネス機会
日本企業様の進出ステップと弊庁の支援体制
講演総括
スコットランドの再生可能エネルギー関連デベロッパーによるケーススタディーご紹介
エネルギーコンサルタントXodus Groupによるケーススタディーご紹介
サプライチェーンEcosse IP Ltdによるケーススタディーご紹介
(講演内容は一部変更になる可能性があります) 

【セミナーに関するお問い合わせ先】
スコットランド国際開発庁 
TEL: 03-5211-1310(担当マルハーン)
E-mail: sdi-japan@scotent.co.uk

2020/10/08 06:53
2020年後半の風力発電の国際行事
今年後半の風力発電の主な国際行事は以下の通りです。
COVID-19の影響で、延期後にオンラインで開催される例が多いですが、
CWP2020 と RE2020展示会 はリアルで開催されます。

・10/12-14(月-水) Global Offshore Wind Summit – Taiwan Virtual
 https://gwec.cventevents.com/event/6937e95e-e93d-4056-88d4-692789dea73b/summary
関連報道:10/13 Evwind
 Taiwan’s offshore wind energy ambitions are within reach and will power a green recovery
 https://www.evwind.es/2020/10/13/taiwans-offshore-wind-energy-ambitions-are-within-reach-and-will-power-a-green-recovery/77698

・10/14-16(水-金)北京 China Wind Power 2020(CWP2020) リアル開催。
  https://www.chinawind.org.cn/cwp2020/index_en.php
関連報道:10/15 中国網
「十四・五」期に、風力発電新規設備容量の年平均5000万kW以上の達成を目指す 「風力エネルギー北京宣言」
 http://japanese.china.org.cn/business/txt/2020-10/15/content_76809080.htm

・10/18-22(月-木) ドイツ洋上風力 Virtual視察  ※ 満席になりました。
 http://jwpa.jp/pdf/Program_IR_Japan_Offshore_Online_JP_08Oct2020.pdf

・10/28-30(水-金) Renewable UK主催, Global Offshore Wind 2020 Vrtual
  https://events.renewableuk.com/gow20-programme

・12/1-4(火-金) WindEnergy Hamburg Virtual
  https://www.windenergyhamburg.com/

・12/1-8(火-火) RE2020オンラインフォーラム  有料。2500円 受付開始。
  http://www.renewableenergy.jp/2020/pdf/onlineforum.pdf
 12/1(火)午前 政策 https://evt-reg.com/RE2020/timetable.php?sel=layout1#selLayout1
   ↑11:05~11:35に中村専務理事の洋上風力の講演あり。
 12/3(木)午前 風力発電 https://evt-reg.com/RE2020/timetable.php?sel=layout5#selLayout5
 12/4(金)午後 海洋エネ https://evt-reg.com/RE2020/timetable.php?sel=layout8#selLayout8

・12/9-11(水-金)お台場ビッグサイト RE2020再生可能エネルギー展示会 無料・登録制
  http://www.renewableenergy.jp/2020/

2020/10/01 23:59
Hywind Tampen 浮体式洋上(SGRE 8MW×11基=88MW)がノルウェー沖200kmで建設開始
Equinorによる浮体式洋上風力開発の第三陣になる Hywind Tampen の建設が始まりました。
運転開始は2022年の予定。自社の海上油田(スノーレとガルファクス)への電力供給が目的です。
日本の出光興産と大阪ガスが出資しています。

【出典】
Construction starts on the world's largest floating offshore wind farm
2020年10月1日 Equinor
https://www.equinor.com/en/news/20201001-contruction-start-hywind-tampen.html

【報道】
Construction Starts on World’s Largest Floating Offshore Wind Farm
2020年10月1日 offshoreWIND.biz
https://www.offshorewind.biz/2020/10/01/construction-starts-on-worlds-largest-floating-offshore-wind-farm/

Norway launches offshore wind project
2020年10月1日 Construction Europe
https://www.khl.com/construction-europe/norway-launches-huge-offshore-wind-project/146431.article

エクイノール、世界最大の浮体式洋上風力発電の建設開始。8MWタービンを11基
2020年10月10日 Sustainable Japan
https://sustainablejapan.jp/2020/10/10/equinor-hywind-tampen/54651

Oil and gas players firing up for tilt at floating wind work
2020年11月12日 Upstream Online
https://www.upstreamonline.com/energy-transition/oil-and-gas-players-firing-up-for-tilt-at-floating-wind-work/2-1-908998

【参考】
スノーレ油田向け洋上風力発電導入開発計画をノルウェー政府に提出
世界初の試み 石油ガス生産設備に直接接続する浮体式洋上風力発電設備の開発を開始
2019年10月16日 出光興産
https://www.idss.co.jp/news/2019/191016.html

2020/09/30 23:50
長崎海洋アカデミー Nagasaki Ocean Academy の洋上風力講習コースのご案内(JWPA割引あり)
長崎海洋アカデミー(Nagasaki Ocean Academy)が洋上風力発電の講習コースを開設して、
参加者を募集しています。運営母体は長崎海洋産業クラスター形成推進協議会です。
日本財団の支援を得て、オランダの DOB Academy から教材を購入して日本語化しています。

【Nagasaki Ocean A
cademy(NOA)のWebサイト】
 https://noa.nagasaki.jp/

【コース紹介】 https://noa.nagasaki.jp/courses
日程:https://noa.nagasaki.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/2020schedule.pdf
料金:https://noa.nagasaki.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/20200825_TuitionFee.pdf

現在は、A1 とA2のコースが募集中です。

A1 – 洋上風力発電 総論コース 総論コース2日【オンライン(Zoom)開催】
 〇開催日:2020/10/13(火)・14(水)、11/10(火)・11(水)、12/15(火)・16(水)
      2021/1/26(火)・27(水) + オンサイト:1/28(木)
 〇対象者:・洋上風力に関わるあらゆる業種の新卒者、転職者、社内異動者。
      ・学び直しや体系的知識の獲得をしたい実務経験者。

A2 – 洋上風力発電 事業開発コース
 〇開催日:2021/2/16(火)・17(水) + オンサイト:2/18(木)
 〇対象者:発電事業者、金融機関、EPC業者など、事業全体のプロセス、事業性、
      リスクを評価するチームのメンバー、リーダー的立場の方

【JWPA会員企業の割引】
 http://jwpa.jp/pdf/20201020_JWPA_Waribiki.pdf
 ・受講料の10%
 ・2021年3月までに開催される講義の内、2021年1月末までに申込完了したものが対象。
 ・他の割引との重複は不可

【関連報道】
 洋上風力の専門人材育成「長崎海洋アカデミー」開講 長崎大学内
 長崎新聞 2020年10月1日
 https://www.47news.jp/5322497.html

 洋上風力発電のプロ育成 長崎大に国内初「海洋アカデミー」
 毎日新聞 2020年10月1日
 https://mainichi.jp/articles/20201001/k00/00m/040/052000c

 アジア初、海洋エネルギー開発の人材育成機関「長崎海洋アカデミー」を開講
 環境ビジネス 2020年10月2日
 https://www.kankyo-business.jp/news/026196.php

 「洋上風力発電開発に向け人材育成」―10月から開講の長崎海洋アカデミー―
 笹川陽平ブログ 2020年10月14日
 https://blog.canpan.info/sasakawa/archive/7444

 洋上風力発電の人材、5年で1600人育成 長崎大に「アカデミー」
 産経新聞 2020年10月21日
 https://www.sankei.com/region/news/201021/rgn2010210005-n1.html

 アジア初の海洋アカデミーが長崎に開所 日本財団 海と日本PROJECT in ながさき 2020 #24
 Youtube動画 2020年10月22日
 https://www.youtube.com/watch?v=Y9rUBnASa0w

 長崎海洋アカデミーで講義始まる 12社が受講
 11月11日 NHK
 https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/20201111/5030009738.html